長距離を迅速かつスムーズに移動できる特長にフォーカスしたベントレー アズールシリーズがベンテイガ EWBから登場

長距離でも疲れを感じさせない性能と快適性。これこそ、ベントレーの変わらぬ特徴であり、ベントレーは現在、5つのモデルラインナップすべてで選択できるようになった新しいシリーズでこの評価を高めている。今回登場した新しいアズールシリーズとは、乗っている人のウェルビーイングと快適性を高めるために設計された機能を厳選して顧客に提供し、距離に関係なく、すべての旅をリラックスした体験にするものだ。

この新シリーズは、ベンテイガ、ベンテイガ EWB、フライングスパー、コンチネンタル GT、コンチネンタルGTコンバーチブルなど、ベントレーの全モデルラインナップに設定される予定。アズールは単なる仕様ではなく、ストレスを軽減し、ウェルビーイングを促進するためにデザインされた触覚や視覚的な合図、そしてよりスムーズで安全なドライビングのためのドライバーアシスタンステクノロジーを含んでいる。ベントレースピードシリーズが究極のパフォーマンスを最重要視するのに対し、ベントレーアズールシリーズはベントレーのもう一つの特徴である長距離を迅速かつスムーズに移動できる特長にフォーカスし、ドライバーと同乗者が旅を終えるときに爽快感と活力を与え、忙しい日常を再開する準備を整えてくれる。

マリナーはラグジュアリーとパフォーマンスの最高峰であり、アズールとスピードのバッジはベントレーのドライビングエクスペリエンスを微妙に変えて表現している。すべてのベントレーは、リラックスと爽快感を兼ね備えているが、アズールシリーズは、前者を優先する顧客に、快適性とウェルビーイングを促進するために厳選された機能を提供している。

ベントレーモーターズの会長兼CEOであるエイドリアン・ホールマークは次のようにコメントしている。「アズールは、スピードやマリナーと同様、顧客に理想のベントレーを選ぶ楽しいプロセスを提供します。私たちは、専門家による科学的な調査から、選択肢を増やし、ドライバーと乗員が出発したときよりもリラックスして目的地に着けるよう、テクノロジー、デザイン、クラフトマンシップを一体化し、車に乗るときのウェルビーイングに対する総合的なアプローチを行っているのです」

シートは運転の快適性とコントロールの基本であり、すべてのアズールシリーズにフロントシートコンフォートスペシフィケーションが採用されている。最大22ウェイまで調整可能なシートにより、95%の男性から5%の女性まで、あらゆる身長と体重の乗員が理想の座席位置を見つけることができ、ヒーターとベンチレーション機能により、快適さと眠気予防のために最適な体温を維持することができる。

うつむくと体内の酸素が30%減少し、思考力が低下し、体にさらなる負担がかかる。アズールシリーズは、6つのプログラム設定が可能なマッサージ機能により、筋肉と姿勢を常に微調整する。これは疲労を防ぐのに非常に重要な機能だ。また、アジャスタブルサイドボルスター、電動シートベルトアジャスト、コンフォートヘッドレストを装備し、フロントシートコンフォートスペシフィケーションとしている。

アズールシリーズの仕様のもう一つの重要な要素は、ベントレーダイナミックライドだ。ベントレーの48Vアクティブアンチロールコントロールシステムは、乗り心地を高め、ロールを制限して、よりスムーズでリラックスした旅を提供する。このシステムは、必要に応じてアンチロールバーを電子的に切り離して乗り心地を滑らかにし、コーナリング時には0.3秒で最大1300Nmのアンチロールトルクを加えて車体を平らに安定させ、ドライバーと同乗者を過度の動きから保護する。

アズールの全モデルには、ツーリングスペシフィケーションのドライバーアシスタンスシステムが搭載されており、交通状況や天候に関わらず、ドライバーに信頼感を与え、リラックスした状態でコントロールできるようになっている。アダプティブ・クルーズ・コントロールは、前走車との距離を一定に保ち、前走車が減速したら減速し(必要に応じて停止)、車線がなくなったら設定速度に復帰する。レーンアシスト、トラフィックアシスト*、ベントレーセーフガードとともに、ベントレーに搭載された一連のレーダーおよびカメラシステムは、周囲の交通と道路を常に監視し、必要に応じて介入して事故を防止または回避することが可能だ。

ドライバーの疲労を軽減し、リラックスして再活性化できるアズールの車内環境は、クルマの安全性を高めることに他ならない。交通事故の20%には、疲労が関与しているという調査結果がある。

さらに、ドライバーのリラックスした操作感を高めるために、視界の中に直接道案内を表示するヘッドアップディスプレイや、赤外線カメラを使ってLEDヘッドライトの照射範囲外の歩行者、サイクリスト、動物などを識別するナイトビジョンも搭載している。

最近のグローバルワークプレイスレポートによると、2021年に日々のストレスが過去最高を記録したとのことだ。これは交通安全にも影響を及ぼす。ブレーキアンドダイレクトラインが共同スポンサーとなった別のレポートによると、調査対象のドライバーの71%が、ストレスや煩わしさの結果、過去12カ月以内に道路上で集中力を欠いたことがあると回答している。

アズール開発チームは、ベントレーの新しいコンセプトである「ウェルビーイング・ビハインド・ザ・ホイール」を分析・開発するために、創造的な神経科学者キャサリン・テンプラー・ルイスを迎えた。彼女はストレスに影響を与える外的要因について幅広い研究を行い、アズールが体現する「ウェルビーイング・ビハインド・ザ・ホイール」コンセプトを定義する鍵となったのだ。光、周囲に見える模様、車内での姿勢の影響、熱的快適性の重要性など、あらゆる要素を考慮したキャサリンの研究は、ベントレー独自の測定値と組み合わせて、ドライバーまたは同乗者としてベントレーで移動する際のリラックスした体験の定量的分析を行いた。

例えば、車内でリラックスするために最も重要なのは、乗り心地とNVH(Noise, Vibration and Harshness:騒音、振動、ハーシュネス)の2つだ。数千人を4年間にわたって追跡調査した結果、70デシベル(db)以上の交通騒音にさらされた人は、うつ病になるリスクが65%高いことがわかった。初のアズールシリーズを導入したベンテイガ EWBを例にとると、測定結果では、車内の周波数や位置によって4%から26%、競合車より静かであることが確認されている。乗り心地もまた、車内の快適性に影響を与える重要な要素だ。ベンテイガ EWBは、一般的な走行速度で、重要な周波数範囲である5Hzから20Hzにおいて、競合車と比較して二次振動が27%も低くなっている。

このような事実から、ベントレーのチームは、ベントレーのドライバーとその同乗者にとって最も好ましい健康感と快適さを生み出すために、様々な学際的手法を用いた科学情報デザインアプローチを採用することを思いついた。また、自動車は多感覚環境であるため、このアプローチでは、単に視覚、聴覚、触覚、嗅覚だけでなく、体の位置(プロプリオセプション)、重力と加速度(前庭器官)、温度、さらには体内感覚(インターオセプション)についてもデザインすることが求められた。

例えば、かつて自動車の音響エンジニアは、騒音、振動、ハーシュネスの抑制に重点を置いていたが(ベントレーは常にこの分野をリードしてくる)、現在では音質にも重点を置いている。外界の騒音が少ないパーソナルな環境に身を置くことで、注意力や記憶力、ストレス反応を低下させるような認知的負荷が軽減されている。

ベントレーのアコースティックエンジニアであるアンディ・ジャクソンは、「私たちがどのように音を感知し、反応するかを理解した上で、その音をベントレーを構成する部品にどのように組み込むかを考えなければなりません」と述べている。

「私たちは、車内からの音のバランスをとり、音の侵入を最小限に抑えることで、乗員を外界から守ることができるのだ。私たちは、車内の他の感覚入力と音響を調和させるのです。サウンドは文字通り、車のDNAに組み込まれており、本格的な工芸品といえます」

ベントレーモーターズのカラー&トリム部門責任者であるマリア・ムルダーのコメントだ。

「アズールシリーズを作るにあたり、私たちは神経科学者と相談し、色、質感、触感、そして香りの相互関係を理解し、リラックスした静謐な空間を作り出しました。心地よい形、形状、色を見ると、脳からドーパミンなどの化学物質が放出される。感覚受容器は物理的な刺激を神経活動に変換し、私たちの脳と神経系に変化をもたらすのです。すべてのファブリック、音、動き、色、触感が絶えず私たちの神経系に影響を与えるため、アズールシリーズのキャビンはそれに合わせて改良されています」。

このため、アズールシリーズのインテリアスペシフィケーションには、「ウェルネス・キルティング」が含まれている。精密に作られたダイヤモンドキルティングのフラクタルパターンにより、陰影が目を楽しませ、指先でそれらを探索したくなるような魅惑を与えてくれる。ベントレーの顧客は常にすべてのウッドパネルを利用できるが、アズールシリーズでは、ダークウォルナット、クラウンカットウォルナット、コアの3種類のオープンポアパネルをお勧めしている。

さらにアズールシリーズでは、15色のハイドカラーとカラースプリットから選択でき、コントラストステッチも標準装備、シートパイピングも無償オプションとなっている。また、イルミネーション付きトレッドプレート、ベントレー「B」のフットペダル、ムードライティング、デュオトーンのヒーター機能付ステアリングホイールが視覚的な楽しみを補完している。

アズールシリーズは、ベンテイガ、ベンテイガEWB、フライングスパー、コンチネンタルGT、コンチネンタルGTコンバーチブルなど、ベントレーの全モデルラインナップを対象に展開される予定だ。すべてのモデルで、エクステリア、トレッドプレート、フェイシア、シート刺繍に「Azure」のバッジが施される予定だ。

また、ブライトクロームのロアバンパーグリル、ユニークな22インチ10本スポークホイール、ウェルネスキルトシート、Bentleyの「ジュエル」フィラーキャップなど、細部にもこだわり、全体として、エレガントで視覚的に美しく、時代を超越したデザインとなっている。

フライングスパーアズールには、ガラスとガラスを組み合わせたパノラミックサンルーフも装備されている。キャビン内を自然光で満たし、フロントパネルが傾斜して固定されたリアの上にスライドし、新鮮な空気を取り込みる。アルカンターラの電動ブラインドは、インテリアと同色で、必要に応じて日陰を提供し、レザーに代わるソフトで手触りの良い素材で作られている。コンチネンタルGTアズールのスペシフィケーションには、固定式パノラマガラスサンルーフが含まれる。

ベントレーは、常に性能と洗練の両極を追求してきたという点で、自動車ブランドの中でも傑出している。創業当初、ベントレーボーイズがブルックランドやル・マンで雷のようなレーシンググリーンのマシンを走らせ勝利を収めていた頃も、創業者のW.O. ベントレーは滑らかさと洗練を徹底的に追求していた。自伝において、「私はこれまで多くの騒音を我慢してきましたが、騒音は嫌いだです、「騒音のための騒音は嫌いなのです。私にとって、時速70マイルで静かに走ることは、時速80マイルで騒ぐことよりもはるかに信用できることなのです」 と記している。現代のベントレーアズールは、W.O. ベントレーが70マイルで体験した以上の静かさで、150マイルで走行することができる。

ベントレーの顧客は人生を満喫していらっしゃると思うけれど、「常にオン」を要求される今の世界はストレスや精神的疲労感を生み出すものだ。2021年のグローバルワークプレイス2021レポートでは、日々のストレスが43パーセントに達し、過去最高となった。ベントレーアズールは、聴覚的にも感情的にも落ち着ける場所であり、心のバッテリーを再充電する機会を与えてくれるのだ。

新型ベンテイガEWBはアズールシリーズの最高峰モデルで、エアラインシートスペシフィケーションというこれまでにない先進的なシートが追加されている。4シーターおよび4+1レイアウトのリアキャビンに用意されたこのシートは、22通りの調整が可能で、新しい自動気候感知システムと姿勢調整技術という世界初の機能を備えている。

リラックスモードでは、シートは40度までリクライニングし、助手席は前方に移動し、助手席の背面から美しいレザー調のフットレストが展開される。ビジネスモードでは、シートが最も直立に近いポジションになり、移動中の作業をより快適なものにする。

シートオートクライメートでは、乗員が6段階の設定温度から好みの温度を選択する。その後、クッションと背もたれの接触温度と表面湿度をそれぞれ測定し、選択された温度になるように暖房と換気が調整される。個人のウェルビーイングにとって、体温を最適化することは非常に重要であるため、一定に保たれるよう常にモニターしている。外的手段で体温を操作した研究により、一般に体温が正常値より下がると認知機能が低下することが報告されている。また、快適な温熱環境は、疲労を緩和し、イライラを軽減し、運転の安全性を向上させてくれるのだ[Szczurek & Maciejewska 2016]。

姿勢調整機能は、新開発の腿と肩のポケットに加え、腰部のマッサージポケットを追加し、シートの形状を微妙にかつ連続的に変化させて身体にかかる圧を緩和し、デッドスポットや疲労の蓄積を防いでくれる。プログラムは「シート全域」、「ツイスト」、「背もたれのみ」の3種類。エアポケットを利用することで、乗っている人にほとんど気づかれることなく、シートモーターによる直線的な動きではなくより連続的で複雑な動きが可能になっている。このシステムは、一般的なアジャスタブルシートの2次元的な動きを超えて、3次元的なひねりを加え、圧力を緩和することができる。6つの独立した圧力ゾーンにより、3時間ごとに177回の調整が可能で、長時間の移動でもシートの快適性が損なわれることはない。積極的に体重をダイナミックに支えることで、精神的ストレスや集中力の欠如を引き起こす緊張を和らげることが研究で明らかにされている。自然に体を支える姿勢は、緊張した筋肉からくるストレスを和らげることが分かっている。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/49575/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ