NSX タイプSやインテグラ タイプRも登場!アキュラが「イニシャルD」っぽいアニメを作る

やっぱり、海外の人って「イニシャルD」っぽい雰囲気が好きな人が、一定数いるんだな、と思わせるニュースだ。ノスタルジア。最も基本的な形は、過去を注意深くフィルターにかけ、若い頃のゴミのような部分をすべて取り除くことから始まる。ニキビ、好きな人と話すのが怖い、リンプ ビズキットのアルバムを持っているなど、平壌に飾れるほど理想化した肖像画を描くのだ。

実用的な意味では、レコードが再び人気を博し、テープが同じように人気を博そうとしている理由の半分がここにある。Netflixが実写版『カウボーイビバップ』を制作したのも、『ゴーストバスターズ』の続編を数十年後に発表するのも、そのため。そしておそらく、アキュラ(USAっていうヤンキーランドにある高級ホンダの名前)が、アニメルネッサンスの始まりとアキュラそのものをもたらした時代、1980年代半ばに立ち戻ることにした理由もそこにある。

つまり、アキュラは、レースストーリーを中心にした、「Type S」と呼ばれる新しいアニメシリーズを委託したようだ。正式なタイトルは「チアキのジャーニー」。一番下に貼ってある、この15秒間のティーザーでは、インテグラ タイプRも登場し、その崇高なギアシフトと陽気なリフトオフオーバーステアに、私たちは目を奪われたのである。このノスタルジーには、何か意味があるのかもしれない。

もちろん、クルマを題材にしたアニメとなると、「頭文字D」の話も出てくる。そこで問題になるのが、トップギアのオフィスには、WFH(ワーク・ライフ・バランス)化が進む中、「頭文字D」を見たことがない人がかなりいること。例えば、この記事を書いている人はそうだ。しかし、トヨタ AE86 トレノ、峠(Toge)、豆腐(tofu)のことは、誰もが知っているほど、その影響力は大きい。そして、アキュラのシリーズがかなわないことは、デビッド ブレントのロックバンドと同じくらい、当然の結論なのである。

しかし、記憶が確かならば、トランスフォーマーのアニメシリーズは、ハズブロ社の玩具の薄っぺらい宣伝に過ぎず、まったくもってすさまじいものであった。いや、それは決してノスタルジアの話ではない。おそらく。可能性はある。おそらく。

=海外の反応=
「新型NSXは、その欠点がアニメの中で表現されているんだ。NSXは見た目は素晴らしいんだが、実際には誰が作っているのか分からないのが難点だ」
「イニシャルDの続編」

ピックアップ

アーカイブ