「少し愛して、なが~く愛して」愛されベテラン勢9台

03テスラ モデル S

発売:2012年(8年)
今もなお最高の存在感を発揮する理由:YouTubeでドラッグレースするスーパーカーといえばこれ

モデル Sは、キャビンと床下の両方で、より大きく、より電力密度の高いバッテリーと、これまで以上に胃がおかしくなる加速というかたちで、多くの技術的なアップグレードを続けてきた。基本的なクルマの歴史としては、ロンドンでオリンピックが開催され、フェリックス バウムガートナーが音速を超える人類初のフリーフォールを行った2012年までさかのぼる。最近ではより速く、充電すれば遠くまで走り、ウインカーを押すとまぬけな音がするようになった。ああ、これぞ進歩。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2020/10/25793/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ