ミハエル シューマッハが勝利したフェラーリ F2001bがシールドオークションに出品


ミハエル・シューマッハがドライブし、レースに勝利したフェラーリがシールドオークションに出品。このF2001bは、フェラーリの2002年型マシンの生産が遅れた際に、急場しのぎとして開発された一台。

ミハエル シューマッハのフェラーリがオークションに出品!7度のワールドチャンピオンに輝いたミハエル シューマッハのF1マシンがまた1台、競売にかけられることになった。このマシンは2レースにしか出場していないが、興味深い裏話がある。

2001年の圧倒的な成功の後、チームは2002年に問題を抱えたまま臨んでいた:新車はギアボックスに問題を抱えており、シューマッハとチームメイトのルーベンス バリチェロは開幕戦で不利な状況に立たされる可能性があったのである。

ではどうしたか?単純なことだ。フェラーリは古いマシンに新しいマシンのパーツをいくつか組み合わせ、信頼性の高いマシンを手に入れることにしたのだ。

信頼性が高く、速い。メルボルンで開催された開幕戦では、あまり期待されていなかったにもかかわらず、シューマッハはF2001bという代替モデルのステアリングを握り、3回の練習セッションすべてでトップタイムを記録。

2週間後のマレーシアGPでは予選でポールポジション(フェラーリにとって150回目のポールポジション)を獲得し、オープニングラップの接触で21番手に後退したものの、表彰台に上った。Bスペックのマシンとしては悪くない。

これがこのシャシーの最後の活躍となった。F2002が投入されると、シューマッハはシーズン終了3カ月前のわずか11レースでファン マヌエル ファンジオに並ぶ5度目のタイトルを獲得。

一方、F2001bは数日間のタイヤテストに使用された後、2003年に個人所有となった。その後、2011年に現在のオーナーの手に渡った。

シーケンシャル電動油圧式7速ギアボックスと、ジル シモン設計のV10エンジンを搭載し、最終的には後継モデルからいくつかのアップグレードが行われた。どうやらこのクルマは、整備のためにマラネッロを訪れる必要があるようだ。だが、それ以外は問題ない。

RM Sotheby'sが来週8月16日から19日にかけて開催するシールドオークション(他の入札者の金額を知ることができない)で、過去に落札した金額を見ると、シューマッハが絡んだ車両ならフェラーリが何であれ、何億円もの値がつくだろう。

バーゲン速報:2.2億円のフェラーリ 500 モンディアル スパイダー(軽いレストアが必要)

フェラーリ KC23は488 GT3 Evoベースの600馬力を発揮するワンオフカー

新型フェラーリ SF90 XX ストラダーレとフェラーリSF90 XX スパイダーのエンジンサウンドは?




=海外の反応=
「シュミは戦い続ける」
「むしろ、シューマッハの掃除婦のフィエスタを落札したい」
「素敵ですね。『車をスタートさせるのにもラップトップを持ったエンジニアのチームが必要だ』という時代になる前だと思うので、最小限のクルーでこれを走らせることができるだろう」
↑「いや、これはその時代のもので、決して手間がなくなったわけじゃないんだ。今でもすべての部品と液体を予熱する必要があるし、外部スターターも必要。適切なドライバーも必要だから」
↑「誰かの居間のガラスケースに飾られることになるだろう。そして彼らが家を売る必要があるとき、そのリストには『極上のレーシングカーが売却価格に含まれます』と書かれるだろう」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/08/62515/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ