2022年に出るワックワクな新型車22台の有望キャラっぷりときたら


「こーんにちはーーー!」「あけましておめでとうだよ!」(錦鯉) ということで、本年もトップギア・ジャパンをよろしくお願いします。年明けということで、2022年に登場予定のワクワク新型車を22台ご紹介していくよっ!

01 ロータス エミーラ(&エヴァイヤ)

ロータス最後のガソリンエンジン車が今年発売されるが、そいつはピストンを勢いよく飛び出させることを約束する。エミーラは、スーパーカーにかなり寄ったスポーツカー価格で買えるクルマで、ポルシェの老朽化したケイマンよりもはるかに美しいことから、好調な滑り出しを見せている。パワートレインは、まずスーパーチャージャー付きV6マニュアル、次いでAMG仕様の4気筒ターボが用意される。

ロータスは2022年に向けて大規模な計画を進めている。新型エミーラに加え、電気自動車ハイパーカー「エヴァイヤ」の納車、そして同社初のクロスオーバーSUVへの進出が進展しているためである。ランボルギーニがウルスで成し遂げたように、ロータスという一族をキャッシュプリンターに変えることができれば、オールタイムで偉大な英国車メーカーのひとつの未来は、ついに安泰となるのかもしれない。

02 BMW M3 ツーリング

ついに、BMWが大きなトランクを持つM3を作ろうとしている。そして、まるで荒らしのように、BMWはこれまでで最も物議を醸した世代のM3でそれを実現しようとしたのだ。あのグリル。あと、自動変速機。

英国では、ツーリングはxDrive AWDのみとなりそうで、大きなテールエンドで2トン前後という危険な状態になるようだ。しかし、503bhpのパワーは、純血種のペットを脅かすほどのパワーを秘めている。

03 シトロエン C5X

今年入荷するクルマは、すべてが「速い」ってわけじゃない。見てよ、快適なシトロエンが戻ってきたんだ。

2022年、トップギアが唯一ほんのり気になるクロスオーバー、C5Xの登場だ。シトロエンの新しいフラッグシップは、DSやSMのようなレトロな車を作り直すのではなく、プラグインハイブリッドパワーと高級マットレスのようにふわふわしたシートを備えた、ハイライディングエステートのようなもの。

年内に試乗し、昼寝をしたら、またレポートするね。

04 フェラーリ 296 GTB

今、新型フェラーリが続々と登場している。論争の的になっているものはこの記事の後半に譲り、今はプラグインハイブリッドたる296に集中することにしよう。

フェラーリの心臓部であるミッドエンジン・ベルリネッタをV6にダウンサイジングし、エレクトロブーストによって830psというセンセーショナルなパワーを実現した。少なくとも私たちの目には、ちょっとゴージャスに映っている。これか、マクラーレンのアルトゥーラか、どっちにする?

05 トヨタ GR86

ついに、トヨタ GT86の後継車が2022年に英国で発売される。この微妙な名前の変更は、この車が、旧バージョンがスバルによって開発されたよりも、素晴らしいGR ヤリスをもたらしてくれたトヨタのGazoo Racing部門によって多く開発されたことを反映している。

レシピはおなじみのものだが、パワーとトルクが強化されたことで、トヨタの手頃なFRヒーローは、そのシャシーからもっと含み笑いを引き出す力を持つはずである。私たちはすでにプロトタイプに試乗しているけれど、この車は再びTGのヒーローになるはずだ。

06 フォルクスワーゲン ID バズ

そう、2020年に最も期待される車種のひとつが…バンなのだ! でも、見てよ。VWはついに、私たちがずっと欲しがっていたレトロなスタイルのワンボックス型ピープルムーバーを世に送り出したのだ。完全な電気自動車であるIDバズとIDバズカーゴは、それぞれ家族全員を乗せることも、大きなタブで新鮮な空気を吸い込むこともできる。

バッテリーは最大111kWhの容量を持ち、航続距離は560kmに達すると予想されている。電気自動車の中でも、これほど実用的な乗り物はなかった。

07 ヒュンダイ アイオニック 6

今、ヒュンダイは絶好調ではないだろうか?i30Nとi20Nは運転するのが素晴らしいし、コナ Nは完全に狂っている。アイオニック 5は格好良く、見事に実現したEVで、タクソンのクロスオーバーでさえ、現行のどのBMWよりも見栄えが良い。快適さもある。

だから、新型アイオニック 6のサルーンも、半端じゃない出来栄えであることは当然っちゃ当然。これは、アイオニック 5ハッチバックと同じ足回りをベースに、「プロフェシー(予言)」コンセプトを模した小石のように滑らかなスタイリングのオール電化サルーンである。BMW i4とテスラモデル 3の同類は、このライバルの着陸について興奮することはないだろうが、我々は興奮する。

08 メルセデス・ベンツ EQE

この地球ではない惑星電動サルーンでは、メルセデスは電動サルーン「EQS」をシュリンク銃で破壊し、「EQE」を提供する準備が整っていた。

トピックスは、航続距離663km、670bhp AMGバージョン、そしてもちろん、室内のバカでかいハイパースクリーンを指定することができる。

09 ポルシェ 911 GT3 RS

さらに2021年には、エクストリームなロードゴーイングポルシェの次なる章、別名「でかいウイングをつけたヤツ」も期待された。

992 RSには巨大なスワンネックスポイラーが搭載され、写真の旧991世代のクルマのように、さらに過激な軽量化が図られると予想されている。果たして、エアロはどこまでバカになることができるのか…?

10 フェラーリ「プロサングエ」

いざ来たれ、2022年よ。フェラーリSUVのお出ましだ。コードネーム「サラブレッド」は、週ごとに環境意識が高まる一方で、依然としてSUVに飢えている世界に登場する。

このクルマは、まだ外観も動力源も決まっていない段階ですら、話題を呼びそうだ。

ハイブリッドであることはほぼ確実だが、マラネッロの保守層でさえ、ノーズにV12を積んでいれば何でも許しそう…。

11 ハマーEV

これは作り話じゃない。2000年代初頭に登場し、グロテスクなトンカのトラック型おもちゃみたいな4WDを騙されやすい主戦論者の大衆に売りつけようとしてひどい目に遭った、ミリタリー風のSUV愛好家のブランド、ハマーが復活したのである。それも、オール電化車として。時代は変わったのだ。

ただし、テスラが懸命に仕事をし始めて角ばったピックアップを生産する前に、こいつはサイバートラックを出し抜こうとしてるんだ。ハマーの重量は少なくとも4トン、トルクは1,355Nm、0-97km/hは3秒程度になる予定だ。アメリカよ、トラックって、どうなっちゃうの?

12 ホンダ シビック タイプ R

世界最高のホットハッチの後継車は…あまりレシピをいじらないようだ。2.0リッターターボエンジン、マニュアルギアボックス、そしてたくさんのエアロパーツは、これまでにテスト走行が行われたシビック タイプ Rのプロトタイプに搭載されている。

変わったのは、醜さだ。ホンダは、ホットなシビックを、お互いに会ったこともなく、誰の仕事も見たことのない18人の異なるデザイナーによって造形する必要はないことに気づいたようである。

13 ゴードン マレー オートモーティブ T50

2022年はゴードン マレー オートモーティブにとって大きな年だ。新本社が着工されるだけでなく、春には12,100rpmの3人乗りT50が、軽量でドライバー重視の好みを持つ非常に幸運な100人の顧客のために納車が開始される予定なんだ。

また、ゴードンの新しいスーパーカーベンチャーの次の章について、ゴードンとその仲間たちからの発表も期待されている。ますます目が離せない。

14 イネオス グラディエーター

ランドローバーの新型ディフェンダーは、豪華で技術が盛り込まれすぎていて、その上高価すぎると不満を漏らす退屈な人たちのために、お金が必要になる時期がすぐそこまで来ている。2022年、あなたはゲームの世界から抜け出て、イネオス グラディエーターを買うことができるだろう。この車は、頑丈さという点で旧ディフェンダーが残したものを引き継ぎ、ボンネットの下にBMWパワーを搭載していると主張している。

価格は約48,000ポンド(750万円)からと予想されている。インテリアは水を流して洗いたいって人たち、聞いてる?

マセラティ グラントゥーリズモ

かつて、マセラティ グラントゥーリズモに搭載されるパワートレインは、大型のV8一択であった。セクシーなマセラティがどれだけの音を出すかは、スロットルペダルの踏み込み具合に左右されたのである。ロンドンを拠点とするほとんどのオーナーによると、その量は「可能な限り強く」であったという。ケンジントンには、毎日そのオペラティックなV8エンジンの音が響いているのだ。

新型車ではそうではない…とは限らない。V8とダウンサイジングされたV6のパワーに加え、静かなオール電化のバリエーションも用意される予定だ。一方、マセラティはスーパーカー、MC20のEVバージョンも計画している…。

16 ダチア ジョガー

確かにグッドニュースだ。ダチアが、恥ずかしげもなく箱庭的で、超実用的な、気取らない作品を携えて戻ってきたのだ。ジョガーは、ウェンブリー・スタジアムよりも多くの座席構成とハイブリッドパワートレインを約束する、低い車高のSUVピープルキャリアのようなものだ。シュコダ ルームスターのスピリッツ的な後続車と考えればいい。

17 レンジローバー

また、5代目となる新型レンジローバーも完全なバッテリー駆動が約束されているが、実現するのはまだ数年先のことだろう。

直6とV8エンジンが今のところ定番で、ほとんどの時間は後輪だけで駆動し、燃料節約のためにスリップを検知したときだけ4✕4になる。新型RRの、すっきりとした、還元的なデザインが気に入っている。22年になったら、泥にまみれて汚しまくろう。背中のマッサージを受けながらね。

18 ポールスター 3

アメリカは、ポールスターの次のクルマ「3」のターゲット市場である。それだけに、このSUVはアメリカ国内で(そして、たしかに中国でも)製造されることになる。納車は2023年初頭からだが、我々は今年中に3を見て、できれば運転したい。そうすれば、新しいオール電化のポルシェ マカンにも、この何かトナカイ風味のものを噛みしめることができるはずだ。

ルノー メガーヌ Eテック

2022年、ルノーはついに、スーパーミニのゾエに加え、ファミリーハッチバック・クロスオーバーの新提案ジグを発表し、電気自動車のラインアップを拡充する。今後、メガーヌにガソリンエンジンが搭載されることはないだろう。これからは電気だけになる。そして、現代におけるルノーの最高傑作というべきインテリアを誇る。魅力的なキャビンだ。多くのソフトトリム、ステッチ、質感のある「木」が表面を包み込んでいる。

そしてスクリーン。もちろんあるよ。VW ID.3のような小細工はしない。VWでは、運転やエネルギーに関する情報が多すぎると気が散って困惑すると考えられているようだが、ルノーではすべてをそこに表示しているので、わざわざ探す必要はない。

フォーミュラ 1カー

2022年に登場する最も興味深いクルマは、すべてが公道走行可能なものとは限らない。2021年はF1史上最もエキサイティングなシーズンとなったが、2022年はマシンの空力性能の全面的な見直しが予定されている。

ダウンフォースは再び地面効果によって生成され、ウィングは乱流の少ない「ダーティエア」を作るために見直される。これにより、バルセロナ、ソチ、ポールリカールといったまったくゴミのようなトラックでも、マシンはより近くに追従し、明らかに容易にオーバーテイクすることができるようになる。そんな世界を、想像してみてよ。

次のシーズンが2021年シーズンと同じくらい面白いものである限り、ね?

アストンマーティン ヴァルキリー

2020年の「最も期待されるクルマ」に登場したのがこの1台。そして2021年。2022年、ついにアストンマーティンのロードゴーイングF1マシンを体験することができるのだろうか。レッドブル・レーシングとエイドリアン ニューウェイの関与が途絶えて久しく、最初のヴァルキリーは顧客に引き渡されたようだが、信頼性の懸念から実際に怒りに満ちた走りをする姿はほとんど見られていない。

そして、1,000bhpのコスワースV12は、長い間待たされたことにかなり腹を立てているようだ。これは、2022年の興味深い小ネタになりそう。特に、長く待たされたもう1台のハイパーカーが、ようやく出番を迎えるかもしれないことを考えると、なおさらだ。

メルセデスAMG One

マジでこれ以上待たされたらフェイスリフトが必要になりそうなクルマだ。AMGは、2015年仕様のF1用ターボ・ハイブリッド・エンジンを公道走行可能なクルマに搭載するという、とんでもない企画に手を染めなければよかったと思うかもしれない。そして、それを信頼性の高いものにする。経済的であること。そして、ルイス、バルテリ、ジョージ以外の誰でも運転できるようにする。

それが行き詰まりだったのか、それとも天才的な一撃だったのかは、2022年にわかるだろう。おそらくね。AMGのOneは、うんざりするほど待たされたあげく、底なしの研究開発費をかけたおかげで、結局はハイパーカーのゲームチェンジャーになるのではないかと、われわれはうすうす感じている。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/01/43311/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

トレンド

アーカイブ