ダイハツが1.3Lと軽じゃない方のコペンのコンセプトカーをJMS2023で出展

ダイハツが1.3L設定と、軽じゃない方のコペンのコンセプトカーをJMS2023で出展。FRレイアウトとCN燃料の活用を見据えた内燃機関搭載は、海外の人たちにも受けそうだ。

10月28日-11月5日まで一般公開されるジャパンモビリティショー2023で、ダイハツは未来のモビリティ社会における人や暮らしに寄り添う姿をカタチにした5台のコンセプトカーを出展する。

しかも、ダイハツは「スタイリングを優先していない」と明言し、機能性や実際の使い勝手を重視しているにもかかわらず、どれも見事にかわいらしく仕上がっているのだ。

VISION COPEN(ビジョン コペン)

中でも大注目なのが、排気量 1,300ccに設定した、軽じゃないコペン、VISION COPEN(ビジョン コペン)だ。初代コペンを彷彿とさせる普遍的なスタイルと、電動開閉式ルーフ「アクティブトップ」を継承しながら、FRレイアウトとCN燃料の活用を見据えた内燃機関の組み合わせにより、走る楽しさを極めた新たな小型オープンスポーツを提案している。全長×全幅×全高 3,835mm×1,695mm×1,265mm ホイールベース 2,415mmとコンパクトなサイズで、海外の人たちにも大いにウケそうな予感。

me:MO(ミーモ)

me:MO(ミーモ)は、ライフステージに合わせ、スタイルや楽しみ方を変えることができるサステナブルな軽乗用BEVだ。テーマは「クルマと人の関係の再定義」。クルマをつくり方から変え、必要十分な機能で構築・モジュール化した内外装部品の構造により、意匠だけでなく車両形態の変更も可能にしたことで、ライフステージや用途の変化に対応し、長くご利用いただけるサステナブルなクルマを実現した。
全長×全幅×全高 2,955mm×1,475mm×1,590mm ホイールベース 1,985mm

UNIFORM Truck(ユニフォーム トラック)/UNIFORM Cargo(ユニフォーム カーゴ)

UNIFORM Truck(ユニフォーム トラック)、 UNIFORM Cargo(ユニフォーム カーゴ)は、使いやすさなど働くクルマの原点を追求し、多様な働き方や用途に対応する未来の軽商用車。働く人々に実直に寄り添う、働くクルマの原点を極めた一台。移動店舗など活躍の場を広げるBEVならではの外部給電機能や「UNIFORM Truck」に積載する未来の「Nibako」、使いやすく、清掃しやすいフラットで凹凸の少ないキャビンや荷室、着脱可能な内外装パーツの採用により、多様な働き方に加え、多彩なプライベートシーンにも対応。ぜひ、このトラックでテディベアを売ってほしい。
(トラック)全長×全幅×全高 3,395mm×1,475mm×1,885mm ホイールベース 1,900mm
(カーゴ) 全長×全幅×全高 3,395mm×1,475mm×1,920mm ホイールベース 2,450mm

OSANPO(オサンポ)

OSANPO(オサンポ)はオープンエアの心地よさを散歩に出かけるような手軽さで楽しめ、日常にスローな価値を生み出す軽乗用BEV。コンパクトなオープンカーならではの、ゆったりとした楽しさを。BEVの特性である圧倒的な静粛性に加え、少し高めの車高がもたらす開放感で 自然の中をお散歩気分で歩いていけるような、ゆったりとした楽しさを提案している。これは、トップギアが全面賛成するヤツだ。
全長×全幅×全高 3,395mm×1,475mm×1,330mm ホイールベース 2,440mm

UKのトップギアからもお願いだ。とにかく、全部作ってくれ、ダイハツさん!

軽じゃない仕様もあったダイハツ コペンが20年経っても生産中止どころか特別仕様車1,000台が即完売

【TAS 2023】ダイハツ:「夢ふくらむ、はじけるダイハツ」…ホントにはじけちゃってるのよ

ディフェンダーみたいなダイハツ タフト、UKでも欲しいなあ





=海外の反応=
「コペンはもともと軽自動車ではなかったっけ?なんで大きくなったんだろ?」
「他のどのメーカーも、負担の大きい道路インフラの損失を埋めるためか、より大型の車両を製造しているのに、ダイハツはエラい」
「コペンのためにJMSに行きたいほど。他は見えてない!」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/10/64238/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ