小型車がEV化してる今、イギリスにも軽自動車が必要だよー

何回も言ってるけど、ほんっと、イギリスにも軽自動車が必要だと思うんだ。もはや、今、イギリスでは、シティカーは電動じゃないのなら、「死に体」じゃない?フィエスタやコルサのことじゃなくて、もっと小さい、ガソリンのシティカーのこと。フェイスリフトのたびに、ひっそりとプライスリストから落ちてたり、速度が出る100%EVになったりしてるんだ。そこで、日本のKei-carをどうやったらイギリスに入れられるのか、考えてみた。
小型のEVシティカーにするってのは、表面上は完璧に見える。小さなクルマは小さなバッテリーを使用しているため、価格も安くて済むのだが、インフラの改善を促すためには、できるだけ多くの人にEVを採用してもらう必要がある。全員がウィンウィンになる、みたいな。
でも、もし、そうならなかった場合は?キャットフードを買うために週に一度は店にクルマで行っている年金生活社の陳腐なステレオタイプはどうだろうか?あるいは、遠く離れたスコットランドの島で、EVを充電することが選択肢の一つになっていない未熟なドライバーはどうだろうか?大きな車に乗りたくないと思えば、選択肢は狭まってしまう。そのため、価格が高くなり、汚染も増える。
さて、ここで、日本の軽自動車の登場だ。安全性への懸念から、英国のショールームから長い間遠ざけられていたが、彼らはシティカーの炎を燃やし続けてきたかもしれない。トップギアを見ているイギリスのみんななら、軽自動車をご存じじゃないかな?日本で生まれ、ほぼ日本国内のみで販売されている軽自動車は、今日の新車が直面している問題の多くを完璧に解決してくれる。それはなんと、71年も前のアイデアなのだ。
要するに、厳しい基準に適合できる車両(バン、トラック、バスなど)は、結果として大きな減税を受けることになる。この基準は時代とともに変化してきており、車が住む都市のインフレに伴って膨らんできたが、それでもかなり厳しいものとなっている。なになに、キミのクルマも軽自動車になりたいのかい?3.4メートルよりも短く、1.5メートルよりも狭く、660ccと63hp=64psのエンジンを搭載していなきゃならない。『グランツーリスモ』のキャリアモードにコミットしたことがある人なら、ルール内に収まっているスズキ アルトのホットハッチに転がり込んだことがあるだろう。そして、十分なクレジットを獲得した後は、必死になって乗り換えたことだろう。
まあ、そもそも、『グラツー』は、正しく軽自動車を使う環境ではないんだけどね。サーキットではなく、都市生活用に作られているから。でも、だからといって、つまらない、陳腐な箱に限定されているということではないんだ。ここでは、トップギアのお気に入りの10台を紹介したこともあるけど、英語圏の人から見るとバカっぽいネーミングで溢れかえっている巨大な氷山の一角だ。ガルウィングのスポーツカー、火を噴くエンジン、オートザムのミニダンプと呼ばれるトラック…。クルマの世界で、これほど多様性に富んだジャンルはないんだよ。
もし、こういった軽自動車がJDMの本国である日本と同じような減税措置を受けて、イギリスの海岸でも輸入を許可されていたら、イギリスの国民は軽自動車に群がるかもしれないとすら思う。トップギアが好きな人っていうのは、10年前のスクラップ企画の高評価が証明したように、a)お買い得感とb)抜け道が大好きだからね。当時は、デルタ インテグラーレ、944 ターボ、205 GTIなんかが、ヒュンダイ i10が買えるくらいのお金で、早い段階で墓場に送られたんだから。本当に奇抜で独創的なクルマに減税を適用すれば、自動車購入者の食欲はさらに旺盛になるだろう。
それから、やっぱり、スズキ ジムニーだよね。イギリスでは最近、排出ガス規制で事実上、生産中止になったとのニュースが再浮上している。ジムニーもさ、日本のような660ccの軽自動車であれば問題ないんだけど。イギリスの1.5リッタージムニーは、とにかく息切れしているかのように遅いので、その馬力の3分の1を失うことに何の害があるのだろうか?まぁ、確かに軽のバージョンは、先代のジムニーやグラグラしたダイハツのテリオスよりも安全ではないけどね。
自動車業界が、電動化されていないクルマが何であれ、周りにある非難めいた空気という攻撃を減らさなければならないのは、全く正当なことだ。もちろん、環境問題に対応していくのは、何の問題もない。しかし、日々の生活に必要なものがさらに均質化されることを意味するならば、それはかなり悲しいことでもある。だから、日本の教科書を見習ってみよう。そうすれば、スーパーカーが救われるだけでなく、次にキャットフードを買い物で入れるために安いハッチバックが必要になったとき、あるいはスコットランドの小島をゆっくりと縦断するために、タント、スクラム、N-box スラッシュのどれかを選ぶことができるようになるんだ。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール