投資家が電気自動車に冷ややかな視線を送っている ボルボがポールスターへの出資打ち切りで株価上昇

オピニオン:投資家が電気自動車に冷ややかな視線を送っている。ボルボはポールスターへの出資を打ち切ると発表したが、これにはもっと大きな背景がある。

世界の投資家が電気自動車製造に冷ややかな目を向けはじめ、慎重になっている。先週、ボルボはポールスターへの出資を打ち切ると発表し、ボルボ株はこのニュースで急上昇した。その数日前、ルノーはEV開発・製造部門であるアンペアの株式公開を見送ると発表した。評価額が期待を下回る見込みだったからだ。フォルクスワーゲンもバッテリー製造部門の株式公開を延期した。テスラ株は今年、企業価値の30%を失った。

では何が起こっているのか?ケースはそれぞれ異なるが、概して世界の株式市場は、EVの成長が期待よりも鈍いことに怯えている。そして、市場は短期的な利益に執着し、手っ取り早く儲けようとするものだ。少なくともICE車しかなかった時代には、常にそうだった。

しかし、投資家は政治的な出来事にも反応する。ドナルド トランプが来年ホワイトハウスに就任すれば、彼の最初のターゲットのひとつは、ジョー バイデンの下で導入された一連の炭素削減法案となる。その結果、EVの成長は停滞するだろう。

中国では逆の状況が続いており、政府の支援により中国のEVメーカーが自国市場を独占している。それにより、EVは低価格で大量にヨーロッパに供給されているのだ。そのため、欧州メーカーとその株主は怯えている。彼らは、自分たちでコストを下げられるようになるまで貿易障壁を設けるようEUに訴えている。

経済学は役に立たない。世界的な高金利は、すべての自動車販売にとって大きな障壁となっている。しかし、EVは一般的に純ガソリン車よりも価格が高いため、月々の返済額には特に敏感になってしまう。

政府が補助金を出せば、販売は好調になり、販売台数が多ければ製造コストも下がり、価格も下がる。つまり価格が、それらの補助金が販売に必要なくなるまで低下させることを意味する。しかし、これは世界中の多くの地域で断片的にしか起こっていない。

このような背景から、ニュースになっている自動車メーカーはそれぞれ異なる問題を抱えている。

ポールスターは、次期モデルの発表が相次いでいるにもかかわらず、これまでの量産モデルである2を実際に販売するにあたっては、特に中国で苦戦を強いられている。競争が激しいため、ポールスターは台数ではなく利益を追い求めていると主張している。自動車販売に悩むメーカーがよく言うセリフだ。

だからボルボはポールスターへの資金投入を止めるが、技術協力は続ける。ポールスターは2022年に株式を公開したが(ボルボは48%を保有)、株価はひどく下落した。吉利汽車(ジーリー)はボルボとポールスターの両社に大きな出資をしており、今後も両社を支援していくという。一方、ボルボによると、自社のEVマージンは13%とますます健全化しているという。ポールスターの利益率は2%だ。

テスラは、高価で製造が難しいサイバートラックの販売台数を予測することを拒否しており、イーロン マスクも新しい小型車が登場するまでは新たな成長段階にはないと予測している。しかし、それがいつになるかは明言せず、2025年後半という以前の予測は楽観的だったとだけ付け加えた。彼は、「非常に先々まで進んでいる」と語ったが、明らかにやるべきことがたくさんある。「自動車の設計だけでなく、製造システムの設計にも多大な影響を及ぼすことになるでしょう」

一方、テスラが始めた価格競争は、モデル 3やモデル Yの販売をあまり伸ばしていないようだ。

株式市場がルノーの電気プラットフォーム開発・製造部門であるアンペアをあまり評価していないのも当然かもしれない。ルノーは、会社全体は株式公開がもたらすであろう現金を必要としないほど健全だと主張し、株式公開を取りやめた。EVを低コストで製造するコツは、今年末までに新型5ができるかどうかを明らかにすることだ。

それは、投資家が再び投資する前に、すべてのEVメーカーが成功させなければならないトリックのひとつだ。

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「下記で指摘されているように、唯一の市場は税金逃れをしたい社用車ユーザーである。この市場は現在かなり飽和しており、リース会社が中古EVの減価償却があまり良くないことに気づき、また、社用車所有者の会社が増え続ける保険料に尻込みし始めるため、問題はさらに大きくなるだろう。その上、グリーン/ナッツ・ゼロ・イニシアチブはすべて、電気料金の大幅な上昇と世界的な高金利の原因となっている(そのかなりの部分)。
一方、競争相手である中国は、いまだに安価で信頼性の高い石炭を使用しているため、EVやその他すべてのグリーン要件(タービンやソーラーパネル)をはるかに許容可能なコストで建設することができる。バッテリーやモーターの材料は言うまでもない。関税を導入することは、直接的または間接的に、誰もがより多くの費用を支払うことを意味する。
つまり、EVの移行/実験全体はうまくいけば絶望的であり、それに適したニッチ市場でサービスを提供する運命にある。
駐車場がマイノリティのEVドライバーのために確保され、定期的に充電されるようになるのではなく、すべての人に開放され続けるという好影響が期待されるが、マイノリティに迎合するのは醒めたリベラルのやり方だ」
↑「中国は、新しい原子炉が建設されるまでの一時しのぎとして石炭をうまく使っている。安いからとか、信頼できるからではなく、増加する電力需要を満たすために利用できるからだ。今、すぐに」
↑「ドイツが原子力を捨てなければよかったのに。今のような状況にはならなかっただろう。代替エネルギーの準備が整う前に、安定した電力供給を失うことを想像してみてほしい」
「僕はドイツにいるけど、ドイツの人々は、特にテスラに関しては、売るのが簡単ではないことに気づいている。期待された残存価値よりもはるかに安く手放しているのが現状だ」
↑「テスラの売上が伸びないのは、少なくともここイギリスでは、大半が社用車用だからだ。その領域は今や飽和状態にあり、残りの領域は奇妙な社用車ユーザーがテスラに乗り換えることで点滴のように供給されている。テスラを所有している人で、税金節約のために手に入れた社用車でない人を私は知らない」
↑「契約期間が終わると、きちんと開発されたEVの選択肢があることに気づき、くだらない屁の音が出る装置なんかよりもさらなる快適性や実用性に惹かれるんだよ」
↑「また、かなりの数の人々がマスクに反感を抱いており、テスラと関わりを持とうとしないという事実もある。私は純粋に、彼と彼の最近の右翼的な陰謀を広めるイメージを軽蔑しているため、排除したいモデルSのテスラを持っている2人を知っている。
注:あなたは反対かもしれないし、彼を愛しているかもしれないが、彼が非常に偏向的で多くの人に嫌われているのは事実だ)」
「TGでこういう分析的なものをもっと読みたい」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/02/66888/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ