トップギアTV番組制作が当面の間中止 BBCの声明と今後のプロジェクトに影響は?

トップギアTV、「当分の間」休養へ。BBC、英国のTV番組の制作は当面継続しないが、Web、雑誌、動画など他のTG活動には影響なしということが確認された。

BBCは本日、テレビ番組「トップギアTV」の制作を「当面の間」継続しないと発表した。

「トップギア」第34シリーズの撮影は、プレゼンターのフレディ フリントフが2022年12月にダンスフォールド飛行場で起こした事故を受けて中断されていた。

BBCは現在、追って通知があるまで番組を「休止」させることを決定している。

「例外的な状況を考慮し、当面の間、トップギアUKのTV番組制作を休止することでBBCコンテンツ部門と合意しました」と、BBCは声明で述べた。

「我々は、番組の中核となる制作チームのサポートを継続し、UK番組が再開できるその時まで、より幅広い制作能力において彼らの専門知識を活用する予定です」

BBCスタジオは、「トップギアTV」の安全衛生に関する独立した審査を終了し、制作はBBCの要求する方針と業界のベストプラクティスを遵守していたという結果が出たものの、今後の番組制作に適用される「重要な学習があった」ことを確認した。

BBCは、「Top Gearブランドは、英国および世界的に絶大な人気を保っています」とし、「国際的なフォーマット、コンテンツ販売、デジタル、雑誌、ライセンスなど、Top Gearの他のすべての活動は、今回の休止の影響を受けません」と付け加えた。

残念だが、逆にTV以外のコンテンツは充実していけるよう、ベストを尽くすので、今後ともトップギアの応援をよろしくお願いします。

ロータス エレトレ vs テスラ モデル X/スバル GL ワゴン/タミヤ ワイルドワン MAX:トップギア・ジャパン 057





海外の反応
「最近のTGはなぜアメリカ関連の記事が多いのだろう?- 答えはこうだ。

でも、私はTGを責めることはできない。ヨーロッパにはもう面白いクルマがないってことなんだ。欧州で2リッター4気筒のホンダが6万ポンド以下で買えるというのは、英国ではエキサイティングなニュースだろう。アメリカではおばあちゃんのためのものなのに」
「アメリカのコンテンツが大好きだ。日本のTGの動画バージョンがあったら、クールだろうし、オージーのドリフト/タイムアタックシーンについて話してくれたら最高なんだけど」
↑「アメリカはまだ自動車ジャーナリズムの新興市場である。なぜなら、アメリカには自動車評論家の伝統がほとんどないからだ。しかし、トップギアは、ヘネシーがピックアップトラックをチューニングするたびに大きな記事を書かなければならないほど、アメリカから出る新車も少ない。でも、良さげだね」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/11/65261/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ