【トップギアのドラテクレッスン】ダブルクラッチ

さて、手を挙げてください。シンクロナイザーを知っている人はいる?手を上げているかどうかをスマホやパソコンのカメラで確認することは禁止されているようだ。「プライバシー」と「邪悪な違反」についての何かが邪魔して…よくわからない。ここからは、法律用語のように聞こえてくる。

とにかく、シンクロナイザーとは何か、シンクロナイザーが歯車とどう関係するのか、賢い人なら知っているだろうが、それ以外の人のために、今のうちに整理しておこう:シンクロナイザーがあるのは、あなたがダブルクラッチのやり方をまだ分かっていないからだ。シンクロナイザーは、その名の通り、選択したギアの速度と出力軸の速度を一致させるものである。

つまり、クラッチをつなぎ、3速から4速へとさりげなく滑らせると、クラッチを切ることができる。その間、ギアボックス内のシンクロがすべてをスピードアップさせ、不必要にカリカリとギアを摩耗させないようにしてくれるのだ。いいでしょ?

4速から3速にシフトダウンしてスロットルを吹かすと、ドライブトレインのすべての速度が一致すると思うかもしれないが、そうではなく、エンジンとギアボックスの入力軸の速度が一致するのだ。しかし、エンジンとギアボックスの入力軸の速度を合わせているだけで、ドライブラインのすべての部分を同期させているわけではない。

でも、大丈夫だよ。その必要はないから。シンクロナイザーがあなたのために重い仕事をしてくれている。しかし、この記事を読んでいるのはあなたですから、あなたが最も機械的に共感できるギアシフトについて、ここらで説明してもいいかもしれない。

アーカイブ

subscribe RSS