トップギアがマツダ ロードスターで指南する、誰でもより上手なサーキットドライバーになる方法

冬の休暇中にサーキット走行を予約した方もいるだろう。サーキットを走るクルマを見ても、そこでどう走ればいいのかはわかりにくい。だから、もしあなたが自分のクルマでサーキットに行くなら、コーチングを受けると速く走れるようになり、より楽しめるようになり、クラッシュすることも少なくなるはずだ。

でも、一口にコーチングって言ったって、いろいろなものがある。私はこれまで、レースドライバーを助手席に乗せて、サーキットでのセッションを何度も行ってきた。彼らは、特定のサーキットで、特定の天候で、特定のクルマを走らせる手助けをする。しかし、そのようなコーチングでは、応用力を身につけることはできないんだ。

マーク ヘイルズは違う。彼は何十年にもわたってレースをしており、最近では素晴らしいヒストリックカーで成功を収めている。彼は、車の物理学とドライバーの心理学を融合させたコーチングシステムを開発した。つまり、あなたはどこでもうまくやれるということだ。私は今、彼と一緒に一日を過ごしているが、きっとそうなるという確信がある。

それも、マツダ ロードスターに乗っているんだよ。理想的じゃない?指示した通りに動いてくれるし、何をやっているのかも教えてくれる。もし間違っていても、それをカバーすることはできないが、正しくやれば大きなリターンを得ることができる。軽量なので、ブレーキやタイヤにも負担がかからない。1日走り終わっても、どちらも問題ない。コースはブライトンパークで、驚くほど騙されたようななコーナーがいくつもあるが、失敗するってこともそれほど多くはない。

マークが助手席から静かに見守る中、私も何周かする。雑な感じがするが、その理由はまだわからない(ちなみに私、ポール ホレルはレーサーではなく、テスターなんだ。長年にわたってサーキットに通ってきたのは、車について知るためであって、速く周回するためじゃない)。

教室に戻ると、マークが丁寧に、そして建設的に、そのすべてを解説してくれた。 以下は、彼の金言の数々である。

序盤はゆっくり走ること。私はゲートに向かう牛のように、最初から猛スピードだった。だから、コーナーでブレーキをかけすぎて、どうしたらいいかわからなくなったんだ。次のコーナーの計画を立てるべき時に、前のコーナーで何が悪かったのか、まだ考えているような状態だった。

計画性が不可欠で、その肝は、彼が言うところの「メンタルムービー」である。各コーナーやシークエンスの前に再生し、必要であれば次のラップの前に編集することができるムービーだ。また、他のサーキットで走ったときに同じようなコーナーがあれば、そのムービーを自分のメンタルアーカイブから引っ張り出すこともできるという。

「どこを見るかが最も重要なことです。あなたが見る場所は、あなたが行くことになる場所です」 肩や腕は目線に従う。クリッピングポイントを見ればそこに車が行くが、そこに車を向けたらすぐに遠くの出口を見よう。そして、障害物に執着しないこと。ぶつかるだけだ。

クリッピングポイントや出口がまだ見えていない場合は、自分の動きを頼りに場所を確認する。ただ、言うは易し、行うは難し、だね。「速く走れば走るほど、より遠くを見なければならないんです。今いる場所はどうにもならない、これから行くところだけを考えるのです」

マークはペンと紙を手に取り、コーナーをいくつか描いていく。ほとんどの人は、早く曲がりすぎていると彼は言う。最も鋭い旋回半径と最も遅いスピードの最適解は、ターンインとクリッピングポイントの間にある。それ以降はロックの巻き戻しになる。ターンインが早いとクリッピングポイントが早くなりすぎて、どうしても出口でコースアウトしてしまうんだ。

最初のうちは低速で周回を重ねながら、ターンインとクリッピングポイントを変えてみて、その効果を確認する。それがあなたのメンタルムービーの編集だ。クルマが一番気持ちいいと感じたときが、ペースを上げたときの最速ラインを見つけたということだ。小さなフロントドライブのクルマは、パワフルなリヤドライブよりもターンインが早くても大丈夫である。

タイヤの性能を最大限に引き出すには、横Gが最大となるクリッピングポイントを過ぎたあたりから、徐々にスロットルを開けていき、ロックを解除していくしかない。これが摩擦円である。タイヤに加速を求めれば求めるほど(あるいはブレーキをかければかけるほど)、タイヤが発生できる横方向の力は小さくなる。その逆もしかり。そして、ロックしたタイヤやスピンしたタイヤは、グリップを失う。ドリフトビデオでも制作するには最適だが、ラップタイムには不利となる。

私は、ドライビングとフィードバックセッションをできるだけ短くしている。そうすることで、より良いフィーリングを得ることができるのだ。おっと、今は体重移動の話をしてる。マークは、ブレーキングを微妙に変えながら、他のインプットはまったく同じにしたまま、ドライビングでデモンストレーションを行った。1周目、彼はトレールブレーキでコーナーに進入。次のラップでは、早めにブレーキをリリース。ノーズが上がってアンダーステアになり、クリッピングポイントをミスして出口で車体が余ってしまう。正直なところ、私ならこうはいかないだろう。

彼は、常に、ホントにいつでも、分析という精神的なプロセスを強調する。「80%か90%で走るんです。練習するときは速度を落として、徐々に速度を上げていく。そうすれば、どの部分を変えればいいのかがわかるようになるはず」

必死さがなくなると、スムーズになり、そのスムーズさはスピードが上がっても維持されるはずだ。ステアリング、ブレーキ、スロットル、それぞれがきちんと統合され、可能な限り滑らかかつ流動的でなければならない。

クルマは落ち着いていてこそ速くなる。ドライバーも同じだ。それは逆説的なことで、必死でない方がスピードが出せるのだ。あなたは物事の先頭にいる。いいラップを刻むときは、魔法のように時間が遅くなるのである。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ