ベントレー フライングスパー ハイブリッドが藁由来のバイオ燃料と地熱発電でアイスランド横断

エンジニアリングプロトタイプのフライングスパーハイブリッドが、この車の仕上げとベントレーの再生可能燃料の開発の一環として、廃棄物の藁から得られるエネルギーと地球の力だけを使って、ドラマティックなテストを完了した。アズールパープルのフライングスパーハイブリッドは、100%第二世代バイオ燃料とアイスランドの送電網から得られる地熱発電を組み合わせた再生可能エネルギーのみで733km(455マイル)を走破し、アイスランドを一気に横断した。

この旅は、ベンテイガハイブリッドに続いて発表されるベントレーの新型ハイブリッドのグランドツーリング性能と、エンジンに手を加えることなく使用できるバイオ燃料の進化を証明するものだ。使用された燃料は、通常のポンプガソリンと同じEN228規格に準拠しているが、食料生産や自然の生態系に負担をかけることなく、廃棄物であるバイオマス(藁)から完全に作られている。この燃料とフライングスパーハイブリッドの高性能な電動パワートレインを組み合わせることで、この冒険の期間中のCO2排出量をウェル・トゥー・ホイールで45%削減することができた。

フライングスパーハイブリッドは、ベントレーのビヨンド100戦略が掲げる、世界で最も持続可能なラグジュアリーモビリティ企業を目指す旅の次のステップを体現するもの。世界各地の市場に導入されるのは2022年となる。2025年までに初めて完全なBEV化を行うことに先駆けて、2024年までにシリーズの全モデルにハイブリッド・パワートレインを搭載する予定だ。

ベントレーの開発担当役員のマティアス・ラーベ博士は次のように述べている:

「フライングスパーハイブリッドの発表により、ベントレーにハイブリッドシリーズができ、今回の挑戦によってハイブリッドの真の利点を証明することができました。それは、450マイルを超えるグランドツーリングを支障なく行うことができる一方で、都市環境においては電気のみで使用可能な航続距離を確保できることです。革新的な第二世代バイオ燃料の使用により、CO2排出量を大幅に削減することができるため、まさに最高の組み合わせといえます。最終的にはお客様にお届けすることを目標に、今後数ヶ月間、開発プロセスの一環としてこのような燃料の研究を続けていきます」

再生可能燃料は、ベントレーの環境への影響を軽減し、持続可能性に関する目標を実現するための重要なステップだ。このアイスランドでの旅は、6月のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムで初めてコンチネンタル GT3レースカーに再生可能燃料を搭載して以来、開発を続けてきた結果である。

使用されている100%再生可能な第二世代バイオ燃料は、現代化学の驚異であり、ベントレーの再生可能燃料研究を支援しているコリトン社によって開発された。製造プロセスでは、廃棄物である藁などのバイオマスを発酵により分解し、エタノールを生成する。エタノールを脱水するとエチレンになり、オリゴマー化(短い炭化水素分子を連結して、より長くエネルギー密度の高い分子を生成すること)のプロセスを経てガソリンに変換される。
この車のハイブリッドシステムが走行中に使用した電力は、アイスランドの100%再生可能な送電網から供給された。アイスランドは再生可能エネルギーの生産で世界をリードしており、国内の電気エネルギーの75%は水力発電、25%は地熱発電で生産されている。フライングスパーハイブリッドは、アイスランド滞在中、スヴァルツェンギ地熱発電所の電力で充電された。

アイスランドの観光・産業・イノベーション担当大臣であるフィオルディス・コルブルーン・レイクフェルズ・ギルファドッティル氏は、フライングスパーハイブリッドの旅を視察し、次のようにコメントしている:

「この車が再生可能な電力と再生可能燃料を使って733kmの旅をしているのを見られたことは素晴らしいことです。左手に滝、右手に火山を見ながら地方を走ると、自然から直接エネルギーが生み出されていることがよくわかります。これこそが、持続可能なエネルギーの最も良い定義だと思います。アイスランドは環境問題の解決に貢献したいと思っており、他の国がこの国の知識や再生可能な資源を利用する手助けをしたいと思っています」

ベントレーのハイブリッドシリーズの最新作は、ハイブリッド化によって高級感や性能が損なわれることがないことを証明している。内燃機関と電気モーターを滑らかにブレンドすることにより、ドライビングモードやスタイルを問わず、洗練された静けさを提供する。

新型パワートレインは、2.9リッターV6ガソリンエンジンと先進の電気モーターを組み合わせ、ベンテイガハイブリッドに比べて95bhp多い最高出力536bhp(544PS)と最大トルク750Nmを発揮。新型フライングスパーは、満タンで700km走行可能であり、ベントレー史上最も効率的な車となった。

高いパワーリザーブ、優れたトルク、素早いスロットルレスポンスを備えた最新のハイブリッドモデルは、加速性能でフライングスパー V8に引けを取らず、0-100km/h加速4.3秒。新しいパワートレインは、燃料消費量を大幅に削減しながらも、ベントレーらしいエフォートレスで洗練されたパフォーマンスを実現している。

新型フライングスパーには、ドライバーと同乗者に合わせたインテリジェントで直感的な装備がクラス最高レベルで搭載されている。フライングスパーハイブリッドには、マイバッテリーチャージ、マイカー・スタティスティクス、マイキャビン・コンフォートなどのコネクテッドカーサービスが利用できる。

ドライバーへのフィードバックを強化するため、ドライバーズインストルメントには、EVのみで走行しているとき、減速中に回生しているとき、内燃機関を使用しているときなどの情報が追加された。

キャビン内では、自動スタート・ストップ・スイッチの代わりに、EVドライブモード、ハイブリッドモード、ホールドモードの3つのEモードがあり、ドライバーは走行中のバッテリー使用量を管理することができる。EVドライブモードは、車のスイッチを入れるとすぐに作動し、電気自動車としての走行性能を最大限に発揮するため、市街地での走行や短い距離の移動に最適だ。

エネルギーの流れはインフォテインメント画面に表示され、統計情報を確認したり、充電のタイマーを設定したりすることもできる。さらに、航続距離、バッテリー残量、充電情報など、e-motionに関する追加情報を、インストルメントパネルやヘッドアップディスプレイ、センタースクリーンで確認することができる。

ベントレーモーターズは、ビヨンド100戦略の詳細を発表し、持続可能なラグジュアリーモビリティのグローバルリーダーとなる計画を明らかにした。真に持続可能なラグジュアリーを提供することを約束し、ベントレーはその2世紀目に突入するにあたり、エンド・ツー・エンドでカーボンニュートラルな組織となるよう、ビジネスのあらゆる側面を改革している。この目標は、ベントレーの事業と製品全体にわたる変革プログラムによって推進される。これには、2026年までに全ラインナップをプラグインハイブリッド車またはバッテリー電気自動車のみへ、2030年までに完全な電気自動車のみへ変更することも含まれている。

2018年、クルーにあるベントレーの生産施設は、英国の高級自動車工場として初めてカーボントラストによるカーボンニュートラル認証を取得し、その後、認証は2回更新された。これは、塗装工場での水のリサイクルシステム、地域の植樹、1万枚のソーラーパネル付きカーポートの設置、敷地内のソーラーパネルの総数が3万枚になったこと、再生可能エネルギーのみへの切り替えなど、革新的なソリューションを20年間にわたって実施してきた結果である。

クルー工場では、今後も環境活動を改善していく。すべてのサプライヤーは、サステナビリティ監査に合格し、サステナビリティの資格を確認している。将来的には、2025年末までに、エネルギー消費量、CO2排出量、廃水、塗装工程での溶剤の使用、プラスチックニュートラル化などに重点を置いて、工場の環境負荷を低減していきたいと考えている。これにより、2030年には大気中の炭素レベルを積極的に削減する環境に配慮した工場を実現し、並行して再生可能エネルギーや植林プロジェクトへの投資を行っていく。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS