VW XL1?いや、なんか、アストンのDB5っぽくない…?マツダ ロードスターも入ってる?航続距離1,000kmのEV、メルセデス・ベンツ ビジョン EQXX

良いニュースは、それが普通車のように見えること。メルセデスの新しい超長距離電気自動車ビジョン(Vision) EQXXのコンセプトカーはSUVには見えない。しかも、科学プロジェクトのようでもない。

実際の市販車として、まったく違和感のないものが想像できる。それが、メルセデスの意図である。だからコンセプトと呼ぶには、いささか物足りない。単なるスタイリングの練習じゃない。先鋭的なエンジニアリングをふんだんに盛り込みながら、そのすべてが真の意味で実現可能であることを見据えているのだ。

ここでの目標は、1,000kmの航続距離を実現すること。そのために必要なのは、高性能なバッテリーである。現在の技術では、SUVの下にしか置けないような巨大な床下ボックスを意味している。すると、重量と抵抗は増加の一途をたどり、価格も上昇する。そして、効率は急降下していく。

EQXXのアプローチは、その逆である。軽量、低抵抗、高効率。小型のバッテリーで、より多くの距離を走るのだ。重量、空気抵抗、摩擦、熱、電気抵抗の低減を目指し、あらゆる部品やシステムに目を配った。電子部品間のハンダ付けに至るまで。マジだよ。

EQXXは、1kWhあたり約1kmの走行が可能だ。これは、このサイズと性能の通常のEVの2倍の効率から遠く離れてはいない。

重量は約1,750kg。これは、430kmのバッテリーオプションを搭載したVW ID.3よりも軽い。リア駆動のモーターは204bhpを発揮する。メルセデスはまだ性能の数字を出していないが、FRのEQXXでこのパワーと重量は、ウォームハッチ(ホットハッチのジュニア版)からの脱却を意味するものだろう。また、ドラッグが少ないので、EVにありがちな高速加速が鈍ることもなさそうだ。

プロジェクト責任者のクラウス ミラーフェリによれば、効率は単なる謳い文句やシミュレーションにとどまらないそうだ。EQXXのエンジニアリングには、膨大な量のコンピューターシミュレーションが投入されている。来年早々には、それを証明するために長距離のデモ走行を行う予定だ。これは実際に動くクルマなのである。

きれいでしょ?ロングテールというのはちょっと言い過ぎかもしれないが、それ以外の部分は見栄えがよく、空気抵抗が少ないように設計されている。VWのXL1やGMのEV1のような、明らかにティアドロップ型になりすぎないようにした、と上級デザイン部門のマティアス シェンカーは言う。VWのXL1やGMのEV1が思い浮かぶが、これらはあくまで2シーターだった。

しかし、キャビンは後方に向かって細くなり、ボディサイドは広くなっている。デザイナーは皆、それを望んでいるのだ。シェンカーはフェードインのホイールを好まなかったので、20インチに半透明のフラットハブキャップを装着した。

テール周辺にはシンプルなリアライトのグラフィックが施され、滑りやすい形状を強調している。しかし、ドラッグカットの真骨頂は、スピードに乗ると下がって伸びるディフューザーだ。後方からの追突を感知すると、トカゲの舌のように素早く格納することができるのだ。

そのため、抗力係数は0.18という驚くべき数値になっているが、前面投影面積が小さいこともあり、全体の抗力(CdA)は非常に小さくなっている。

メルセデスのエアロチーフ、テディ ウォルによれば、高速道路での走行では、ほとんどのEVは空気抵抗を克服するためだけにバッテリーのほぼ3分の2を消費するそうだ。EQXXのCdAの低さが、航続距離160kmをはるかに超える価値を持つことは明らかである。

私は、使い勝手の悪いリップスティックカムではなく、本物のミラーが使えるのがうれしいと申し上げた。ウォル氏も同意見で、この実物のミラーのコストは、0.0015Cdポイントに過ぎないという。

バッテリーの容量は100kWh「未満」で、新型EQSとほぼ同じ。しかし、EQXXはもっと小さく、そのホイールベースはAクラスに近い。だから、バッテリーはもっと小さくならざるを得ない。また、EQSのバッテリーよりも約40パーセント軽量化されている。ブリックスワースを拠点とするF1チームやフォーミュラEチームの化学と設計の原理を利用して実現したのだ。

アノードは高シリコンタイプだ。しかし、固体電解質ではない。これは生産に即したものであることが前提だからである。

ここで初めて、大きな横串を刺した。他のメーカーはバッテリーの冷却を重要視しているが、その理由は超高速充電が可能になるからだ。だから、バッテリーの周りに水路を作ったり、大きなラジエーターを設置したりしている。EQXXにはそれがない。バッテリーは空冷式だ。これは原始的に聞こえる(リーフは空冷式バッテリーを搭載した数少ないEVのひとつ)。

でも、一日中走れるバッテリーがあれば、もちろん超急速充電は必要ない。EQXXは決して鈍重なわけではない。900ボルトで動くので、余分な熱を持たずに100kWを維持することができるのだ。水路やラジエーターを省くことで、重量と抵抗を減らしている。

モーターは永久磁石式。永久磁石式は、磁石の形状や位置が少し変わるだけで、出力や効率に大きな差が出るので、設計が難しいのだ。そこで、数十万通りの設計を行い、シミュレーションテストを行った。

基本ユニットは4年後の市販車用に計画しているものと似ているが、内部の部品や材料はすべて超最適化されている。メルセデスのレース関係者が設計した、新世代の炭化ケイ素MOSFETを使ったインバーターと慎重に組み合わせている。

ブリクスワースのメルセデスAMGレーシングチームがパワー系を担当し、ブラックリーのメルセデスF1チームがEQXXの構造設計を担当した。また、複雑な3次元形状を最小限のポリゴン数で描画できるビデオゲームエンジンも使用した。

その結果、バイオエンジニアリングの原理で設計された広大なリアサブフレームが誕生した。樹枝状の手足は羽のように軽く、幽玄な美しさを放っている。しかし、耐久性や衝突時の剛性など、ロードカーの常識を覆すほどの性能を備えている。しかも、重量は通常のサブフレームより20パーセントも軽い。

さらに、騒音や汚れの基準も満たす必要があったため、構造体の脚の間の空隙に、UBQという会社が製造した使用済みおむつを一部使用した素材を充填してるす。紙おむつで子育てをしたことがある人なら、紙おむつがゴミにならないようにすることは、子供たちが育つ世界にとって素晴らしいエコロジーであることをご存じだろう。

また、ボディには低CO2プロセスで作られた高強度鋼を採用。ドアはアドバンスドコンポジット、ブレーキディスクはアルミキャスト、スプリングもコンポジットである。すべて、軽い、軽い、軽い、と、軽量化のオンパレードだ。

EQXXのインテリアには、超低消費電力のスクリーンが採用されている。脳を模倣した新しい計算技術により、ナビゲーションや、潜在的にはドライバーアシストの電力も削減される。また、ステレオの音は車内全体に響かせるのではなく、ヘッドレストに設置された小さなスピーカーで鳴らすことで、エネルギーを無駄にしない。これにより、ドライバーは自分の運転スタイルが効率にどのような影響を及ぼしているか聴覚的にフィードバックされ、同乗者は音楽を聴くだけでよいという利点がある。

キャビン内のファブリックは、すべて低反発素材だ。レザーの代用品にはサボテンの葉の繊維が使われ、自然界と同じ人工のシルクもあり、環境にも配慮している。

しかし、それはいったい何を意味し、いつ実現するのだろうか?モーター、エレクトロニクス、バッテリー、ボディ構造、素材など、EQXXのすべてが実現可能なのだ。2024年には、メルセデスのまったく新しい電動プラットフォーム(コードネーム:MB.EA)が登場する。そのとき、これらの技術の多くが姿を現すだろう。いいことづくめのはずだ。

=海外の反応=
「ちょっと不格好で、しかもポルシェ 935を彷彿とさせるようなデザイン」
↑「リアはあのシンガーACSに似ていると言おうと思ったんだけど、おっしゃるとおり935にも似てるね。もうひとつ不思議なのは、Bピラーから後ろは、DB5を新しくしたような横顔に見えること。フロントはどうだろう。マツダ ロードスターにも見えるんだけど…笑)プロトタイプとデザインスタディということで、インテリアはサイエンス系のガジェットやルックスを投入してくることが多いので、モヤモヤが残るもんだね」
↑「DB5が第一印象だった…。シルバーと丸みを帯びたフロントパーツのせいだろうか。とか書いていたら笑われるかと思ったけど、私だけじゃなかったんだね(笑)」
↑「935よりもDB5に似てることに、同意。最初に思ったのは、これはダイムラー所有の次世代アストンがどのようなものになるかを示す点滴なのだろうか、ってこと。MBのパワーユニット(EVとAMG)、そして今度はデザイン言語のブレンド…?それとも、私がへそ曲がりなだけなのだろうか」
↑「エアロヘルメットをかぶって友達と自転車で出かけるのと同じようなバカバカしさ。重要なのは、バッテリー技術によって、より速く充電し、より多く保持できるようにすることだ。スタイリングにダメージを与えることなく クルマをエアロのように見せるためじゃない。エンツォ・フェラーリも言っている。「エアロは、エンジンを十分に作ることができない人たちのためにある」って。メルセデスは車を作るのを止めるべきだ。この自動車メーカーよりいいものがあるはずだ。彼らは何でもするが、最高のものは何もない」
↑「頼むから落ち着いてくれ」
「BMWとメルセデスは、共食いで死ぬ前にタオルを投げる時だ。技術屋を装うのに必死で、哀れな姿になっている。彼らはもうリーダーではなく、ただのフォロワーだ。正直言って、VWの傘下に入っていなければ、時代の変化を生き残ることはできない」
↑「これらの企業は世界で最も利益を上げている企業の一つであり、あなたが何を言っているのか分からない。そして、あなたの無意味な怒りの雲を払ってから見てほしいんだが、このクルマは非常に革新的だ。しかし、電気自動車へのシフトに伴い、テック系企業でなければならなくなり、自動車メーカーはすべてそうなっている。確かに、テスラは株式市場でより多くの企業価値があるかもしれないが、それはすべて誇大広告であり、ドットコムバブルのように崩れ落ちることだろう。あなたがこれらの会社を経営してみるのをぜひ見てみたいね。そうすれば、これらの会社は崩壊するだろう」
「巨大な4ドアのVW XL1(意外と現存車が多いが、私のお気に入りの1台)のように見える」
「起亜のEV6に見えるが、特に悪くはない」
「多くの人が、なかなかいい感じだと感じているよう。しかし、私にとっては、最初はVWのXL1、次にオロチ、そしてキアを連想させるものだった。フロントエンドは好きじゃない。リアはいいんだけどね」
「まさにタイカンとEV6が子供を産んだようなルックス。どっちの車も見た目は好きなので、これはゴキゲン。インテリアは、最近の生産車より数クラス上のようだ。ウォッカバーのようにボタンが少ないフル幅のスクリーンが嫌いな私としては、これはより良い実行例だ」
「多くの人が言うように、これはXL1に似ている。なぜVWは完全電動式のXL1を作らなかったのだろうと、いつも考えさせられるよ。既存のコンセプトを再設計し、300馬力の電気モーターを追加すれば、かなり良いEVスポーツカーになるはず」
「個人的には、少なくとも私の目には、これは見事としか言いようない」
↑「問題は、このテールライトが市販されるわけがないことで。それがこのクルマをうまくまとめているところなのに」
↑「XL1が実現したように、確かに可能だと思う」
↑「その存在すら忘れていたよ、ハハハ。メルセデスのテールライトは、さらに外に突き出てる」
↑「サイドミラーが装着されているなど、細部にわたって、このコンセプトは市販車の姿に非常に近いと言えるだろう。このデザインの元となったのは、メルセデスが出したIAAでのコンセプトカーだ。これまでのところ、メルセデスは、2回目の反復に成功した重要なコンポーネントを捨てることは、意味をなさない」
「特にBEV(デザイナーが深刻な制約の中で仕事をせざるを得ない)としては、これは実に良い例だ。しかし、見た目は2+2のようで、後部座席には子供か非常に小さな大人しか乗れない」
「なんと、VWのXl1のような派手なものを作っていたのね。タイカン/AMG ONE/VW XL1 のような、見た目は良いけど、ちょっと変わったクルマ」
「もし、この製品が本物で、価格もそれほど高くないのなら、説得力があるね」
「見た目は起亜自動車に似すぎている、それは必ずしも悪いことではないけど。丸みを帯びすぎたEQSやEQEよりも、こちらのエッジの方が好みだな」
「いったいなぜ、メルセデスは最新世代のS/E/Cクラスを電動化できないのだろうか?EQGでそれをやってのけたが、聖なる形を保ちつつ、電力を混ぜるというのは、とてつもないことだと思う。EQS、EQE、そして今回のポルシェとボルボのクロスブリード…またしても大失敗だ。ロールス・ロイスのマイバッハ アブローのように」
↑「これには、心理的な側面もあるのではないだろうか。メルセデスは、ICEメーカーとして何十億ドルもかけてブランドを築き上げた。そして、EVメーカーとしても有能であることを人々に納得させるためには、ICEメーカーであることを連想させるようなデザインとは一線を画すデザインが必要なのではないだろうか」
↑「なぜなら、彼らは航続距離でテスラと競争しなければならず、専用のプラットフォームと空力的な変更がなければうまくいかないからだ」
「XL1の正統な続編だ。最先端のテクノロジー、妥協のなさ、最大限の効率、最大限の快適性を犠牲にして、最高の目的性を追求した。まるでアリエル アトムが地球上で最も効率的なクルマになるように設計されたようなもの。バカ高い値段で売られ、惨敗するのを見ようじゃないか」
「スタイリングはメルセデスというよりマツダだが、EQのサブブランドの特徴である「落ち込んで少し溶けた感じ」を回避しているので、悪いことではないだろう。インテリアはとても良さそうだし、技術もきちんとしている(あのリアサブフレームの写真や、ディフューザーがどのように展開するのかを見ることはできないにせよ)。空冷は面白いね、同じアプローチをApteraが使っている。充電が遅くなるのはわかるが、充電中の外部水冷の可能性はないのだろうか?充電中に冷却するためのガーデンホースの出入口コネクタは、急速充電器に多くのインフラを追加することはないし、穴を追加するだけなので、車への重量追加はほぼゼロに近いかもしれない」
「アストンマーティン DB5とキア EV6を溶かしたような見た目」
「メルセデスDBenz5(DB5+Benz)がかっこいい」
「メルセデスのIAAのコンセプトカーが好きだったんだ。それが、この生産間近と思われるEVでうまく表現されているのを見るのは嬉しい」
「しかし、実際にはこのような数値は達成できず、1,000kmに対して800kmといったところだろう」
「しかし、なぜフロントはあんなに醜悪なものにしたのだろう。それはほとんど、あのくだらない(より滑らかな)バージョンを思い出させる。2000年代初頭の日本のスポーツカー、光岡 オロチのようなプラスチック製のクルマ」
「このフロントライトバーは、すぐにでも崖っぷちから突き落とす必要がある。それはさておき、いい感じだねぇ」
「マクラーレン スピードテールの雰囲気が伝わってくる」
「バックエンドはDB5に似ているが、フロントグリルの穴の形がアストンのトレードマークであるグリルの形と似ていることに気づいた人はいる?」
「デザイン的に傑作というわけではないけど、他のEVよりカッコいいのは確かだ。レトロなフォルムがとてもいいし、メッキのディテールも完璧にマッチしている。あと、このハンドル!このハンドルは、1950年代のスタイリッシュな雰囲気を醸し出している。でも、フロントはあまり好きじゃない。もし、これがガソリン車のメルセデス、例えばAMG GTのような普通のグリルとライトを持っていたら、地球上で最もクールな車になっていただろう」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ