新車ニュースDAIHATSU

えっ、またダイハツが市販化含みを見せちゃうの?TAFT コンセプト

世界初出展のダイハツ TAFT コンセプト

世界初出展のダイハツ TAFT コンセプト


今度は軽クロスオーバーの「TAFT(タフト) コンセプト」がワールドプレミア

秋に行われた東京モーターショーで、その後市販化された超小型SUV、ロッキーをサプライズで展示した、ダイハツ。今度は、年明け1/10-12に開催される、東京オートサロンでも、市販化含みの軽クロスオーバーのコンセプトモデル「TAFT(タフト)コンセプト」を世界初出展するという。また2月14日(金)から2月16(日)までインテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)で開催される「大阪オートメッセ2020」でも、同様に出展を行うので、関西地方の人も楽しみだ。

えっ、またダイハツが市販化含みを見せちゃうの?TAFT コンセプト「TAFT コンセプト」は、「Tough& Almighty Fun Tool」の頭文字だそう。なるほど。2020年央の発売に向けて開発を進めている、軽クロスオーバーのコンセプトモデルだ。日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバーとして、開放感あふれるガラスルーフや、フラットで使い勝手の良い荷室空間といった、毎日を楽しくしてくれるアイテムを多く採用した、遊び心いっぱいの一台だ。このコンセプトモデルに関しては、全長✕全幅✕全高が3395mm×1475mm×1630mm、タイヤサイズ165/65R 15 、 660ccターボエンジン、トランスミッションはCVT、駆動方式2WDとなっている。 さらにブースでは、カスタマイズの楽しさをより身近に感じていただける仕掛けとして、漫画家の田中むねよし氏を迎え、「TAFT コンセプト」を題材に、顧客と田中氏がコミュニケーションをしながら、その場でイラストを描く「ライブ・ドローイングショー」を実施する。また、ダイハツの社名の由来である「発」動機にちなんで、「エンジン組立チャレンジ」コンテンツを用意。ダイハツエンジニアのサポートによる本物のエンジンパーツを用いた組立体験もできる。

タント カスタム Premium Ver.

タント CROSS FIELD Ver.

ロッキー Sporty Style

コペン GR SPORT カスタマイズ Ver.

ほかにも、ロッキーや、軽オープンスポーツカー「コペン GR SPORT」、軽乗用車「タント」をベースとしたコンセプトカー等を出展。さらに軽商用車「ハイゼット トラック」では、アウトドア雑誌「ピークス」とコラボレーションするなど、それぞれの持つ世界観を生かしながら、遊び心を刺激するカスタマイズ車両を出展する。ぜひ、足を運んでみよう。

【ダイハツ TAS スペシャルサイト】

https://www.daihatsu.co.jp/learning/event/tokyo_as2020/

ハイゼット トラック 初音ミク マルシェ Ver.

タント カスタム MARVEL スパイダーマン Ver. © 2019 MARVEL

 

ハイゼット トラック PEAKS Ver.

ハイゼット トラック DJ Ver.










注目記事




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/news/19871/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*







マウスコンピューター/G-Tune

subscribe RSS