1,020hpのテスラ モデル S プラッドにトラックモードが追加されドラッグレース並に速く走れる

テスラ モデル S プラッドは、すでに目もくらむような速さであること、これだけはご存じだろう。そして今、北米で転がされている車へのアップデートによって、新たなスキルを身につけたようだ。その'トラックモード'へようこそ。

当然のことながら、これは--♪ドラムロール♫をお願いします--「トラック」のために開発されたもの。具体的には、ニュルブルクリンクにおける量産EVの最速ラップタイム(昨年9月にモデル S プラッドがすでに達成している)を、ハンドリング特性の最適化によって確保し、「我々の3モータープラットフォームを最大限に活用する」ためである。

一連のアップグレードは、まさにこれに取り組むことを目的としている。テスラは、より良い変調を可能にする、より大きなブレーキ回生と一緒に、車が温度まで上昇すると、"共有冷却水ループ"を介してより良いバッテリーとモーターの冷却を行う、と言っている。

さらに、リアアクスルは「ミリ秒」で調整可能なフルトルクベクタリングを採用し、曲がりくねった道でもモデル Sをより良くスイングさせる。VDC(車両ダイナミクスコントローラ)は、ステアリング角やスロットルなどのさまざまなパラメータを評価してトルク配分を調整する。ステアリングの角度は「ヨーク」セットアップで実現される。これを忘れちゃいけない。

トラックモードではダンピングも変更され、車高を「低」に設定したまま、より硬くなる。さらに、インテリアのスクリーンには、サーキットに特化したディスプレイが設置され、ヒート、ラップタイマー、Gメーター、ダッシュカムビデオ撮影、テレメトリーなどの「サーキットで重要な情報」が表示されるようになった。

「プラッドのトラックモードで、我々はモデル S プラッドをレーストラックでもドラッグレースと同じくらい速く走らせるために新しい機能を追加しました」とテスラは述べている。テスラは、時間をかけてさらに多くのアップデートを行うことを約束しているようだ。

テック系YouTuber、マルケス ブラウンリーのモデル S プラッドのファーストインプレッションはこちら。

=海外の反応=
「でもって…ブレーキはかかるの?」
↑「テスラは、将来のプラッドに2万ドル(230万円)のカーボンセラミックオプションを設定することを発表した。標準のブレーキは変更なし。まともなブレーキはすでに標準装備されているはずなのに、クレイジーな金額だ」
「テスラがどんなソフトウェアアップデートをしようとも、物理的に大きな/よく止まるブレーキが必要なのだ」
「待って、これって全部ソフトでやるの?」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ