より速いポルシェ タイカン ターボって、誰もが必要としていたEV?

より速いポルシェ タイカン ターボって、誰もが必要としていたEV?1,100馬力超のファミリーサルーンのおかげで、取材記者は食べたランチが逆流するところだった。

私はこの仕事に就いたおかげで、幸運にも多くの速いクルマを運転することができた。しかし、たった一度だけアクセルを離したことがある。走路(あるいは才能)がなくなったからではなく、単に気分が悪くなったからだ。胃がむかむかするような吐き気がしたのだ。それは2020年の夏、ウェールズ西海岸にある素晴らしいアングルシートラックでのことだった。車はポルシェ タイカン ターボ S。

その前にも、速いEVに乗ったことはあった。テスラ モデル SのP100Dは、ドラッグレースで日産 GT-Rを翻弄したこともある。しかし、ポルシェの冷酷で汗を感じさせない落ち着き払った走りは、私のギャグの反射を刺激した。

そのあと、私はブガッティ シロン スーパースポーツでローンチコントロールを体感している。ルーシッドのエア サファイア(1,234bhp)を静止状態から時速130マイル(209km/h)まで一瞬で加速させたこともある。BMW XMを実車で見たこともあるし。しかし、テイカンほど私の消化器系を強く巻き戻したクルマはない。

そして今、より速いものが登場した。なぜかって?

ヘンリー フォードの古い言葉に似ていると思う:「もし私が人々に何が欲しいかと尋ねたら、彼らは"より速い馬を"と答えただろう」その意味では、ターボ GTはより速い馬だ。より優れたブレーキ、より賢いサスペンション、より強力なパワー(ヴァイザッハ パッケージを選択した場合はより軽量)を備えたタイカンであり0-100km/hを2.3秒以下で駆け抜けるファミリーサルーンカーだ。何度でも繰り返す。バッテリーやモーターよりも先に、人間がギブアップする。

そしてそれは私を感動させるクルマのはずだ。ポルシェのエンジニアたちを褒め称えるべきである。結局のところ、私は速い車が好きなのだから。SR-71 ブラックバード、ユニオンパシフィックのビッグボーイ機関車、スペースシャトルのような、とんでもないエンジニアリングが好きなのだ。英雄的なまでにぶっ飛んだマシンを作ることほど、人間の最高の部分を引き出すものはない。

ではなぜ、ラグナセカでタイカン ターボ GTがオールエレクトリック部門のラップの記録を塗り替えたのを目の当たりにしても、私はそこまで興奮しなかったのだろう?それは、私の原始人の脳みそには、なぜ速いのかを説明するような「新しさ」が、このクルマの表面にはほとんど見つからないからだろう。

GT3 RSに近づくと、私の小学生のような目は、セミスリックタイヤ、抉り取られたドア、広大なエアロパッケージなどを読み取り、それらの要素がこのクルマがサーキットで驚異的なパフォーマンスを発揮するのに役立っていることを計算する。しかしターボ GTは、他のスーパーEVと同様、一見すると普通の車に見えるが、実際には非常に高性能であるQカーである。ウイングとバッジを付けなければ、ジャガー XJ220の2倍のパワーを持つとは誰も想像できないだろう。

さらに、通常の注意事項がすべて適用される。余分な速さはどこで使うのか?ターボ Sバージョンより1.1秒短い0-200km/hのスピードにどれだけの頻度で評価するのか?

「究極」のクルマには常に市場がある。メルセデスでV8が速くなってもV12のSクラスのAMGを生産し続けたのはそのためだ。多ければ多いほどいいのだ。テスラ、ルーシッド、そしてハマーでさえ、1,000馬力以上の電気自動車に対する需要があることを証明しているのだから、ポルシェはその条件に乗らなければならない。結局のところ、立ち止まっていては取り残されてしまうのだ。

タイカンはそれでいいのかもしれない。結局のところ、ポルシェが電気自動車に参入したのはこれが初めてだ。それも成功したもので、圧倒的なスピードが豊富な通貨となる市場で競争している。

しかし来年には、クラスをリードするスポーツカー、ボクスターとケイマンの電気自動車が登場する。そして私にとっては、無意識のうちに朝食を食べすぎたドライバーが後悔するまでスピードを追加するだけでは、クルマの魅力として十分とは言えないのだ。

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「これにより、現行型タイカンは世界記録的なスピードで減価していくことになる」
↑「EVは現時点でiPhoneのようなもの」
「ローンチコントロールが必要」
↑「重すぎるから?」
「ポルシェのハンドリングがきちんと開発されるのであれば、これは良いことだと思う」
「ほとんどの人が保険に入れなくなる」
「これほど早く減価償却するものはない」
「なぜ人々はガソリンをがぶ飲みするSUVを必要とするのだろうか。通学や通勤にはもっと楽しくて賢明な車があるのに。そしてなぜ、そのような車が象徴する狂気と気候変動の無視を訴えないのだろうか?」
↑「自動車ベースのインフラでは気候変動を解決できない。そのためには、より良い公共交通機関への投資を増やす必要がある。

個人的な行動では集団的な問題を解決できない。これが、電気自動車が気候変動防止に失敗する理由だ」
↑「そうだが、電気自動車が普及したら、政府は電気を作る発電所を近代化すればいい。気候変動問題を個人から引き離し、政府の手に委ねるのは間違いない。アメリカにいるのでなければ、その方がいい。その場合は何も変わらない」
「1100馬力のサルーンが必要な家族とは?」
「どうなんだろう?このセットアップでエステートバージョンをやってくれることを願うよ。その方がずっと賢明だ!」
↑「電気自動車では 300から500馬力に行くには、他のものよりわずかに大きい電気モーターを入れるだけの問題だ。余分なコストはほとんどない。なぜそうしないのか。その2倍のパワーを得るには、2基のモーターを搭載すればいい。コストも労力もほとんどかからない。
従来の内燃機関自動車では、公道走行可能な1100馬力を達成するためには、ハイテク、宇宙時代、超ハイパーカー的な素材を考え出さなければならない。電気自動車なら、それはとても簡単なことなのだ」
「数カ月後には中古で6万ポンド(1,100万円)にしかならないだろう」
「1099馬力では物足りない家族って…」
「願わくば、このクルマを作ることで得た知識を、より実用的なレベルで他の製品に反映させてほしい。このクルマは数百台売れるだろうが、そのうち10台ほどが実際に運転されることになるだろう。しかし、エンジニアたちはこのクルマから得たデータを次のケイマンやマカンをより良いものにするために使うだろう」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/03/68403/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ