高機能化が逆にウザい!マジイラネ…なクルマの機能10選

04音声認識

トップギアのオフィスでよく聞かれる話(出社が普通だった頃の話)のひとつに、イギリス国内の出身者であるステファン ドビーが、自分の運転する新車の音声認識システムに自分の英語のアクセントを認識させることができなかったというものがある。クルマはどれも同じように悪いところがあるものなので、問題のクルマを非難するつもりはない。それよりも、彼は防腐剤として使えそうなほど濃い紅茶を好むことを恥じる方が先のことなのだ。

つまり、この問題は反復されるものであり、アップデートするたびに、搭載されたコンピューターがより多くの言語やアクセントを認識し、解釈できるように訓練することができるのである。しかし、ここからが少し問題だ。

すべてのアクセント、すべてのクレオール、すべての方言を音声認識ソフトウェアに適切に入力するために必要な時間と労力を想像してみてほしい。いや、本当に、どれくらいの時間がかかるのかを考えてみて。どう?結局…完全に失敗だ。それぞれが思う「本当に長い時間」以上を想像することは、純粋に不可能だし。それよりも、ボタンを押すだけの方が簡単だろうということである。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2021/04/31500/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ