テスラ モデル 3が改良で航続距離629kmに…けど、方向指示器のレバーはモデル S同様消滅

テスラ モデル3、外観を改良、航続距離と素材を向上。航続距離は629kmに。しかし、テスラは方向指示器の形式決定で錯乱を起こしたのか?

サプライズだ!何度もインターネット上でリークされ、様々な憶測が飛び交ったテスラ モデル3が、「より洗練され、より快適で、よりプレミアムに」(テスラの言葉であり、我々の言葉ではない)、大幅にアップデートされたことが明らかになった。

まず、外観から。スタイリングは一新され、よりシャープなラインがカエルっぽさを抑え、ヘッドライトとブレーキランプはより洗練されたデザインになっている。

もちろん、これらはすべて空力性能の向上のためであり、最適化されたホイールとタイヤとともに、テスラは風切り音と航続距離の向上を謳っている。ロング レンジAWDの1回の充電での走行距離は、従来の602kmから629kmに伸びた。

新色はウルトラレッドとステルスグレーの2色。上のギャラリーをご覧いただきたい。

モデル3の車内で行われた作業は、間違いなくもっと広範囲に及ぶ: イーロン マスクの会社は、アルミニウムとテキスタイルを使用することで「高度な実行レベル」をもたらすと考えており、(テスラの共通の弱点である)ビルドクオリティに注意を払う必要があることを認めている。

したがって、より高品質の材料から作られた再構成されたセンターコンソールが提供され、より多くの収納スペースがあり、モデル Sのようなダブルワイヤレス充電ベッドが組み込まれている。タッチスクリーンのサイズは従来通り15.4インチだが、ベゼルが薄くなった分、遊べるスペースが増えた。文字通り、素早くアーケードゲームを楽しめる。UIはカスタマイズ可能で、OTAアップデートは自動的に届く。

一方、このクルマにはシートヒーターが装備されている。モデル3のキャビンには初めてアンビエント照明が採用された。また、360度遮音ガラス、改良されたサスペンションブッシュとシール、さらに遮音材により、以前よりも静かになったとテスラは考えている。悪口も聞こえちゃうから、お静かに…。

他には?そうそう、USB-Cポートが3つ(フロント1つ、リア2つ)。後部座席には、空調コントロールとエンターテインメント用の8インチディスプレイが設置される(そう、後部座席ではNetflixが見られる)。また、テスラは独自のサウンドシステムも用意している: ロングレンジモデルには17個のスピーカーとデュアルサブウーファー、アンプが装備され、エントリーレベルのFR車には1個のサブウーファーとアンプ、9個のスピーカーが装備される。音楽ストリーミングのSpotify、Apple Music、Tidalがすべて含まれている。

モデルSやモデルX(注意:この2車種はもう右ハンドル仕様では発売されていない)と同様、モデル3はテスラのスマートシフトシステムにより、走行開始時に前進か後退かを自動選択する。その他にも「テスラ初」の安全システムが多数搭載されている。

さて、部屋の中の象のように、みんな気づいているけど、忖度して言わないことをお知らせしよう: テスラは方向指示器のレバーを歴史の1ページに残すべきオワコンだと判断し(「すっきりと整理された運転体験」のためだそうだ)、方向指示器はステアリング上の触覚ボタンになった。そう、ステアリング操作と一緒に動いてくれるアレだ。理論的にはひどいアイデアに聞こえるが、モデルSプラッドのシステムを試乗したトップギアは、実際、ひどいアイデアであることがわかった…ブブー!ハイ、警告!

最初の新型モデル3は2024年にイギリスとアイルランドに到着する予定だ。テスラはアップグレードされた車は「今すぐ入手可能」だと言っているが、この記事を書いている時点では、コンフィギュレーター上ではまだ旧車のまま。そのため、42,990ポンド(790万円、ロングレンジは8,000ポンド高の936万円、パフォーマンスはさらに7,000ポンド高の1,065万円)のエントリー価格は遅かれ早かれ変更されることになるだろう。ちなみに、日本ではModel 3 RWD (後輪駆動)が 5,613,000 円、Model 3 ロングレンジ AWD (デュアルモーターAWD)が 6,519,000 円だ。購入はもう始まっており、納車は2023年12月から2024年3月を予定している。

発売から6年が経過し、世界中で200万台が製造され、モデル3は英国のベストセラートップ10にしばしばランクインしている。

皆さん、今回のアップデートをどう思う?

【悲報】右ハンドルの英国とアイルランドでテスラ モデル Sとモデル Xは「当面の間」販売されないって

リマック ネヴェーラがニュルブルクリンクのEVラップレコードを20秒更新、テスラとポルシェを撃破する

米国のチューナーがポルシェ911に500hpのテスラのモーターをぶっこむ←異論は認める

テスラ モデルYのパトカーがカリフォルニアの街をパトロールしたら、音もなく逮捕されそう




=海外の反応=
「今、道路にはたくさんのテスラが走っているけど、すごい平凡だし、興味ないわ」
「テスラには、ヨーク型ステアリングでやったように、インジケーターストークというものを見直して、今のやり方からは手を引いてほしい」
「見た目からしてつまらない」
「ドライバーはおそらくウインカーを使わなくなるだろう(他の大型SUVと同じように)」
「私がテスラを買わなかった理由の1つはコントロール方法だった。でも、シュコダのプログラム可能なロータリーコントロールは好きだったな」
「テスラはポルシェとVWに、変更を施したことを誰にも気づかれずに車をアップデートするということがどういうことなのかを示した」
「何とも物足りない」
「なんとも嫌なダサさだよ。「高級感」が全てを物語っている…」
「ホンダみたい」
「出口を知らせるラウンドアバウトがない国で作られたとような、ばかげたインジケーターの決定はさておき、良いニュースは、ついにセンターコンソールをキャビンの唯一のスクリーンにしないことを選択したことだ。
悪いニュースは、横を向かなくても速度を確認できるメータークラスターを与えるどころか、幼児を蹴るのにちょうどいい高さの後部に設置してしまったことだ」
「このような、より静かなドライブ、後部座席のスクリーン、スプリットフロントベンチレーション、そしてできればテスラに行く回数が減ることを意味する、より良いビルドクオリティは、すべて歓迎すべき改善点だ。現在のモデル3の最大の不満はタッチスクリーン上のワイパーコントロールなので、プッシュボタン式インジケーターは逆行するステップだ。走行距離が多い社用車のドライバーにとって、スーパーチャージャーネットワークは他のEVの選択肢が限られている」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/09/63401/trackback

テスラ モデル 3が改良で航続距離629kmに…けど、方向指示器のレバーはモデル S同様消滅」へのコメント

  1. MIXI2023年9月4日 3:11 PM

    夏に開きっぱなしのパノラマルーフは暑すぎる
    ARIYAみたいな電動シェードは必須

  2. じぇけkf2023年9月4日 7:46 PM

    いい、めちゃくちゃいい

  3. とちぎ太郎2023年9月4日 9:05 PM

    新型モデル3を発表したとたん、テスラの株価が下落したとの事。理由は旧型より価格が上昇し中国市場での展開に不安が出ているかららしいが…。
    また一部では、今後発売されるであろうモデル2との差別化のため若干高級化したともいわれているらしい。
    個人的には、今後発売されるモデル2の方が気になるなぁ。

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ