フェラーリ、トヨタとの壮絶な決闘の末にル マン24時間レースを58年ぶりに制す

ラ・サルトでの最後の勝利から約60年、フェラーリが再び表彰台の頂点に立つ

フェラーリは、ル マン24時間レース100周年記念レースで優勝した。これは、フェラーリのマシンがモータースポーツの最も権威ある耐久レースで最後に勝利を収めてから58年後のことだった。

トヨタ、キャデラック、ポルシェ、プジョーといった主要ライバルが、セーフティカーが頻繁に導入され、雨に見舞われた序盤の12時間をリードし、51号車499Pのジェームズ カラード、アントニオ ジョヴィナッツィ、アレッサンドロ ピエル グイディが、典型的な混沌と、魅惑に満ちたレースを制したのである。

だが、ハイパーカークラスのトップコンテンダーたちが次々と失速していった。トヨタの#7小林可夢偉がリタイアし、#35アルピーヌ LMP2、#66フェラーリ GTE Amが序盤にスローゾーンで減速していたところを抜かれ、リタイアを余儀なくされた。

プジョーの9X8(ジャン-エリック ヴェルジュはトップギアに「5位以内に入れば優勝と同じように感じるだろう」と語っていた)は、中盤まで驚きのコンテンダーだったが、グスタボ メネゼスがミュルザンヌストレートのシケインの1つでマシンを壊してしまった。

そして、#6ポルシェ963は早朝に大きく後退し、ガレージでの修理が必要になってしまった。その場所がどこか聞いて、信じられる?ポルシェカーブだよ。

そして、3位と4位には#2、#3のキャデラックVシリーズ.Rが控えており、#51フェラーリはセバスチャン ブエミ、ブレンドン ハートレー、平川亮の#8トヨタと争うこととなった。しかし、残り6時間のところでフェラーリがピットストップに手間取り、2台はわずか数秒の差に。

だが、残り時間90分、平川がリヤをロックさせ、アルナージュでバリアに激突したことが決定的となった。このピットストップでチームは貴重な時間を失い、フェラーリにも貴重な(そして重要な)余裕を与えてしまったのである。フェラーリは最後のピットストップで再び停滞してしまい、フィニッシュまであと20分というところでシステムを再始動しなければならなかった。

しかし、フェラーリは24時間をかけて342周を走破し、完走を果たした。ポールポジションの50号車は5位に甘んじたが、499Pは2台揃ってウイニングラップを走り、ファンの拍手を受けながらマーシャルに手を振られてゴールした。

中間のLMP2クラスでは、アルベルト コスタ、ヤクブ スミチョフスキ、ファビオ シェレールの34号車インターユーロポールコンペティションが、わずか21秒差で41号車チームWRTを破り、シェレールはレース開始前に33号車コルベットに轢かれて足を骨折したにもかかわらず、マシンをホームに持ち込んだ。

そして、コルベットの邪魔をするものは何もなかった。GTE Amクラスでは、ニッキー キャッツバーグ、ベン キーティング、ニコラス バローンが、#25ヴァンテージと#86 911 RSR-19を抑えてポール&ビクトリーのダブル達成を果たしたからだ。
4位の#85アイアン デームズは、サラ ボヴィ、ラヘル フレイ、マイケル ガッティングという女性だけのチームで、最終クォーターをリードしていたが、惜しくも表彰台には届かなかった。もしこのままゴールしていれば、1975年にクリスティーヌ ダクレモン、マリアンヌ ホープフナー、ミシェル ムートンが2.0リッターのプロトタイプで達成して以来、女性だけのチームとして初のクラス優勝を果たすところだった。

一方、ガレージ56の24号車、シボレー カマロZL1 NASCAR(ジェンソン バトン、ジミー ジョンソン、マイク ロッケンフェラー)は、予選でGTE Am勢より速く、レースの大部分をリードしていたが、後半にマシントラブルにより40台中39位に後退した。

リタイアしたのは22台で、そのうちの1台がマイケル ファスベンダーだった。俳優である彼は、2年連続でル マンで失意の経験(とクラッシュ)をしてしまった。ポルシェカーブでタイヤバリアと接触し、残り5時間を切ったところで911号車の出走を断念した。

この結果、5年間続いたトヨタのル マン支配に終止符が打たれた。チームはその努力を誇りに思う一方で、レースのわずか1週間半前に行われたバランス・オブ・パフォーマンスの変更に静かな怒りを感じているに違いない。

しかし、それは別の議論である。フェラーリのル マンでの勝利を振り返り、そして(いつものように)必要な睡眠をとるときが来たのだ。フォルツァ フェラーリ!フォルツァ フェラーリ フォルツァ…ZZZ…

=海外の反応=
「この1レースは、フォーミュラ1におけるフェラーリの過去10年間よりも面白いものだった」
「トヨタとフェラーリの壮絶なバトルが最後まで続く」
「N24は壮大だった、このレースも壮大だった。正直言って、WECがあらゆる手段で興奮と放送を台無しにしようとしているにもかかわらず、我々は素晴らしいレースと最後までスリルを味わうことができた。そして、どのクラスも素晴らしい結果を残してくれた。
フェラーリのガレージにいたすべてのF1関係者が、何かを学んでくれたことを願う」
「なんてレース…壮大だ。歴史に残る1戦だ。すべてが揃っいた。そして、自然な形で」
「フェラーリの勝利に興奮し、ところどころで緊張が走った。51号車がグラベルに落ち、その後7号車がリタイアしたのは、ハーツ・ポルシェのクラッシュやフェラーリのピットストップの遅れと並んで大きな出来事だった。キャデラックとポルシェにチャンスを与えるためと、トヨタの圧倒的なパフォーマンスを阻止するために作られたBoPには疑問を感じざるを得ない。
しかし、7台のマシンがトップクラスで競い合い、5台のマシンが一時的にリードしていたことは、本当に素晴らしいことだった」
「フェラーリがあれだけ圧倒的な強さを見せたのは、FIAがトヨタに大量のBOPを与えたからだという事実によって、輝きはいくらか失われた」
↑「彼らは34kg、フェラーリは24kgだった。フェラーリは24kgだった。そしてレースでは、彼らが言うほどペナルティを受けていないことが示された」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/06/60385/trackback

フェラーリ、トヨタとの壮絶な決闘の末にル マン24時間レースを58年ぶりに制す」へのコメント

  1. IZO88232023年6月12日 3:11 PM

    出来レースでちゃんと勝てて良かったですね!
    来年からガチレースでお願い致します!

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ