ダイハツで側面衝突試験の認証申請における不正行為が内部通報によって明らかに


コーポレートガバナンスに重要な内部通報

ダイハツで開発を行った海外市場向け車両(4車種)の側面衝突試験の認証申請における不正行為を確認し、代表取締役社長の奥平総一郎氏による会見を開いた。

対象車両は下記の通り4車種となる。
トヨタ ヤリスエイティブ76,289台…2022年8月からタイにて生産開始。タイ、GCC、メキシコなど
プロドゥア アジア11,834台…2023年3月からマレーシアにて生産開始。マレーシア
トヨタ アギヤ…2023年6月からインドネシアにて生産予定。エクアドル
開発中の車種

トヨタ自動車株式会社(以下トヨタ)とダイハツ間のOEM供給契約・共同開発契約にもとづき、ダイハツが開発から必要な各種認証試験合格までを実施している。そのうえで、トヨタとして、当局に車両型式の認可の申請をし、必要な認可を受けた後、トヨタブランドで販売しているものだ。

2023年4月に内部通報のあった不正について、以下の調査を行ったところ、通報通りの不正行為が あったことを確認した。
(1)不正を行った疑いのある担当部署および関連部署へのヒヤリング調査
(2)車両の現物調査
(3)設計変更履歴や開発過程の試験結果等の開発経緯

以下の車両の側面衝突試験において、認証する車両の前席ドア内張り部品の内部に不正な加工を行っており、法規に定められた側面衝突試験の手順・方法に違反があったことを確認した。

不正行為の事実が判明後、速やかに審査機関・認証当局に報告・相談の上、トヨタと協議し、認可対象国における出荷を停止した。なお、審査機関・認証当局に報告・相談する中で、正規部品を用いた社内再試験において、側面衝突試験で定められた基準を満足していることを確認し、報告している。
今後、審査機関・認証当局の立ち合いのもとでの再試験などを行い、側面衝突性能が法規に適合していることが確認されれば、出荷を再開する。

出荷停止する車両について、審査機関・認証当局の指導を受けながら、出荷を再開できるよう努めていく。現時点では、当該車種をご使用のお客様に、ご使用の継続にあたり、何らかのご対応をいただく必要はない。

これまで調査を行ってきた内部調査委員会に加え、独立した第3者委員会を設置した体制で、本件内容の解明および真因分析、これに基づく再発防止策を取りまとめていく。
第3者委員会からの報告後、再度お知らせする。

生産国は海外だが、開発と認証試験は日本で行われていた、今回の車種。会見の中で奥平氏は、担当者が衝突試験を一度で通したいという過度なプレッシャーを感じていたのではないかと推測していた。過去に遡ってヒアリングを行うなど再三確認を行っていたので、公表まで時間がかかってしまったということだったが、内部通報機能は有効に働いていたと評価。まずしっかりとした調査および原因究明に全力を尽くしたいと、経営責任への意思を表明した。




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/04/59134/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ