【トップギアのドラテクレッスン】ヒール&トゥ

ヒールアンドトゥのやり方

まず、靴を履こう。靴底にグリップ力があり、ペダルの感触がわかるもので、サイズが自分の足とほぼ一致しているものが理想的だ。

右足は、親指がブレーキを覆うように置き、残りの足はアクセルペダルに届く程度にしておく。ペダルの間隔が狭いクルマの場合は、ブレーキを踏んだままアクセルを踏めるように足の位置を工夫する必要がある。足がとても小さくて、どうしても両方のペダルを踏めない場合は、クルマを運転してはいけない小さな子供ではないかどうかを、今一度確認してみて。

ヒール&トウを始めるには、右足の親指でブレーキペダルを踏み、左足でクラッチを踏み、通常通りにギアチェンジをする。プロからのアドバイス:右足でクラッチを踏もうとしたり、モリッシーの曲を歌ってみたり、ネットフリックスの「ブラック ミラー」のエピソードに挑戦したりしないでね。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2021/03/30974/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ