2.9億円のバトゥールにインスパイアされたドゥカティ・ディアベル・フォー・ベントレー


ドゥカティ・ディアベル・フォー・ベントレーは、バトゥールにインスパイアされたカーボンクラッドバイク。ベントレーのためのディアベルは500台、マリナーの顧客にはさらに50台のカスタマイズが用意される。

ウィリー ネルソンとスヌープ ドッグは、21世紀で最も珍しいコラボレーションだと思った?さて、このドゥカティとベントレーのタイアップは、そのタイトルに挑戦できるかもしれない。

その名もドゥカティ・ディアベル・フォー・ベントレー。ドゥカティのディアベルV4をベースに、ベントレーのバトゥールにインスパイアされた限定バイクだ。なんとも、興味深い。

もちろん、両ブランドはフォルクスワーゲングループのプログレッシブ・ブランド・グループの一員であり、アウディやランボルギーニもそこに含まれているが、それでも我々が予期していた提携ではない。

ドゥカティ・ディアベル・フォー・ベントレーは500台限定のシリアルナンバー入りシリーズだ。カーボンファイバー製ボディワークとダイヤモンドカットの鍛造ホイール、いずれもW12エンジンを搭載したバトゥールのそれを模倣したものだ。

サイドのエアインテークは、バトゥールの最も特徴的な要素のひとつであるツートンカラーのフロントグリルを反映している。三角形のリア・エクストラクターは、バトゥールの同様の部品を参考にしているという。さらに、ベントレーはフロントマッドガード、フェアリング、タンクの上面図はすべてバトゥールのボンネットにリンクしているとまで言っている。どなたか、それを理解するのに苦労している方はいらっしゃいません?

とにかく、新しいボディワークのほとんどはカーボンファイバー製だし、シートはアルカンターラで覆われ、塗装はスカラベ・グリーンと呼ばれるベントレー・マリナー・カラーである。

ディアベル・フォー・ベントレーは、500台すべてがこのカラーで塗装されるが、もう少しパーソナライズしたい人のために、さらに50台が「ドゥカティ・ディアベル・フォー・ベントレー・マリナー」として販売される。そのうちの1台を購入すれば、特別なカラーとトリムでディアベルを構成するオプションが得られる。唯一の問題は?特別なマリナーバイクはベントレーの顧客しか購入できないため、ベントレーも同時に購入しなければならないってこと。

興味深いことに、ベントレーもドゥカティも168bhpのバイクの価格を明らかにしていないが、決して安くはないだろう。標準的なディアベルV4はすでに23,000ポンド(420万円)以上する。それでも、160万ポンド(2.9億円/税引き前)のバトゥールよりは安いだろう…。
エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058





=海外の反応=
「これは予想外だったが、気に入らないな。ディアベル×シアンというイタリアの伝説的な2社のコラボだったら理解できるが、これはドゥカティとベントレーが同じ企業グループであったとしてもまったく意味がない」
↑「500台限定というのは良いニュース。少なくとも、美しい田舎道でこのような目障りな車に出くわすことはないだろうから」
「こんなドゥカティのバイクは、ベントレーのバトゥールよりも数が多いだろう。奇妙な選択だ」
「私はこれのポイントがわからない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/12/65576/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ