チューリッヒのベントレー正規販売店の100周年を祝して作られたスレートブルーメタリックのベントレーマリナー100周年アニバーサリーコレクション

チューリッヒのベントレー正規販売店の100周年を祝して作られたベントレーマリナー100周年アニバーサリーコレクション。スレートブルーメタリックのベンテイガ S、フライング スパー スピード、コンチネンタル GT、GTC スピードをベースとした豪華4モデルをラインナップした。

ベントレー 東京があれば、ベントレー チューリッヒもあるわな、そりゃ。ベントレーモーターズは、チューリッヒの販売パートナーであるシュモール社(Schmohl AG)の100周年を、4台のラグジュアリーカーで祝う。100周年記念コレクションは、ラグジュアリーSUVのベンテイガ S、4ドアセダンのフライングスパー スピード、グランドツアラーのコンチネンタル GTとGTCスピードの4台のベントレーモデルをベースにしたユニークなスタイルだ。

どのモデルも、ベントレーのパーソナライゼーションおよびビスポーク部門であるマリナーによって、英国クルーで手作業により製作されている。100周年アニバーサリーコレクションのために、マリナーは新しいスレートブルーメタリックのエクステリアペイントと、それにマッチするスレートブルーメタリックのスタイリング仕様を開発し、パーソナライズされた「100」のウェルカムランプを装備した。フライングスパー スピード、GT、GTCスピードにはトランクリッドスポイラーも装備されている。100周年アニバーサリーコレクションモデルに乗り降りする際には、パーソナライズされた「100」のウェルカムランプがドライバーと同乗者を出迎える。

100周年アニバーサリーコレクションのキャビンは、コニャックのメインハイドとベルーガのセカンダリーハイドが使用され、ダイヤモンドキルトのコントラストステッチが施されている。また、ダッシュボードとドアはピアノブラックとコッパーストーンの2色仕上げで、ブライトワークにはダイヤモンドローレットが標準仕様となっている。

100周年記念について、ベントレーチューリッヒのゼネラルマネージャー、ロデリック・パイク氏は次のように語っている:
「100周年は重要な節目であり、特別なお祝いです。Schmohl AGが設立された1923年は、ベントレー3 リッターモデルがブランドとして初めてルマン24時間レースに出場し、ファステストラップを記録した年です。新しい100周年アニバーサリーコレクションは、ベントレーとの誇らしいパートナーシップを反映し、私たちの特別な関係を称えるユニークな特徴を備えています」

ベントレーモーターズヨーロッパのリージョナルディレクターであるバラズ・ルーズ氏はこう付け加えている:

「1950年からお付き合いいただいているベントレーチューリッヒと共にこの節目を祝うことができ、大変嬉しく思っています。スイスはベントレーモーターズヨーロッパにとって重要な市場であり、このコレクションは私たちの長年の功績を称え、それをハイライトするものです。同時に、ビヨンド100戦略により、この市場で2024年までに電動化されたモデルレンジを実現することも楽しみにしております」

ロータス エレトレ vs テスラ モデル X/スバル GL ワゴン/タミヤ ワイルドワン MAX:トップギア・ジャパン 057

純正BMW XMだとおとなし過ぎるんで、モディファイしといたわ

ブラバスがロールス・ロイス ゴーストのモディファイに挑戦した結果、690bhpのパワーとカーボンファイバーでゴテゴテに



トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/11/65013/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ