キャデラックCT5、大型タッチスクリーンと新しいフロントエンドを採用 CT5-VとCT5-V Blackwingは?

キャデラック CT5、大型タッチスクリーンと新フロントエンドを採用。CT5-VとCT5-V Blackwingの改良モデルは後日登場予定。

キャデラック CT5といえば、私たちはCT5-Vブラックウィングに注目しがちだ。しかし、キャデラックは中型セダンの、それほどハードコアではないバージョンを販売しており、先日デトロイトで開催された北米国際自動車ショーでアップデートモデルがデビューしたばかりであることをお忘れなく。

まず目につくのはCT5の新しいフロントエンドで、ヘッドライトとグリルのデザインが変更されている。これは…決して褒められたものではないが、確かに変化はしている。私たちは、フェイスリフト前のバージョンをはるかに好きだ。この新しいシノーズは正直、ちょっと醜い。

しかしその評価は、CT5は巨大な33インチのタッチスクリーンのおかげで、素晴らしいアップグレードを取得しているので、インテリアでは別の話となる。キャデラックのソフトウェアスイートには、便利なGoogleアプリの束だけでなく、ワイヤレスApple CarPlayとAndroid Autoが含まれている。このセダンには、キャデラックの卓越したハンズフリー運転支援技術「スーパークルーズ」をオプションで装着することができる。これは現在販売されているどのモデルよりも優れている。

CT5には、引き続き2.0リッターI4ターボエンジンまたは3.0リッターV6ツインターボを搭載することができる。前者は最高出力240ps、最大トルク350Nm、後者は最高出力340pa、最大トルク549Nmとなる。どちらのエンジンにも10速オートマチックトランスミッションが標準装備され、後輪駆動か全輪駆動かを選択できる。

キャデラックによると、CT5-VとCT5-Vブラックウィングセダンにもいくつかのアップデートが施されるが、それらは後日発表されるとのこと。CT5のフルラインナップは来春発売予定である。

電気自動車のキャデラック エスカレード IQは、ハマーよりも巨大ってホント?

次世代キャデラック エスカレードは電気自動車IQになる

キャデラック、ル・マン24時間レースに復帰 「キャデラックVシリーズ.R」3台が参戦




=海外の反応=
「申し訳ないけど、TG、間違っているよ。キャデラックの特徴である縦長のヘッドライトを備えているからだ(もちろん、ここではさらにデザイン要素が追加されている)。確かに以前のものは格好よかったが、キャデラックには見えなかった。だから、縦型ヘッドライトに戻ったのは嬉しい!」
「驚いたモルモットみたい。気に入った!」
「CT5-VのAWD(非ブラックウィング)は、この伝説的なアルファ2プラットフォームとその快活なターボ6を備えた非常に説得力のある選択肢だろう。しかし、小さなトランクルーム、未知の長期信頼性、そして6万ドルを超える値札が、それを少し謎めいたものにしている。M340i xDriveの方がはるかに小さいが、ラゲッジスペースははるかに広い。素晴らしいアップデートだ」
「第2世代CTS-Vの前オーナーとして、そして第3世代CTS-Vの現オーナーとして、私はいつもCT5-Vブラックウィングと格闘してきた。私はV2が大好きで、走れるときにはハードに走らせ、走るべくして走った。V3へのアップグレードは、ラグジュアリー、スタイリング、パフォーマンスすべてがアップグレードされ、とても楽しいものだった。新しいリグが出ると聞いたときは興奮したよ。Vボディはアグレッシブなスタイルではなく、キャデラックはワイドボディもベントも必要ないと言っいた。新しいモーターを提供しなかった。LT4をブラックウィングと呼ぶことで、同じLT4でありながらインテークが若干良くなり、28psのパワーアップを実現している。私はCAIを装着し、その最小限の進化をカバーするのに十分すぎるほどの追加パワーを得た。唯一の改造は6速と、魅力的ではないが興味深いインテリアのアップグレードだけ。LT5を載せることもできたが、大型SCのためにボンネットやフェンダーを改造して熱を逃がしたり、新しいパワーを冷やすために熱交換器を増やすためにワイドボディにしたりしたくなかった。全体的に、CT5-VはCTS-Vに対してほとんど何の進歩もない、非常にいい加減な解釈だ。私の限定版CTS-Vをカーシューズとして何台かのCT5-Vの隣に停めておいたが、私のはもっと注目されていた......だから私は今、「アップグレード」の時期が来たらM5コンペティションかRS6アバントを買うつもりだ。ちょっとフラストレーションを発散したかったから、長文ごめん」
「ホンダっぽい😞」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/09/63695/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ