エンツォ フェラーリを題材にした映画「フェラーリ」が公開へ

エンツォ フェラーリの生涯を描いた新しい映画の製作が決定した。アメリカ人監督マイケル マンは、長年の懸案であったイル コメンダトーレの映画を、豪華なキャストでついに製作することになる。

映画スタジオのSTXfilmsはこう語っている。「エンジンに火をつけよう。伝説のマイケル マン監督がアダム ドライバー、ペネロペ クルス、シェイリーン ウッドリー主演で『FERRARI』を発表することに興奮しています」

「このエンツォ フェラーリの伝記映画は、この春イタリアで最初の撮影を開始します」

豪華な顔ぶれだね。アダム ドライバーはオスカーノミネート、シェイリーン ウッドリーはエミー賞ノミネート、ペネロペ クルスとマンはオスカー受賞者だ。Deadlineの報道によると、映画の舞台は1957年、「危機に陥った」フェラーリが、その年の不運なミッレミリアにすべてを賭ける話である。フェラーリはこの1,000マイルの大レースで優勝するが、レースは悲劇に見舞われることになる。

エンツォ フェラーリの映画の話を聞いたのは初めてではないし、マイケル マンがエンツォ フェラーリの映画の製作に関心を示したのも初めてではない(クルマとマイケル マンを同一視するのも初めてではない)。実際、マンの跳ね馬に対する情熱というものは、2008年に当時新車だったフェラーリ カリフォルニアのティザートレーラーを制作したほどのものだった。

マンがエンツォ フェラーリを撮り終えたら、V12フェラーリ エンツォを称える短編映画を撮るかもしれない…。
リースナブル

=海外の反応=
「"イル コメンダトーレ"を題材にした新しい映画をコレクションに加えることができた。「フェラーリ - 2003」(エンツォ ビアギの著書をもとに、エンツォの8年間から最後の結婚までを描いた作品)、それから
「フォード vs フェラーリ」-2019年(マット デイモン出演)、そして今回のフェラーリ映画だ!ベターになる一方だね!」

ピックアップ

アーカイブ