【悲報】右ハンドルの英国とアイルランドでテスラ モデル Sとモデル Xは「当面の間」販売されないって


今のところイギリスにこの2車種の販売予定はない

テスラのモデル Sとモデル Xが英国で購入できるようになってから2年以上が経過したが、今回、トップギアでは、同社に、ここでもアイルランドでも「当面の間」右ハンドルは用意されないことを確認した。あーあ。

この間、人々は左右どちら側のクルマも注文することができた。ただし、納期や価格などの細かいことは、将来のある時点で決着がつくという条件付きであったが。

しかし、今はもう違う。テスラの広報担当者によると、予約・注文者全員にこの知らせが届き、それぞれ3つの選択肢が提示されたそうだ。

モデル 3またはモデル Yの購入に必要な2,000ポンド(33万円)のクレジット(アイルランドでは2,000ユーロ/30万円)を受けて、テスラの既存在庫から左ハンドル車を購入、または注文をキャンセルして全額払い戻しを受けるというものだ。

また、影響を受けているのはイギリスとアイルランドだけではない。オーストラリア(同じ左ハンドル車市場)でも同じような状況であるとの報告を受けている。

北米では、2021年1月にモデルSとモデルXの両方がフェイスリフトされ、新しいトリムラインアップ、性能向上、リフレッシュされたインテリアが導入されたが、これとは話が別だ。その中には、物議を醸した「ヨーク」ステアリングホイールも含まれていたことを忘れてはならない。

しかし、右ハンドルの生産は実現せず、現在では生産されるかどうかについても深刻な疑問が持たれている。

先日、トラックパッケージで試乗した1,020bhpのテスラ モデルS プラッドも、右ハンドルでここにやってくることはないだろうということになる。ブーイング。







=海外の反応=
「いや、むしろ、今すぐイギリスかアイルランドに住みたいくらいだよ。毎日10kmの通勤路で、テスラのものを10台ほど見かけるが、うんざりしてくるんだ」
「EVの販売台数は少ない方が良いんじゃないの?」
「昨年末にタイカンの注文がようやく通ったので、テスラの方はキャンセルした。テスラがまともなタイムスケールで納車していたら、その逆になっていたかもしれない。タイカンを後悔しているわけではなく、見事なものだ。お金を節約できたのは良かったかもしれないし、今のようなダイナミックな車は手に入らないが、モデルSは、購入したら、楽しむことはできたと思う。当分の間、私はポルシェに縛られることになりそう!」
「個人の考えだが、これは、テスラの天才的な才能だ。彼らは、少量生産の大見出しのEVでブランドを構築し、バズるサイクルを開始し、ファンの軍隊を育て、株価を天まで届かせた。他の大手自動車メーカーがそのようなモデルをターゲットにすることは分かっていた。しかし、今やEQSサルーンとSUVは、高価格・少量生産のハローモデルであり、ほとんど誰も買うことができないだろう。テスラは、この市場を縮小し、SとXを捨てるか無視することができる(このニュース記事を参照)。そして、大企業が再び追いつくまでの数年間、大衆向けEVセグメントの収益性の高い端で、ほとんど自由に行動できるのである。競争上の優位性を失うと、すぐに次のステップに進む。
長期的な計画がどうなっているかはわからないが、競合他社の動きを回避することで、当初の幹部やトップマネジメントが数回のメガトン級のボーナスを得て、アルプスのスキーインシャレーに隠居するのに十分な業績を上げている。私は、彼らがそれで落ち着くことを確信している」
↑「彼らを信用しすぎているのではないだろうか。彼らは生産プロセスを合理化することに熱心なだけだと思う。つまり、彼らはすでに非常に限られた選択肢しか持っていないし、ドイツ車メーカーなら、カタログの何ページにもわたって購入できるリストを用意している。特に、可能な限り自動化しようとすると、RHD車用の生産方式を調整するのに多くのコストがかかるはずだ」
↑「このやり方では意味がない。3やYは最も競争の激しいセグメントだ。英国内だけでも、少なくとも6台の良い車が対抗している。フリーランは全くない」
「私は、彼らがフライ・バイ・ワイヤ・ステアリングを備えたさらに新しいアーキテクチャに移行しているか、あるいは今後の不況で追加ツーリングコストを削減しようとしていて、将来的にそれを再導入するのではないかと推測している。そしてまた、イーロンは以前、SとXは彼らのミッションにとって重要ではないと述べている」
「これらの車が最後にイギリスとアイルランドで販売されたとき、その販売台数は限りなく少なく、悩む価値がなかったから、すぐに決定されたんだね」
↑「テスラは高級車だ。大量に売れるとは思っていないだろう。それよりも重要なのは、テスラ自身のモデルレンジが既存のモデルレンジの売上をカニバリゼーションしているということだ。モデルXはあまり売れなかったが、モデル3はモデルSの売上のほとんどを奪っている。そして今、モデルYがモデル3の売上げを奪っている。
テスラの販売台数は素晴らしいが、ここには(少なくとも英国では)近づきつつある明確な天井がある。もし、EVの社用車減税がなければ、販売台数はもっと少なくなっていただろう」
↑「テスラは自動車メーカーというより、テック系企業のように見える。現代のテック系企業は製造の多くを外注することができまるが、テスラは自社で製造しているので奇妙だ。多くの消費者は、ハイテク環境における短期的な製品に10万円くらいなら費やしてもいいと思うけど、それ以上となると、どうかなあ」
↑「テスラの工場は地球上で最も収益性の高い工場である。だが、すべてをアウトソーシングすると、長期的に大きなコストがかかる」
↑「テスラの工場が「地球上で最も儲かっている」というデータはどこにあるのだろうか?今年初めからテスラ車全体で平均7000ドル(95万円)程度の価格下落を反映した数字を見ないとわからないだろう。
テスラがレガシーな自動車メーカーのように確立され、不況、戦争、インフレ、トランスジェンダーなど、確立されたビジネスが管理するすべてのハードルをどのように交渉しているかを見たとき、それを知ることになるだろう」
↑「すでに第1四半期決算に反映され、19.3%の粗利益率を記録している。一方、このビジネスは、コストがかかるビジネスでもある: FSDの設計、チップの設計、スーパーコンピュータの製造、スーパーチャージャーの製造、テスラの太陽電池/エネルギー。同社は、事業に資金を投入しているときでも、まだ資金を調達しているのだ。設備投資の見通しを20億円も上方修正した。つまり、工場そのものがとんでもなく儲かっているわけだ。オースティンやベルリンがまだ規模を拡大していたことは言うまでもないが、テスラは1万台以上のS/Xを船でヨーロッパとその他の国に配送していたのだ。
不況を乗り切るために、200億ドルのバランスシートを持ち、負債がゼロの会社に問題があると思う?イーロンのことをいろいろと呼ぶことはできるけど、彼は自分のビジネスについて滑稽なほど偏執的で、だからこそ競合他社が再び破綻する(GM/フォード)はそのリストの非常に上位に位置している」
↑「あなたは「それでも彼らの工場は地球上で最も利益を上げている」と言う。あなたがここで言うことは、その発言を裏付けるものではない。'23年第1四半期の粗利益率は、前年同期の29.7%から19.3%に減少している。素晴らしい結果とは言い難い。
私は、テスラが「不況を乗り切る」ことに疑問を呈したわけでも、フォードやGMと比較したわけでもないよ。もし、今後20年の間に、広く予想されているBEVへの世界的な移行が起こるとすれば、20年後にテスラがグローバルな環境(イーロンはテスラが年間2,000万台をシフトするという野心を表明した)でどんな地位を占めるかがわかるよ」
↑「2022年、中国のBYDは、中国だけで50万台以上のBEVを販売し、テスラが世界で販売した台数を上回った。テスラも中国に大きな工場を持っているにもかかわらず。中国のエネルギーコストは世界の平均の約半分であり、人件費はG20の中で最も低い水準にあるため、「地球上で最も収益性の高い工場」が存在する可能性が高い」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/05/59603/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ