英国で、中国製EVが兵器として使用される可能性があるとの警告があったけど、ホントかな?

中国の電気自動車は英国にとって本当に脅威なのか?中国製EVが兵器として使用される可能性があるとの警告があったけど、ホントかな?

故障した電気自動車は、いつ単なる故障した電気自動車でなくなるのか?それは地政学的戦争の強力な武器になるときだ!…って、なんか怖いんですけど。

自動車産業協会会長のジム セイカー教授によれば、彼は最近、中国製のEVが北京によって英国経済を不安定化させるために利用される可能性があるという厳しい警告を発した。セイカー教授は、何十万台もの中国製EVにスパイウェアが仕込まれており、中国の役人が遠隔操作でEVを動かなくさせ、イギリスの道路を麻痺させる可能性があると警告したのである。彼は中国製のEVを潜在的な「トロイの木馬」と表現した。ひえー、非常に恐いイメージ。…だが、血に飢えたギリシャ兵ではなく、混乱した年金生活者でいっぱいのトロイの木馬だってことを忘れちゃいけない。

他の業界関係者は、セイカー氏の警告を「ヒステリック」だと一蹴した。そんなこと言い始めたら、中国製EVだけでなく、遠隔操作で走行不能にされる可能性がある現代の自動車はほとんどすべてそうだと指摘している。だが、これは、イギリス国民が求めていた安心感ではないかもしれない。

確かに、ボンドの悪役計画としては、平凡な部類に入る。(私がこのボタンを押せば、ボンド、地獄が解き放たれる!」「ブロフェルド、お前は怪物だ。これは何をするんだ?地球の重力がひっくり返るのか?「もっと悪いぞ、ボンド!中型の電気ハッチバックが緩やかに減速して停止するんだ!」)

しかし、もし本当に中国製EVが大量破壊兵器の可能性があるのなら、これはいくつかの重大な問題を提起することになる。運転手として、自分が体験しているのが小さなドライブトレインの異常なのか、それとも第3次世界大戦の始まりなのか、どうやって判断するのだろうか?(停電だ!習近平が合図を出した!緊急食糧袋を出せ、戦争だ!…ごめん、待って、撃ち方止め、自分でニュートラルに戻しただけだった。

そして、もし我が国の肩が本当に国際紛争の新たな舞台となるのであれば、RAC(Royal Automobile Club)やAA(Automobile Association)、その他に思いを馳せてほしい。これまで、彼らは単なる道路脇の回収サービスだった。今や、彼らは世界規模の戦争における第一防衛ラインとなりうるのだ。特殊部隊のSASやMI6がいつもと違った警告を発したときに、本当に心配し始める必要がある。

もしかしたら、私たちが知っていた歴史はすべて間違っていたのかもしれない。70年代のブリティッシュ レイランドのひどく信頼性の低い製品は、粗悪な製造や怠惰な管理の副産物ではなく、共産主義との戦いにおける狡猾な武器だったという可能性はないだろうか?

もし本当に、中国がわが国経済を不安定化させるための壮大な計画だとしたら…彼らは最近イギリス南東部を訪れたのだろうか?とんでもない外国人工作員が「高速道路の大渋滞」と書かれたボタンを押したら、誰も気づかないだろうか?中国よ、道路の渋滞を引き起こすために、遠隔地からEVを停止させる必要なんて、ない。だって、イギリス国民は、自分たちで渋滞を作り出すことができるのだから。

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058




=海外の反応=
「英国の交通全体を完全に麻痺させるのに必要なのは、わずか1mmの雪だけだ」
「脅威って誰に?何十年も私たちを騙し続けてきた伝統的な自動車メーカーにとって?はい、はい、それだけだ。ただし、消費者にとっては素晴らしいことだ。これが素晴らしい風刺だったらいいのだが」
「この記事をクリックして、中国製EVのこの潜在的に危険な側面について読みたかったんだ。間違い 😂」
「中国が英国の車を無効にする段階に来ているなら、私たちの車がM4で止まるかどうかよりも心配すべき大きな問題があると思うんだけど」
「パンデミックの後、国々は中国に依存しないようにしたいと述べた。しかし、それ以来、バス、地下鉄、車、バン、トラックなど、すべてが中国製になっている。さらに、CCTVシステムが必要な多くの場所は、ほとんどの場合、セキュアではないことで知られている中国企業から。これは安いからという理由にほかならない」
「アメリカの億万長者がおそらく中国人がやりかねないよりもはるかに多くの混乱を引き起こしている - 少なくとも自動車部門自体には。そして、自宅の近くで起こっているディーゼルゲートを見て - それは単なる別の形態のソフトウェアによる操作ではなかった?外国の国が私たちを利用できるなら、無能な政府のせいにするべき。なぜなら彼らの主な役割は私たちを安全に保つことだから」
「赤い国でEVを買わなくさせれば、40年前の車がすべてのガレージにあるキューバに変わる。なんて素晴らしい陰謀論だろう」
「中国の車が英国やEUに持つ最大の脅威は、彼らの自動車産業に対するものだ。3つの中国企業はすでに良質な車を作っており、それらはさらに望ましいものもある。現在、中国車を買わない主な理由は、馴染みのないブランドと価値の低下への恐れだ。しかし、Hyundaiグループのように、変わりつつある。ゆっくりとではあるけれど」
「本当に?教授なの?」
「それは思われるほど遠い世界のことではない。ポーランドでは、サービスのために停止するはずの電車が停止しなくなるという大問題が発生しているんだから。サービスされていない時間に。列車メーカーは自社のサービス市場を独占しようとしていたが、様々な運行会社が他でサービス契約を結んでいた。

しかし、運行会社が何が起こっているか把握し、ハッカーを雇って列車を動かし、事件が始まった。だから、理論的には、リモートですべてのEVや他の車を無効にすることはできるけれど、信じてほしい、高校生の一団でも車を数分で再稼働させることができる。

私は中国製EVからの騒音汚染を心配している。彼らのドライバーアシストなどは、常にブザー音を発するけれど、中心部のロンドンでこれらの車で渋滞が起こった場合、すべての車から出る音が合わさって、一般市民に実際の害をもたらすのではないかと心配している」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/12/65835/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ