『ワイスピ』の最高傑作は誰がなんと言おうと3作目の『TOKYO DRIFT』と語るトップギアスタッフ

トップギアの編集部の中に、『ワイルド・スピード』シリーズでは、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』がダントツでいい!と主張する、オリー氏がいる。みなさんご存知のとおり、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』は日本を舞台にしたという、ワイルド・スピードの中では異色の作品でもある。カーチェイスなど、アメリカで撮影したシーンも多いため、多少むりやりな東京のシーンも見ていて楽しい。今回は、その熱い思いを存分に語っていただこう。みなさんは、シリーズいくつが好き?

映画『ワイルド・スピード』シリーズ、略してワイスピ。これまでに何本の映画が公開されたと思う?わかんねー。だよね?思ってるより多いよ。そう、8本だ、8本!『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』として知られている 頭がツルッツルなヤツが主人公のスピンオフ映画を除いてもね。
『ワイルド・スピード』シリーズは世界で60億ドル(6,400億円)を稼いだという。これは史上9番目に興行収入の高い映画のシリーズであり、『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『ミッション・インポッシブル』、『トワイライト』よりも大きなものだ。まさに、ワイスピ現象を起こしたものなのである。
それなのに…。人生に皮肉なことは常に起こるものだが、全作品の中で最も興行収入が少なかったのは そう、ストリートレース映画の王様、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』なんだよ。
きっと、キミも同意するんだろう?しかし、もしあなたが真実を知らない人に出くわしたら、ここでは水も漏らさぬ用な完璧な議論ができる。
まず、最初の3作に絞る。だって4作目の後このシリーズは、それまでの地味なストリートレースに焦点を当てたものから、大規模すぎてあり得ない強盗集団みたいなものに切り替わったから。そこからは、笑気ガスでも飲み込んだかのように、文字通りの馬力、賢明な言葉、パンチで世界を救うことに変態を遂げていってしまった。映画館のドアの入り口で脳みそを切り離して一旦置いてきてしまえば、きっと楽しめるはずである。しかし、この映画の作り手は、もうクルマの話をしているわけじゃなくなっちゃってる。
ということで、オリジナルの『ワイルド・スピード』、怪しげなプライベートナンバープレートから名前を取った続編『ワイルド・スピードX2』、そして2006年の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』を残すことにした。次に、ヤバいクルマが登場していたせいで、第2弾は減点だ。それは、紫の三菱エクリプス スパイダー。
じゃあ、オリジナルと3作目だ。新聞では「ハイスピード、ハイスリル、ハイオクを滝のように使う、ナンバー1!1!」と評されていた。
やっぱり『ワイルド・スピード』は最高だな。ブライアン オコナーのセリフ一つ一つがかっこよかった。ああ、思い出が蘇る。
ブレーキキャリパーのないVWジェッタや、ダッジ・チャージャーがホイールスピンしながらウィリーをしてしまった…などなど。もちろん、タイヤから煙をモクモクさせながら。クルマオタク向けの映画なのに…。おっと、長くなりそうだ。
でも『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』こそ、頂点だ。なぜかって?一番の魅力は、その連続するドライビングテクニック。ドラッグレースというよりも、バレエチックなドリフトをベースにしてるから 「シフトアップしてペダルを踏み込む 」という、無意味な動作が少なくて済むんだよ。何度も起こるドリフト技の中には、目を見張るようなものがある。それから、直列6気筒、V6、ロータリーエンジン、ターボ…と、ほかのどんな『ワイルド・スピード』映画よりも、刺激的なノイズが飛び交っている。
確かに、CGIを多用したマスタング対350Zのフィナーレは、まるでプレイステーションの『ニード・フォー・スピード』からのカットシーンのようだ。象徴的なヴェイルサイドチューニングのRX-7とRB26DETTエンジンを搭載したマスタングは、撮影時に他のヒーローカーが撮影を続けるために後退しなければならなかったほど遅かったのは事実である。また、ルーカス「ヤング・ラーチ」ブラックが高校生だったことを信じる人がいると思うのは、ヒップホップMCのバウ・ワウがVWトゥーランに乗って日本のアンダーグラウンドレースシーンを見ているシーンをチョイスしたのと同じくらいの信憑性だろうしかも、彼、一本眉でね。
でもそれが何か?実際、みんなもレースシーンや逃走、スタントのために映画を見ているだろう?そして、『ワイルド・スピード』の東京編のドリフト、スキッド、スライドほど、本格的で、撮影が上手くて、繰り返し見たくなるようなものはない。僕は間違ってないよ!そうだろう?

なお、UKサイトのコメント欄には、「JDMが大好きな自分としては、この映画がサイコーってのは、全く同意」「ホンモノの"ドリフトキング”の土屋圭市がカメオ出演してるし!」「人間の内面に迫る映画だ」など、好意的なものが多く寄せられていた。日本好きな人も多いようで、とても嬉しい。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール