「限界を超えた」ハンドリング性能のBMW M5 CSが、かつてないほどパワフル

BMW Mシリーズの市販車の中で最も速く、最もパワフルなクルマが登場した。カタログの後ろにあるスペック表の内容を考えると、これはかなりのヤツだということがわかる。

新型M5 CSはスーパー・サルーンのようなルックスとサウンドの持ち主だ。筋金入りのM3、M4、M2 CSモデルに続き、新型最速の5シリーズは、ツインターボ4.4リッターV8のわずかな調整により、M5 コンペティションから10hpアップしている。

その結果、M5の標準装備である8速ステップトロニックオートギアボックスを介して、626hpと750Nmという驚異的なトルクを4輪すべて(勇気があるときはリアのみ)に供給することができる。

0-100km/hのスプリントは3.0秒で、マクラーレン 675LTからはわずか0.1秒遅く、M5 コンペティションからは0.3秒速い。トップスピードは電子制御で304km/hに制限されている。これで十分でだろう。

BMWは標準のコンペティションからも70kgの軽量化を実現しており、最大の重量節約はCFRP製のエクステリアパネルとキャビンの各コーナーにあるカーボンファイバー製のバケットシートによるものだ。そう、これは厳格に4シーターを守っているのである。

もっとオタクっぽいことを知りたいって?CSは、車高を7mm下げ、ベアリング・スプリングを再調整し、特注のエンジンマウント、サーキット走行に対応したオイルサプライにしてあり、M8 グラン クーペのダンパーを採用している。BMWによると、これらの改良により、「限界を超えた」ハンドリング性能へと向上しているという。それを聞きたかったんだ!そして、カーボンセラミック ブレーキが標準装備されているが、価格は140,780ポンド(2,020万円)からとなっている。

すべてのCSは、ゴールドのアクセントと20インチのゴールドホイールだ。そして、世界に正義というものが残っている場合は、すべてがこの栄光の緑のペイント仕様となる。また、L字型のライトには鮮やかな黄色が追加され、ハイビームまたはロービームの点灯時に点灯するようになっている。

最初のデリバリーは今年の春に行われる。結局、BMWは人々が何を求めているかがわかっているんだろうね?

アーカイブ

subscribe RSS

マウスコンピューター期間限定セール