プロジェクト ミッドナイト:スバル モータースポーツ USAが679bhpのインプレッサをサーキット仕様に改造したスペシャルカー

これが「プロジェクト ミッドナイト」だ: スバル モータースポーツ USAが679bhpのインプレッサをサーキット仕様に改造したスペシャルカーで、レッドラインは9,500rpm、車重はわずか1.1トン。 速いに決まってる。


ここ英国では、チューンナップされたスービー(スバル車の愛称)を知らない人はいない。しかし池(太平洋)の向こうの米国では、スバルが公式にまったくの別物を作り上げた。「プロジェクト ミッドナイト(Project Midnight)」と名付けられたこのクルマは、故ケン ブロックのスペシャルモデル、エアスレイヤー(Airslayer)の灰から生まれた679馬力、1.1トンのフーリガンだ。

もともとはルーズな路面コンディションで可能な限り速く走ることに主眼が置かれていたが、スバルはこのプラットフォームがターマック(舗装路)だけのコンペティションでどれだけ速く走れるかを試してみたくなり、これを開発した。

2.0リッター、水平対向4気筒ボクサーユニットの最高回転数は9,500rpmで、出力とほぼ同じトルクを発生する。カーボンファイバー化されたボディ、強化されたシャシー、ばかばかしいほど特大のリアウイングと相まって、プロジェクト ミッドナイトがどこで戦うかはまだわからないが、どこであろうとそこそこ速いはずだ。

スバルのワークスドライバーであるスコット スピードは、「スバル モータースポーツUSAとバーモント スポーツカーのチームは、絶対的な野獣を世に送り出しました」と語った。「このクルマを走らせると、明らかにラリークロスがルーツであることがわかるが、ワイドなタイヤ、トラック、ジオメトリーが、独特のフィーリングと信じられないほどのグリップを与えてくれるんです」

さらに、ボンネットから炎を吹き出すという。叔父さんのWRXに恥をかかせたいなら、スカンクワークスプロジェクトのパーティートリックとしてはいいんじゃない?

よくある質問/Q&A
Q1: プロジェクト ミッドナイトとは何ですか?
A1: プロジェクト ミッドナイトは、スバルが米国で開発した679馬力、1.1トンの高性能車です。故ケン ブロックのスペシャルモデル、エアスレイヤーをベースに作られました。

Q2: プロジェクト ミッドナイトの主な特徴は何ですか?
A2: 主な特徴は以下の通りです:
- 2.0リッター水平対向4気筒ボクサーエンジン(最高回転数9,500rpm)
- カーボンファイバー製ボディ
- 強化されたシャシー
- 大型リアウイング
- ボンネットから炎を吹き出す機能

Q3: このクルマの開発目的は何ですか?
A3: もともとルーズな路面で速く走ることを目的としていましたが、舗装路(ターマック)専用のレース向けにどれだけ速く走れるかを試すために開発されました。

Q4: プロジェクト ミッドナイトはどこで競争する予定ですか?
A4: 具体的な競技場所はまだ発表されていませんが、開発者たちは様々な場所で高いパフォーマンスを発揮すると期待しています。

Q5: スバルのワークスドライバー、スコット スピードはこのクルマについてどのようなコメントをしていますか?
A5: スピード氏は、このクルマを「絶対的な野獣」と表現し、ラリークロスのルーツを持ちながらも、ワイドなタイヤやジオメトリーにより独特のフィーリングと高いグリップ力を持つと評価しています。

Q6: プロジェクト ミッドナイトは一般向けに販売されますか?
A6: この情報は原稿には含まれていませんが、スカンクワークスプロジェクトと呼ばれていることから、一般販売の予定はなく、実験的なプロジェクトである可能性が高いです。

Q7: ボンネットから炎を吹き出す機能は何のためですか?
A7: この機能は主に見た目のためのパフォーマンス要素で、「パーティートリック」と表現されています。実用的な目的というよりは、クルマの個性やショー的な要素を強調するためのものと考えられます。
ブガッティ ボリード/ケータハム プロジェクトVの真実/日本のDAMD/プリウス:トップギア・ジャパン 061






=海外の反応=
「このマシンは十分に威嚇的に見えるし、いいパフォーマンスを約束してくれるだろう。スコット スピードとトラビス パストラーナの手にかかれば、グッドウッドでのレースに期待」
「2025年にパイクスピーク?」
「ミッドシップなの?後ろのドアの横のデカいエアスクープ見たらそう見えるよな、俺もちょっと混乱してるわ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/07/71616/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ