BMW M8と迷うヤツ出た!最高速度323km/hのアルピナ B8 グラン クーペ

今日は「とても良い日」だ。なぜなら、新しいアルピナのニュースで始まるから。具体的には、ゴージャスなアルピナ B8 グラン クーペ、つまり、BMWのM8 グラン クーペに代わる存在の、より繊細で、よりレアで、よりクールで、よりソフトなエッジのモデルである。

スペックを見てみよう。「最適化されたターボチャージャーと冷却システム」により、BMWが誇る4.4リッター、ツインターボV8は、最高出力620ps、最大トルク807Nmを発揮する。前者は、B8の派生モデルであるM850iよりも90ps増加し、M8にはわずか4ps不足している。後者に関しては、850iよりも57Nm多く、M8とまったく同じだ。0-100km/hは3.3秒、最高速度は323km/h。0-400mを11.5秒で走り抜ける。

アルピナは、ZF製の8速オートマチック・ギアボックスについて、「大幅な開発作業を行った」と述べている。一方、サスペンションはアイバッハ製のスプリングなどで強化され、ブレーキはブレンボ製、xDrive全輪駆動システムはリミテッド・スリップ・ディファレンシャルで強化され、アルピナはクラシックな20本スポークの合金(ここでは21インチ)に特別なピレリ製タイヤを履いている。興味深いことに、B8には、M8にはない後輪駆動も装備されているのだ。

フロントの大きな「ALPINA」の文字を除けば、B8は控えめな存在だ。フロントバンパーには冷却効果を高めるための大きな切り欠きがあり、後ろには小さなリップスポイラーとクワッドエグゾーストが付いている。室内は標準車と同じだが、特別なレザーで装飾され、通常はオプションである装備が無料で追加されている。

B8の英国での価格は134,950ポンド(2,040万円)からで、これはM8にいくつかのオプションを付けたものと同じくらいの価格となっている。あなたなら、どちらにお金を払う?

=海外の反応=
「予算が許せば、絶対にMじゃなく。、アルピナを選ぶな」
↑「今じゃ、僕もそう思う。Mカーに特注のNAスクリーマーエンジンを搭載していた頃は、価値の提案が異なっていたので、純粋主義者であれば、Mカーに傾いていたでだろう。現在、Mカーは皮肉なことに、強制的なインダクション、重量、オートマチック・ギアボックスなど、アルピナの領域に大きく近づいている」
↑「アルピナはとても個性的でエレガントなので、Mを少しばかりゴミのように見せている。アルピナは魅力的なBMWを作ることに成功している。これは、彼らが素晴らしい仕事をしていること自体の達成感の表れだ」
「アルピナはまたしても成功したね。クーペモデルがあっても良かったと思うが、グランクーペがあれば十分だ」
「現行のフローズンブルーストーンのM850i GCがすでに素晴らしい外観を持っていたので、自分がこのように発言することはないと思っていたが、このグリーンとタンのインテリアは…。ヤバすぎる。
タイヤのノイズキャンセリング機能も素晴らしい。僕は同じようなものをロールス・ロイスでしか見たことがない(記憶に間違いがなければ、タイヤの中にフォームが入っている)。特にでこぼこしたB級の道路では、本当に素晴らしいクルマになるはず」
「うーん、もし価格とパワーがほぼ同じなら、改造されたM850iではなく、本物のM8を買わなければならないだろうね。お願いすれば、BMWは喜んでM8を微妙なフォレスト・グリーン・メタリックに塗装してくれると思うよ」
↑「Mとアルピナを選ぶのに、純粋にパワーの数値だけを比較してしまうと、アルピナの意味がなくなってしまう」
↑「アルピナは、より細かい部分にこだわるので、全体的にもう少し繊細。塗装だけではなく、インテリアのデザインにもお金をかけていて、それはロールス・ロイスのレベルに達しているし、実際ロールス・ロイスと同じ素材(革)も使っている」
「レクサスのリアデザインを真似たように見える」

アーカイブ

subscribe RSS