新型レンジローバー エレクトリックはV8レンジローバーと同等のパフォーマンス


レンジローバー エレクトリックはV8レンジローバーと同等の性能を持つ。レンジローバー、大型でピカピカの新型完全電動ラグジュアリーSUVの詳細を初公開。

きっと、みんな驚くだろう。新型レンジローバー エレクトリックは、電気のみを動力源とするレンジローバーである。そして今日、この電気が「フラッグシップ」レンジローバーV8と同等のパフォーマンスをもたらすことがわかった。

ラグジュアリーSUVの未来へようこそ。ちなみに、現在の「フラッグシップ」フルサイズレンジローバーはSVで、マイルドハイブリッドV8パワートレインが606bhpのパワーを誇る。

SVは0-100km/hを4.5秒、最高速度は260km/hで、新型レンジローバー エレクトリックもこれを凌駕しようと懸命だ。というのも、新型レンジローバー エレクトリックは、メーカーによれば「スタンダードを作り続ける」ことになるからだ。

この初期段階では、レンジローバーは下にある最初のティーザー画像と、V8を凌駕する性能に関する知識、そして最初の物理的なバージョンが製造されたという事実のみを公表している。実際、プロトタイプのテストは順調に進んでおり、エンジニアたちは「これまでで最も静かで洗練されたレンジローバー」を目指している。

このレンジローバー エレクトリックが、同社の「モジュラー縦型アーキテクチャー」(MLA)からスピンオフされることは分かっている。さらに興味があるのは、スウェーデンやドバイなど様々な場所で-40℃から+50℃の気温の中で行われるテストプログラムだろう。

床下、バッテリーの耐久性、シャシーの強度、そしてもちろんその点。床下、バッテリーの耐久性、シャシーの強度、そしてもちろんその尖り具合。

レンジローバーのMDジェラルディン インガムは、「世界中で、私たちの53年の歴史の中で最も高いレベルのお客様のご要望を目の当たりにしています」と語る。ってことは、レンジローバー エレクトリックと呼ばれる電動レンジローバーのキャンセル待ちリストが正式にオープンしたってことなんだね。

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058






=海外の反応=
「このままではブランドの終焉」
↑「高級SUVをさらに静かにするなんて!」
「起亜EV6 GTでさえアウディRSQ8を抜かしそう。電気自動車のSUVが従来のICEやディーゼルのSUVを凌駕するのは難しいことではない。レンジローバーに関しては、電気自動車にはドライブシャフトがなく、ディファレンシャルも必要ないかもしれない。理論的には、電気バージョンは最大渡河深水でさらに良い結果を出す可能性がある」
「ローバーに数千ドル払えば、キャンセル待ちリストに載せてくれる。53年以内に車を手に入れられたらラッキーだ」
「最新のレンジはバックエンドがひどい。あのピンと立った縦長のリアライトは想像を絶するほど酷い」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/12/65646/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ