新型レンジローバー スポーツ SVは635psのBMW製V8を積んだパフォーマンスSUV

残念ながら日本では限られた顧客にしか販売されない

ステルスっぽいって?もう少し落ち着いて、上品に行こう。レンジローバー スポーツSVは、旧SVRに代わるモデルだ。よく真っ青に塗られ、ヘラクレスが足を踏まれながら唐辛子入りのマウスウォッシュをうがいでいるような音を立てていたのを、もちろん覚えているよね。その野暮ったい怪物は、文明化された。焦点は移ったのだ。より繊細なスタイリング、パフォーマンス、ハンドリング、技術に重点を置き、仰々しさは抑えられている。

パワートレインも同様だ。旧型の5.0リッター、スーパーチャージドV8(排ガス規制のため廃止)の代わりに、他のRRSに搭載されている6気筒ハイブリッドではなく、BMWから調達した2つのターボを備えた別のV8を搭載している。そう、これは最も攻撃的なMカーに搭載される4.4リッターなのだ。635ps(626hp)、800Nm(オーバーブースト時、8速オートマチックで対応可能な最大値)、0-100km/hは3.6秒、トップエンドは290km/hだ。

これは、ランボルギーニ ウルス、アストンマーティン DBX、そしてBMW X5Mをはじめとする様々なドイツ車に匹敵する直進スピードを実現する。最初の2台には当然、より速いバージョンもある: DBX 707とウルス ペルフォルマンテ(Urus Performante)だ。やがて、さらにアップグレードされたSVRが登場するかもしれない。しかし、そうでなければ、これは轟音V8にとって最後の砦となるに違いない。レンジローバーは、来年には初のBEVを発表すると言っている。BEVのSVが登場するのは、その何年後だろうか。

しかし、このV8 SVは今あるものだ。このバッジは、レンジローバーによって意味が異なるけれど、基本的には、標準車を洗練させ、その長所を強調するために開発されたものだ。つまり、SVレンジローバーはよりラグジュアリーで、SVレンジローバーはよりスポーティになるわけだ。

そのために、サスペンションは再設計されている。新しいサブフレームとサスペンションリンクがフロントとリアに採用され、リアホイールにはかなりのキャンバーが付けられている。エアサスペンションは、マクラーレン 720Sのような油圧式クロスリンクダンパーに支えられている。このダンパーはロールを制御するだけでなく(SVはアンチロールバーがないため8kgの軽量化)、世界で初めてピッチとダイブをも制御する。2,560kgでも、高さが上がって便利な機能だ。

25メートルの油圧パイプには35barの圧力で液体が入っているが、ハードコアなSVモードでは53barに上昇し、激しいコーナリングでは140barまで上昇することがある。ジャンプからの着地では270barに跳ね上がる。ハッピーランディング。

48Vのアクティブアンチロールバーが約1,500Nmのトルクを発揮するのに対して、油圧はコーナリングで2,300Nm、ピッチで4,000Nmに相当するトルクを発揮する。レンジローバーは、SVが標準装備のオールシーズンタイヤ(フロント285幅、リア305幅)で1.1gを発揮することを非常に誇りに思っている。標準車より10mm低く、SVモード(ステアリングホイールにある大きなボタン)をオンにすると、さらに15mm低くなる。

ランドローバーは、575馬力の旧型ブランダーバスが得意としていたものではない、敏捷性とコントロールについて語る。また、2,560kgという新型SVは、明らかに軽量ではない。しかし、軽量化のための対策は講じられている。ブレンボ製カーボンセラミックブレーキは、標準装備の鉄製ブレーキ(フロントは440mm)と比べて34kgの軽量化を実現し、オプションで23インチのカーボンホイールを装着することでさらに35.6kgの軽量化を実現している。さらに、オプションで23インチのカーボンホイールを選択することで、さらに35.6kgの軽量化を実現した。

この2つのカーボンオプションは、英国で最初に販売される550台のEdition Oneに標準装備されている。エディション ワンには3種類の「キュレーション」仕様が用意され、このマットカーボンブロンズはSVのシグネチャーカラーとなる。なお、日本では、「RANGE ROVER SPORT SV EDITION ONE」は初年度限定モデルとなり、招待を受けた限られた顧客にしか販売されない。

外見上、特筆すべき点はあまりない。SVは、レンジローバーの「リダクティブ・デザイン」のエトスを引き続き体現している。ボンネットの形状は変更され、カーボンファイバー製となり、フロントエンドは幅を誇張し、冷却と空気の流れを改善するために手を加えられている。ボンネットの吹き出し口はフェイクだ。ホットヴィーエンジンは、ターボの上から空気を吸い込み、その熱を下に排出する。背面にはクワッドエキゾースト用のカーボンフィニッシャーがあり(そう、SVにはトウバーが付けられる)、SVロゴはセラミックでデザインし直されている(ボンネットロゴはカーボン)。

内側に、SVパフォーマンスシートにイルミネーションロゴが追加されたが、最大のニュースはBASSだ。Body And Soul Seat(体と魂のシート)とは、なんてオーバーな…。とはいえ、「massive base(重低音)」と読めば、あながち間違いでもないだろう。レンジローバーは、カリフォルニアのスタートアップ企業Subpacと共同で、音楽を聴くだけでなく、感じることができるシステムを開発した。アイスホッケーのパックのような4つのトランスデューサーがフロントシートの背もたれに取り付けられ、29スピーカー、1,430ワットのメリディアンサウンドシステムから流れる音楽に合わせて振動を発生する。

私たちも試してみた。低音用シェーカーシステムは目新しいものではないが、このシステムはより正確で集中力があり、音楽と同調している。また、健康増進の効果もあると言われている。もちろん、その通りだ。JLRはコベントリー大学と共同で、「新型レンジローバースポーツSVの前席乗員の精神的・生理的ウェルビーイングを高めるのに役立つ」6つの音楽トラックを開発した。ツインターボV8は、すでにそれをかなり効果的に行っていると言えるだろう。

ツインターボV8 SVは、2023年の時点ではやや燃費が悪そうに見える?排出ガスと燃料消費量は、旧車(5.3km/Lでなんとか踏みとどまった)よりも15%改善されていることを指摘する価値がある。また、レンジローバーはハイブリッドを強化し、P510e PHEVがP550eとなり、40bhpのパワーアップを果たしている。

しかし、レンジローバーは、新型SVの販売台数が好調に推移することを期待している。これは、レンジローバーとレンジローバー スポーツのキャンセル待ちが9ヶ月以上に及ぶなど、現在20万台の注文がある同社の問題に拍車をかける可能性がある。レンジローバーは、サプライチェーンの問題は過去のものとなり、納期は短縮されると約束している。

しかし、X5Mが現在125,000ポンド(2,200万円)であること、レンジローバーが高級志向であることを考えると、新型スポーツSVの価格は140,000ポンド(2,425万円)程度になると思われる。しかし、SVOのディレクターであるジャマール ハメディによれば、ここでのメッセージは「過剰なものではなく、洗練されたものであり、技術的な細部に焦点を当てたもの」だという。そして、轟音のV8がもう少し長く生きられるようにすることが重要だ。


=海外の反応=
「SUVは好きじゃないけど、こいつはカッコいい」
「その余分な豪華さが、故障した時に役に立つんだろうな」
「とても気に入ってる!この性能は本当に正気とは思えない。加速時間は、新しいアストンマーティン DB12に遠く及ばないものだ」
「2.5トンの車で0-100km/hを3.6秒?イエスというしかない!」
↑「さらに衝撃的なのは、1.5倍の重さのハマーが同じ時間でそれをやってのけたことだよ」
↑「そうなんだ、でも電気だから気にならない」
「私なら、スーパーチャージャー付きV8とZFトランスミッションを、電気モーターと90kWh程度のバッテリーと交換してもいいと思う」
「でも、SC5.0L V8がなければ、同じにはならない」
「SVOのディレクター、ジャマール・ハメディによると、「過剰なものではなく、洗練されたものであり、技術的な細部に焦点を当てたもの」だそうだ。いや、レンジローバースポーツは、どれも過剰なものばかりだ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/06/60105/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ