【トップギアの初心者自動車メーカーガイド】日産サンダーランド工場


トップギアの初心者向け自動車メーカーガイド。初心者じゃない人も、おさらいとしてどうぞ。今回は日産のサンダーランド工場について。ここは、英国で最も生産性の高い自動車工場で、たびたびニュースにも取り上げられている。

日産がサンダーランドをオープンしたのはいつ?


1984年初め、日産は英国への工場進出を決め、11月にはサンダーランド飛行場の跡地に建設工事を開始した。ウェア川にほど近く、日産の製品のほとんどがここから世界各地に出荷されるタイン港からすぐの場所に位置するこの工場は、造船所の閉鎖で荒廃した地域に、最近ガチャガチャという音を立てていた新しい産業に対して、極めて重要な雇用源ができたことをむしろ象徴しているように感じられた。1986年、「日産 モーター マニュファクチャリング UK」で自動車生産が開始され、ラインから転がり落ちた最初の日産ブルーバードは、現在サンダーランド博物館に置かれている。ウォレスというライオンの剥製と一緒にね。

日産サンダーランド工場はどのくらいの大きさ?


いい質問だね、そしてその答えはすぐに出そうだよ。この工場は成長し続ける施設であり、その成功は状況の変化に脆弱である一方(すべてが世界的な大流行に対応できるわけではない)、ブレグジットの混乱した余波は、予想に反して、日産と英国政府双方から新しいバッテリー生産ラインのためにこの工場への投資を実際に見ているのだ。現在、工場は約36万2,000平方メートルの広さを有している。簡単に言えば、地元のサッカーチームがファンを失望させるような試合をするようなピッチなら、50個ほどあることに相当する。

日産サンダーランド工場では何人ぐらい働いてるの?


工場では約6,000人が直接雇用されているが、より幅広いサプライチェーン(工場に部品を供給し、シャットダウン時に清掃するなど)を含めると、日産がこの地域にあることで給与を得ることができる北東部の人々は30,000人を超えると言われている。炭鉱や造船業のないこの地域は、毎年驚異的な数のクロスオーバー車を生産する、今や有名な日産の能力に依存しているのである。日産はまた、ロンドンとクランフィールドにそれぞれ英国のデザインセンターとエンジニアリングセンターを持っており、さらに860人の従業員を雇用している。

日産サンダーランドでは何台のクルマが製造されている?

過去にどのようなクルマを製造したの?


日産サンダーランドの歴史を見ると、この30数年の間にクルマの世界の形がどのように変化したかを知るための短いケーススタディのようなものである。日産はブルーバードという「3ボックスサルーン」そのものを作り始めたが、やがてマイクラ、アルメーラ、プリメーラと、スーパーミニ、ファミリーハッチ、レップカーという90年代的な三拍子そろったクルマを作り出したのである。しかし、2000年代半ばにはアルメーラとプリメーラは捨てられ、ノート(ミニMPV)と「キャシュカイ」と呼ばれる車種に切り替わった。詳しくは後ほど。サンダーランドでは一時的にインフィニティ Q30とQX30も製造しており、実際、ウィアサイドのスタッフ用駐車場は今でもそのような車が生息している唯一の場所であるようだ。

現在では何の車種を製造しているの?


以前取り上げた「キャシュカイ」を覚えてる?2007年に発売されたこの車は、日産の英国工場で生産された製品で、アルメーラが基本的に頂点にあったような、退屈で想像力のないハッチバックから飛び出したい現代のヨーロッパ人向けにデザイン、設計、製造されたクルマだ。こうしてクロスオーバーの流行が始まり、小型のジュークがそれに続いた。そして現在、日産は電気自動車リーフとそのバッテリーを一緒に、両方の小型SUVを膨大な数で生産している。

将来はどうなる?


未来には良いことが待っている。工場とサプライチェーンの間でさらに6,200人の雇用が創出され、10億ポンド(1,520億円)という途方もない額の投資が行われるのだ。日産はバッテリー会社のエンビジョン(Envision) AESCおよびサンダーランド市議会と共同で、「日産EV36Zero」プロジェクトを立ち上げた。このプロジェクトでは、ウィアサイド工場から新しい完全電気自動車が送り出されるだけでなく、バッテリー巨大工場やクリーンな運転を支援する太陽光発電所全体となることがわかる。

この画像はどういうことを意味する?


年間10万個程度のバッテリーと、そのバッテリーを腹に飲み込むクロスオーバー的なEVを期待する。ここに卵とニワトリの関係がある:隣にバッテリー工場がなければ、新モデルがEUの海岸に着陸するのに高い関税を避けるために、ブレグジット貿易協定を通じてすり抜けられる分に必要な英国製のコンテンツの割合そう多くないだろう。日産は、本当にイギリスがEUから離れることを望んでいなかった。しかし、少なくとも、それは今、解決策を見つけたんだよ…。

日産サンダーランドの面白い話はない?


スタッフ用の自動販売機でボブリル(Bovril)を飲むことができるんだ。ボブリルがホットドリンク市場に拠点を置いていない国の読者諸兄は、「濃厚で塩辛い肉エキスペースト」をご存知だろうか。爽やかな味なんだよ。いやいや、実際の製造工程について知りたいって?了解。「機能的な自動車工場」の定義がどうであれ、英国には少なくとも20の工場があり、国産車を世に送り出している。しかし、現在英国で生産されている車の5台に1台はこの地味なキャシュカイだ(もちろん、日産車の3分の1以上がウィアサイドで生産されていることは言うまでもない)。なんてこった。

=海外の反応=
「現在の英国のエネルギー価格では、彼らは工場を大陸に移すのは当然だろう。政治家の中には、腐敗したピエロだけでなく、本物の政治家もいるんだから」
「日産が見つけた「解決策」は、収入減を補うための英国政府からの巨額の投資だった」
「SUVバブルがはじけると(悪い流行はすべてそうであるように)、日産は大変なことになる」
「日本からです、こんにちは - すみません、ボブリルっていう牛肉のエキスの瓶詰めについてお伺いしたいんですが。これは、ビーフシチューのようなものでしょうか?」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ