BMW Mの新型LMDh V8 ハイパーカーのキドニーグリルがエクセレント

BMWが2023年のIMSAウェザーテック スポーツカー チャンピオンシップで使用するために開発しているダラーラベースのLMDhプロトタイプレーサーを、初めて紹介しよう。

さて、このMハイブリッドV8を他のBMWと同じように扱うとしたら、まずはグリルの話から始めることになるだろう。BMW Mのボス、フランシスカス ファン ミールがデザインチームに課した課題は、プロトタイプを「BMW Mモータースポーツカーであることが明確にわかる」ようにすることだった。しかし、このプロトタイプは非常によくできていると思わない?実際、私たちの目には全体が巨大な存在に見えるのだ。

特徴あるウィンドウグラフィック、クラシックMの「フック」ウィングミラーへのオマージュ、そして50周年記念のMロゴをフロントとセンターに配するなど、Mカーの特徴をふんだんに盛り込んでいる。

このカラーリングは、2023年のデビューに先立つテスト走行用だが、MハイブリッドV8のエアロトリックの一部を隠すために、昔のMカーの写真を組み合わせた見事なカモフラージュになっている。注目すべきは、BMWがプロトタイプレースに復帰するための動力源も判明したことだ。V8エンジンにハイブリッドシステムが接続されていると聞けば、きっと驚かれることだろう。詳細は後日お伝えする。

新しいハイパーカーのルールは、結局のところLMDhカーを許可しているのだから…。


=海外の反応=
「今まで見た中で最も格好良いレーシングカーの一つだ。アキュラと一緒にル マンに出られるといいね。もっと、ベターになって…」
「キドニーグリルは、少なくとも、ここでは機能的だ。そして、低い位置にあるため、正面から見たときに邪魔にならない。
市販車のコンバインの顎のような縦長の巨大なものは、本当にうんざりするけどね」
「結果的に、BMWはナイスに見える」
「すごい。WECがこのLMDhのマシンをル マンに持ち込めば、久々に最高のスペクタクルになりそう」
「このキドニーグリルがなぜこんなによく動くか知ってる?縦長になりすぎていないから。幅と高さの比率がちょうどあるべきところにあるのだ。そして、大きすぎることについては、あまりとやかく言わないが、ここには目的があると信じられるから」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/50247/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

トレンド

アーカイブ