巨大グリル合戦はBMWがリードしてたけど、レクサス LX600で終結?

今年の初めに発売された新型トヨタ ランドクルーザー 300を覚えてる?今回は、私立学校に通うことになったお洒落な義理の兄弟的な、新型レクサス LX600をご紹介しよう。

そして、その顔を見てみよう。私たちは、BMWのデザイナーが21世紀最大の自動車の鼻を獲得するのではないかと思っていたが、甘かったようだ。レクサスによれば、LXは「運動性能、使いやすい機能性、印象的な美しさの融合を追求」しており、グリルは「7組のフローティングバーで構成される3次元形状で、フレームのないシームレスな構造を実現」しているという。まあ確かに、そうなんだけどさ…。

いずれにしても、LXは新型ランドクルーザー 300と同様、英国では販売されない。しかし、トヨタとは異なり、アメリカには2022年初頭に上陸する予定だ。ランドクルーザーと同じ新しいGA-Fプラットフォームをベースにしているため、先代のLXよりも20%剛性が向上しているが、200kgの軽量化に成功している。ただし、ボディ・オン・フレーム方式であることに変わりはない。

また、最高出力409bhpの3.5リッターV6ツインターボガソリンエンジンと10速オートマチックギアボックスはトヨタと同じだが、違いが最も顕著なのはインテリアである(そして、あのグリルも)。自信を持って名付けられた新トリム「ウルトララグジュアリー」では、レクサスは4つのシートレイアウトを採用し、後部には適切なリクライニングアームチェアを配置した。いいね。

また、インフォテインメントのために、フロントに2つの独立したタッチスクリーンを含む多くのスクリーンが用意されている。上段は12.3インチ、下段は7インチのタッチスクリーンだ。膨大な数のスクリーンを搭載している。

レクサスは、Fスポーツバージョンも用意していることを強調している。これは、サスペンションを改良し、リアアクスルにトルセン・リミテッド・スリップ・デフを採用することで、オンロードでのコーナリングをサポート。また、フロントバンパーやヘッドオンスタイリングの代わりに、広大なブラックホールが採用されている。しかし、誰かが大型ハドロン衝突型加速器でもレクサスの工場に置いていったのだろうか?って思うほど、でっかいよね、グリル。

=海外の反応=
「デザイナーたちは、電気自動車にグリルがなくなることに危機感を抱き、手遅れになる前に、最後のチャンスとして絶対的に巨大なグリルをデザインしようと考えたのだろうか」
「最初に見たときは、最新のBMWだと思ったよ…」
「あの黒いグリルは、グリルがほとんどないからこそ、うまく統合されているのだと思う。フロント全体がグリルになっていると、グリルの存在を意識しなくなる。トヨタ車だから、他のどこのよりも長持ちするだろうし、常に自動車屋に副業として住みこみで働かせる必要もないだろう」
「グリルの大きさにもかかわらず、BMWのX7よりも見栄えがする。そして、ブラックなんで、確かに堂々としている」
「グリルの数が多いね。とても'僕を見て!'な感じ。一般的なアジア車の匿名性に別れを告げたね」
「正直なところ、これはネタだと思った。写真を見ながらスワイプして、オチを期待して文章を読んだんだけど」
「個人的には、ここで大きなチャンスを逃してしまったと思ってる。あのグリルをもっとおしゃれにする努力をすべきだったのに」
「'スポーツ'のLXなんて、絶対にバカげているのに、市場にあったら、たくさんの人が買わずにはいられないと思う。黒のグリルは、あのシルバーの怪しげなものよりもはるかに見栄えがよく、実際に問題ないくらいだ。ブラックグリルは、あの不愉快なデザインを違和感のないものに変えてくれるし、ランドクルーザーであることのメリットを存分に味わえる」
「もし、トヨタのサラリーマンがこれにサインし、シリコンバレーの高給取りの弁護士やベンチャーキャピタリストがこれを大量に購入したとしたら、私の人間性への信頼は破壊されたと思ってほしい」
「世界が必要としているのは、巨大なガソリンを消費するSUVのようなものだ」
「このようなフロントエンドは、歩行者や自転車に優しいと言えるだろうか?ただの巨大なブロックに押しつぶされるのを防ぐためのルールがあるのではないだろうか?」
「LCやLSのように、グリルのメッシュを形状に合わせて変更する必要がある。他のモデルと一緒になってしまっているので、すごくバカっぽい印象を与えている」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS