ベントレーのラグジュアリーSUV、ベンテイガに標準車とアズールの間に位置する「A」が登場

ベンテイガシリーズに新しい快適装備を導入。ベンテイガの新しいデリバティブモデル「A」が登場。

ベントレーモーターズは、ラグジュアリーSUVシリーズをこれまで以上に魅力的なものにする数々の新機能の導入を発表した。2020年に登場した2代目ベンテイガは、さらなるパフォーマンスとラグジュアリーバージョンを追加し、これまでで最も成功したラグジュアリーSUVシリーズであり続けている。

エクステリアは、エクステリアカラーの追加、7種類のサテンペイントの追加、3種類の仕上げから選べる21インチホイールの追加など、パーソナライゼーションの幅がさらに広がった。新しいシャシー・テクノロジー、新しいエレクトリックアーキテクチャー、そしてフロント・ラジエーター・グリルの形状変更などの追加装備により、ドライバーとパッセンジャーのエクスペリエンスを最大化している。ベンテイガEWBにオールホイールステアリングを導入したことで、ハンドリングと操縦性が向上するとともに、ターニングサークルが1m近く短縮された。このシステムは現在、ベンテイガ アズールと「S」の両モデルに標準装備されており、その他のモデルではオプションとなっている。

EWBの顧客の2人に1人は、ポスチュラルアジャスト(姿勢調整)とシートオートクライメイトを含むエアラインシート仕様を選択しており、この世界をリードするテクノロジーは現在、すべてのスタンダード・ホイールベースのベンテイガにオプションとして用意されている。

後席の乗員が7段階から希望の温度を選択すると、オートクライメートシートが乗員の温度と路面湿度を25ミリ秒ごとに0.1℃の精度で感知、そして、暖房、換気、またはその両方を同時に行うかどうかをシステムが判断し、乗員を最適な温熱環境に保ってくれる。

一方、ポスチュラルアジャストシステムは、カイロプラクターとの共同開発によるアルゴリズムを用いて、乗員の着座位置とツボを自動的に微調整する。このシステムは、3時間の間に6つの完全に独立した圧力ゾーンにわたって177の個別の圧力変化を最適化することができ、旅を通して快適性を向上させ、疲労を最小限に抑える。時間とともにシート表面の形状を微妙に変化させることで、身体のどの部位も長時間圧力疲労に耐えることがなく、乗員は常に快適な状態を保つことができる。

また、インテリジェント・パーク・アシスト(リモート・パーキングを含む)、3Dサラウンドビュー、エマージェンシー・アシストが搭載され、ドライバー支援機能も強化された。アダプティブ・クルーズ・コントロール、車線逸脱警報、ベントレー・セーフガードもさらに強化された。

これらの新しいドライバーサポートシステムの多くは、ドライバーのインストルメントパネルに表示される。このインストルメントパネルには、3種類の新しい文字盤スタイルと、ベンテイガモデル専用のユニークなスタイルが追加されている。新しいドライバー・インストルメント・パネルには、前方道路のリアルタイム視覚化し、検出された物体を3D描写(インタラクティブなエクステリア・ライトを備えたベンテイガの画像を含む)、また、ドライバー支援機能のステータスも表示される。

コネクティッドカー機能には、リモート・パーク・アシストが追加され、3.5メートル以内の距離であれば、スマートフォンから遠隔操作でエンジンの始動・停止やクルマの操作が可能になった。(市場により導入されない場合もある。)

キャビンの快適性では、エアコンも改良された。新システムでは、粒子状物質センサーを用いて車内外の空気の質を測定。これは中央のインフォテインメントスクリーンに表示され、自動的に「内気循環モード」が作動して車内への汚染物質の侵入を防ぎる。システムは必要に応じて外気モードに戻る。そしてこの新システムは、後席乗員が検知されないと自動的に停止し、後席への気流ノイズとエネルギー使用量を削減する。

地図データを使用することで、システムは車がトンネルに入ろうとしているとき、つまり、より高い汚染が予想される場所を知ることができる。トンネルに入る10秒前にシステムは内気循環モードに切り替わり、車内への汚染物質の侵入を防ぐ仕組みだ。出口では、さらに20秒以内にトンネルに入らない限り、システムは外気モードに戻る。

全モデルに標準装備されているキャビンカーペットも、より持続可能なものとなった。新しいキャビン・カーペットは100%リサイクル・ナイロン製で、従来のカーペットと同レベルの快適性と肌触りを実現している。

キャビンは、ベンテイガ用の最新オーディオ「Bang & Olufsen for Bentley」にとって完璧なサウンドステージとなる。アルミニウムで仕上げられたB&Oスピーカーの象徴的なデザインは、さまざまなサイズと角度の穴が開けられ、独自にデザインされたフィボナッチホールパターンで形作られ、各インテリアのドアパネルにエレガントに表示されている。角度をつけた穴は、最高の音響透過性を実現し、ガラス・パールでブラストされた表面とのコントラストを構築するために、可能な限りタイトに配置されている。

ベンテイガEWBのために新たに設定されたスタイリングスペシフィケーションは、すでに印象的な存在感をさらに増幅させている。大型のリアスポイラーは、横顔のルーフラインを拡大し、高速走行時の空力的安定性を高める。さらに、ハイグロスカーボンファイバー製ドアミラー、ユニークなエクステリアバッジをあしらったサイドシルを装備。両バンパーにはカーボンファイバーが追加され、フロントにはスプリッター、リアにはディフューザーが装着される。

また、エクステリアペイントカラーも新たに8色が追加された。ブルーとグリーンを強烈にブレンドしたトパーズは、ターコイズブルーの宝石のような輝きを放ち、既存の112色に加わる。

標準およびエクステデットパレットに加え、マリナーはサテン・ペイントの新しいプレミアム・シリーズを用意した。ロイヤル・エボニー、ライト・サファイア、オレンジ・フレイム、アルパイン・グリーン、ブリティッシュ・レーシング・グリーン、クリケット・ボール、キャンディ・レッドの7色が追加され、マットな表面仕上げとなっている。

この夏、エレガントでコンテンポラリーな21インチ・マルチスポークホイールも新登場。よりエレガントなデザインのこのホイールは、ラグジュアリー志向のモデルにふさわしく、3種類の仕上げからお選びいただける。複雑なディテールのホイールは、シルバー、ブラックペイント、ブライトマシニング、ポリッシュ仕上げの3種類から選ぶことができる。

ベンテイガ・ファミリーは、顧客の選択を容易にするために、それぞれが異なる強調点を持つ10のモデルラインナップを取り揃えている。フラッグシップのベンテイガEWBマリナーは、シリーズの最上位に位置する。ドライビング・プレジャーに集中したい顧客には、卓越したダイナミック・パフォーマンスとグランド・ツーリング性能を備えたベンテイガ Sをお選びいただける。ウェルビーイングと車内での快適性を優先する方には、アズールシリーズがラグジュアリーなソリューションを提供する。

9月からは、新たにラインアップに加わるシンプルに「A」と名付けられたこの新モデルは、顧客(一部地域)に、標準車とアズールの間のラグジュアリー志向の道を歩む最初の足がかりを提供する。

「A」モデルのエクステリアは、ストレートバンフロントグリル、ブラックロアバンパーグリル、「A」バッジ、21インチブラック&ブライトマシニングホイールによって特徴付けられる。キャビンのインテリアでは、15色のレザーとカラーリングから選択できるカラースペシフィケーションが標準となっている。フロント・シート・コンフォート仕様も標準装備され、マッサージ、シート・ヒーター、ベンチレーション、キャビン全体に施されたコントラスト・ステッチ、ディープ・パイル・オーバーマットが含まれる。そして、クラウンカットウォールナットを標準とし、ダークバーウォールナットとコアを無償オプションとして用意される。

エレクトロニック・オールホイール・ステアリングは、ラグジュアリーSUVとして高い評価を得ているベンテイガEWBに初めて導入された。電子制御式オールホイール・ステアリングは、高速走行時の信頼性と低速走行時の利便性を妥協することなく両立させ、2つの大きなメリットをもたらする。現在、この機能はすべてのベンテイガ・モデルに搭載され、Sとアズールには標準装備、それ以外のモデルにはオプション設定されている。

高速道路での高速走行時には、ドライバーから前輪への直接的なステアリング入力に連動して、システムが後輪の進行方向を微調整する。これにより、高速走行時の安定性が向上し、追い越しや車線変更がより確実になるとともに、急カーブを走行する際のハンドリングが改善される。

低速域では、オール・ホイール・ステアリングはホイールベースを「短く」する効果があり、回転半径を小さくし、狭い市街地での俊敏性を高め、駐車を著しく容易にする。これは、後輪を前輪とは逆方向に操舵することで達成される。後輪が曲がる最大角度は、車の中心線に対して±4.8度で、時速37マイルで低速と高速の操作が切り替わる。このシステムにより、回転半径が約7%(1メートル)小さくなる。

ベンテイガに最新のオーディオ機能をお選びいただいた顧客には、B&Oスピーカーグリルの象徴的なデザインをお楽しみいただける。角度のついた穴は、最高の音響透過性を実現し、ガラスパールブラスト仕上げの表面とのコントラストを構築するために、可能な限りタイトに配置されている。

もう一つのハイライトは、穴のLEDイルミネーションで、システムの電源が入るとドライバーを歓迎する。Bang & Olufsenのロゴがユニークなスピーカーデザインを完成させ、グリル横のレザーにデボス加工されている。

インターフェイスはエクリプスデザインを採用し、デジタルホワイトマーカーを動かすことで4つの異なるスペースを選択できる。これにより、ユーザーは現在の気分に合わせて音楽を調整することができ、選択したサウンドモードを反映したカラーパレットが表示される。また、サラウンドの強さは、BeoSonicディスプレイをピンチするジェスチャーで調整できる。さらに、前席または後席の乗員用にシステム全体を最適化する設定も可能だ。

Bang & Olufsen BeoSonicワンタッチエクスペリエンスは、4つの異なるオーディオ空間を提供します: ブライト、エネルギッシュ、ウォーム、リラックスだ。各スペースのサウンドチューニングは、マルチメディアシステムに統合された使いやすい触感のタッチスクリーンインターフェースを介して、ドライバーの好みに合わせて調整できる。

アズールとAモデルに標準装備される新しいディープパイルオーバーマットは、これまで以上にラグジュアリーだ。100%ピュアウールを使用したディープパイルのウィルトンカーペットは、ベルベットのような極上の肌触りだ。特別に選別されたウールは、その清潔さと色の純度の高さから使用され、使用前に品質基準を満たすかどうかテストされる。カラーは綛染め(かせぞめ)という方法で染められており、染料の品質管理がしやすく、必要に応じて色合わせをすることができる。製造工程では漂白剤を使用しないため、純粋なウールから美しい品質のカーペットが仕上がる。ディープパイルオーバーマットは、標準仕様以外のモデルにもオプションで用意している。

全モデルの標準キャビン・カーペットも、よりサステイナブルになった。新しいキャビン・カーペットは100%リサイクル・ナイロン製となり、従来は100%バージン・ナイロン製だったカーペットの快適性と肌触りはそのままに、より持続可能なものとなった。

ベントレーが誕生90周年を祝った「サイレント・スポーツカー」とは?

ベントレー フライングスパー試乗:現在販売されている中で最も魅力的な4ドア高級サルーン

2.7億円のベントレー バカラルと過ごすめちゃめちゃブリティッシュな週末



トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/09/63952/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ