2022年のBMW Mが50周年で、特別なモータースポーツ用のデザインバッジが選べる

BMW Mカーを買おうとする最初のルールは、すでにBMW Mカーを所有していることを絶対に話すこと。そして2022年1月からは、BMWの有名なモータースポーツ部門への愛を、まったく新しいラウンドデザインとエンブレムで宣言できるようになる。

Mは来年50周年を迎えるが、Mカー(またはMスポーツ・パッケージ・カー)を注文した顧客は、上の画像のような楽しいバッジを選ぶことができる。言わずもがな、このエンブレムはBMWのクラシックなモータースポーツ・ロゴにインスパイアされたもので、「レースへの情熱とBMW Mブランドのルーツ」を象徴しているものだ。

しかし、これはギミックではない。ブルー、レッド、バイオレットの「シフト・セミサークル」と呼ばれるロゴは、1973年にBMW Mの最初のレーシング・カーに使用されたもので、その後、BMW M1のスリー・ストライプに移行した。

それぞれの色が何を表しているか知ってるかな?もちろん!って言ってる人、あなたはBMW Mのファンだからね。でも、知らないって人のために、青はBMWを、赤はレースを、紫は両者のつながりを表しているんだ。バイオレットはやがてダークブルーに変わったが、ここで色以外の話に移ることとしよう。

ちょっと待って、色はたくさんあるんだよ。ダカール・イエロー、ファイヤー・オレンジ、デイトナ・バイオレット、マカオ・ブルー、イモラ・レッドなど、「象徴的で歴史的に重要な」BMWの塗装仕上げが、来年から50種類も用意されているんだ。

さて、次はモデルに関するニュース。来年は、BMW M4の「特別モデル」(CS、かな?)、ニューBMW M2、初の「電動化された高性能」BMW Mカー、そしてもちろんBMW M3ツーリングが発売される。この時点で、他のことをするのはやめて、BMWに集中するんだ。

絶対に話題になるクルマになるだろうから…。

=海外の反応=
「気持ち悪い顔には気持ち悪いバッジを。アストンのロゴとV12ヴァンテージの顔で宇宙のバランスが保たれているのはありがたい」
↑「実際、昔のバッジはクールなものだけど、醜いブタ鼻ではなく、特別なBMWだけにつけるべきものだ」
「2022年に、コイツがあなたのリアミラーに映り込むんだぜ…」
「最初読んだとき、こう書いてあるのかと思った。"新しいスペシャルグリルをつけられる"…」
「私はBMWが主要なモータースポーツで活躍していたことを覚えているほど昔の人間ではない。つまり、少なくとも過去25年以前のことで、80年代や70年代には優れていたのだろうか?また、私は普段、ラリー、F1、MotoGP、スーパーバイク、WEC(LMP、DP、GT)、NASCAR、インディカー、スーパーフォーミュラ、スーパーGT、V8スーパーカーしか見ていない…。自分がフォローしていないところで、彼らは勝っているのだろうか?」
「ジェレミー クラークソンの声で再生して:Wooooowwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
「このバッジを、現在の「M」バッジのように、「M」以外の車に付ける人が出てくるかもしれない」
↑「なんかさ、すでに安物のアフターマーケットのバッジのように見えるんだけど…。そんなことない?」
「ただ、いろんなモデルに使いすぎては、大きなギミックになってしまうと思うんだ」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS