新型マセラティ グラントゥーリズモが、デザインは’らしさ’を踏襲し、ハイパーカー並のEVも選択可能

この新型マセラティ グラントゥーリズモが完全な電動パワートレインを搭載していることは、ここでは大きな話題ではない。あと、マセラティのDNAの核であり、ネプチューンのトライデントと同様にマセラティを象徴するV8を搭載しないってことも、大きな話題ではない。

じゃあ何かって言うと、もちろん、マセラティがグラントゥーリズモのヘリテージである重要な要素のひとつ、ルックスの良さを維持したことが大きなポイントだ。実際、マセラティは、かなり好評を博したため、シルエットの「連続性を保つ」ことを早い段階から選択したという。

マセラティと聞いてすぐに思い浮かべられるクルマの最新バージョンへようこそ。ネプチューンが支配する海のように、このイタリアの会社の運命は、滑らかで安定した海(タルゴ フローリオの優勝、F1の成功、ワールドクラスのエンジニアリング)と、高波(*コホン* デ・トマソ *コホン*)のいずれかであった。

海の例えはもう尽きてしまったが、マセラティは少しばかり好調で、そのおいしい新型GTは興味深い新時代を切り開く。電気自動車というものが、まだニュースとして残っているのだから。

グラントゥーリズモ フォルゴーレは、3モーター(後方に2基、前方に1基)を採用し、各モーターは300kW、92.5kWhのバッテリーで駆動され、760psと1349Nmのトルクを「連続的に」発生させることが可能だ。バッテリーは、車体中央のトンネルを通り、車体後方に向かって伸びるT字型の構造体内部に収められている。マセラティによれば、これによって車のHポイントが低くなっているとのこと。つまり、クラシックなGTのプロポーションを維持することができるというわけである。
実際、760psを発揮する車と、スーパーカーのMC20(これも素晴らしい外観のマシン)に搭載されている同社の新しい「ネットゥーノ」3.0リッターツインターボV6を搭載する車との間に、視覚的な違いはない。新型GTでは、このエンジンを490psの「モデナ」仕様と、550psの「トロフェオ」仕様の2種類で提供する。

スピードは?かなりのものだ。V6エンジンの場合、0-100km/hのスプリントは3.5秒(トロフェオ)と3.9秒(モデナ)、フォルゴーレは2.7秒未満で両者を蹴散らしている。これはハイパーカーの速さであって、もはやGTの速さじゃない。フロントにダブルウィッシュボーン、リアにマルチリンクという共通のサスペンションレイアウトを採用し、ブレンボの大型ベンチレーテッドブレーキを全車に装着。

また、全車にアルミニウム(新型GTでは65%を占める)やマグネシウムなどの軽量金属、軽量ではないが頑丈な「高性能スチール」が多用されているのも特徴である。その結果、V6が1,795kg、フォルゴーレEVが2,260kgという「クラス最高」の重量を実現したと聞いている。

V6ではコンフォート、GT、スポーツ、コルサ、フォルゴーレではマックスレンジ、GT、スポーツ、コルサと、さまざまなモードパラメータを制御する、新しいGTの心臓部に搭載されたダイナミクスモジュールがあるってことで、かなり説明できてるんじゃない?

この非常に公式な発表にもかかわらず、我々 はまだインテリアを見られていないが、それは「革新的なシステム」、おそらく「ステアリング ホイール」、「ペダル」、「シート」、もちろん、多くの革が含まれますのいくつかが装備されていると保証されている。デジタルダッシュボードも、オプションのHUDやVery Loudステレオと一緒に。

しかし、そのデザインが多くを語り、それがここでの本当のストーリーなのだ。気に入りました?


=海外の反応=
「MC Stradale のレベルまで重量を約 100 kg 軽量化したのは良いことだ。だが、悪いのは、トロフェオのトリムでは、前のモデルよりもアグレッシブでないように見え、サウンドも…陳腐!」
「新しいフェイスリフトは醜い」
「美しい無駄のないマシン。過剰にデザインされた奇妙なものばかりの世界で貴重…」
↑「同意」
「フィスカー カルマを思い出したけど、それは良いことではないと思うの」
「彼らは2007年に発売した車にMC20のヘッドライトを付けたようだ。これは、マクラーレンのアルトゥーラと同じ問題のように感じられる。下面はまったく新しくなっているが、見慣れすぎて誰にも気付かれないように見える」
↑「正直に言うと、古いグラントゥーリズモは見た目がとても豪華なクルマだ。新しいグラントゥーリズモが、特に醜い最新世代のBMW M4とさらに悪い見た目のBMW XMの後なのに、あまり変わっていないのに、安心した」
「最近の再設計(コホン、BMW M4)では、極端に見えるようにすることが唯一の簡単な方法のように見えていた。だが、マセラティは少し反対の方向に傾いて、より進化的なアプローチを取っていることを非難するのは難しいだろう」
↑「同意。急速に変化するデザイン哲学よりも、一貫して見栄えの良い車をキープした方が良い」
「スパイショットを見たときは、もう心配していなかった。痛々しいほど美しい」
「まさにゴージャス、初のエキゾチックEV!デザインも…完璧だ。マセラティが死からよみがえったようだ。よくやった PSA!」
↑「ステランティスだよ」
「かっこよく見えるけど、バッジが違う初代 Fタイプじゃない?」
↑「これがF-Typeのように見える角度は1つもない。完全に異なるフロントエンド、完全に異なるリアエンド、完全に異なるサイドプロファイル、共通のデザイン要素はまったくないじゃん」
↑「フロントもFタイプを彷彿とさせる。それは悪いことじゃない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/10/54413/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ