イーロン・マスクが語ったテスラの新型次世代EVとサイバートラックの最新情報


テスラは、次世代電気自動車をより速く、より少ないレアアース材料で製造するための新しい…効率化プログラムを発表した。

新型の小型電気自動車を発表するのではと噂されている投資家向けオンライン会議において、テスラは代わりに、「エキサイティングで魅力的な、魅力的な自動車」を常に提供する一方で、新車は後日登場すると述べた。今のところ、私たちが頼りにしているのは、上の画像だけね。エキサイティングな時代。

エキサイティングといえば、サイバートラックは今年中に生産を開始する予定だ。

テスラの次世代モーターについての詳細が発表されたが、パワーやトルク、予測速度など、みなさんがよくご存知のような魅力的な内容ではない。テスラのパワートレインのボスであるコリン キャンベルは、新しいモーターがいかに製造コストを抑え、より効率的なものになるかについて言及した。

キャンベルはまた、この次世代パワートレインが環境に与える影響も軽くなるとも述べている。「永久磁石モーターを使用する次のドライブユニットは、レアアースを一切使用しないように設計しています」と語った。

新型テスラには、同社の「時空間効率化」プログラムも適用される。最終的な生産車を作るための物理的なプロセスをよりよく活用するのだ。新型車のさまざまな部品は、一度に大きなユニットを作るのではなく、すべて独立して作られ、その後、車が組み合わされるため、大きな効率化が図られる。

テスラは、「私たちは、より多くの作業をより多くの時間、車に対して行うことになります」と述べている。新しい工程は、テスラのモデルYを使って説明されたが、「モデルYにはならない」と、テスラは代わりになる「次世代車」について言及した。

これは、個々の車体からの製造にかかる時間を短縮することで、さらに多くの電気自動車を製造し、生産を拡大するというボス、イーロン マスクの全体的なプランにつながるものだ。イベントで上映されたスライドでは、「次世代自動車の製造効率」を用いて、コストを50%削減し、製造フットプリントを40%削減することが予測された。

「工場をより早く建設し、単位あたりの生産量を増やすことができるのです」とテスラは言った。

実際、テスラの視点による将来のEV製造規模についての「大まかな見解」-「間違っている可能性もありますが」-は、年間2000万台の電気自動車を製造すると推定されている。

「私たちは、電気自動車と自動運転の未来に向かって急速に進んでいます」と、マスクは語った。







=海外の反応=
「これはとても楽観的な話、それも突拍子もないほど。なんかテスラ、必死だよね」
「なぜテスラを選ぶのか、もうよくわからない。テスラはもはやどの分野でもトップを走っておらず、造りも悪く、サポートネットワークは最悪で、納期は予測不可能だ。どこがいいんだろ?」
↑「少なくともここアメリカでは、充電ネットワーク(2日後にはすべてのEVに開放される)とブランドへの親近感が重要なんだ」
↑「"2日後にはすべてのEVに開放される"って言うけど、彼らは、既存のユニット用のアダプターを推進している。彼らがCCSユニットを製造しているかどうかはわからないし、今のところ、私はそれを大いに疑っている。テスラは、条件を決められないのであれば、提携を望まない…だから、最低限しかやらないだろうと予想している」
「テスラはナンセンス。最高のソフトウェア、最高の効率。最高の充電体験。ID4やポールスターにも乗ったが、テスラとは比較にならないほど良かった。サードパーティの充電器を使ってみればわかる」
「テスラって製造品質が悪い。自分の知っているすべての人が、品質の低いペイント、故障したドライブユニット、分解するシート、新品からわずか3か月で壊れたステアリング部品など、多くの問題を抱えている」
↑「その必要はないんだよ。だって多くの人々がテスラの車を購入し続けている限り、コスト削減を続けるだろうから」
↑「だからこその改善なんだよ。だって、リピーターこそが最高の購入者なんじゃないの?アフターサービスがめっちゃ悪いし、販売網やサービスネットワークが小規模なままじゃん」
↑「そうとばかりも言えないのでは?中にはほとんど問題がないって言ってる人もいるし。それに、そうじゃないと多くの市場でベストセラーになっていないのでは?」
「テスラの発表なんて、ロシアのプロパガンダほどの信頼性しかない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/03/57666/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ