フェラーリ プロサングエに’初試座’ 跳ね馬SUVの実力とは?



間近で見てもグッド?
実車の新型フェラーリ プロサングエを初めて目にしたとき、まず気に入った。そして15分後、その周囲を歩き回った後も、まだ気に入っている。で…でかいんだよ、とにかく。けど、背は高くない。ランボルギーニ ウルスやアストンマーティン DBXより一回り低い。まあ、全長5メートル以上、そのうち4.5メートルは巨大なクラムシェル型ボンネットだと思われ、全幅は2メートル以上と、絶対的な存在であることは間違いない。ただし、フロントホイールが22インチ、リアホイールは23インチという巨大なものであるため、必ずしもそう見えないんだけどね。だから、角度によってはポルシェのタイカン クロスツーリスモを少し膨らませたような印象になる。遠くから見ると、フロントの3/4は、どこかホットハッチ的な雰囲気だ。

ディテールのいくつかは、実に心地よいものだ。たくさんのエラ機構、通気口、ダクト、吸気口がすべて本物で、機能的であることが気に入っている。プラスチック製の安っぽいメッシュはない。そして、不器用なスタイリングラインもほとんどない。ウルスがカクカクした折り目だらけなのに対して、こちらはより滑らかで優美なのだ。プロサングエの場合は、デザイナーが最終的に仕上げたものだ。ウルスでは、生産ライン上に向かっているところでもまだへこませいたり、折り曲げていたりしてるんじゃないかというのが感じられる。

ボンネットの下はどうなってるの?
足元にはシンプルな手動リリースがあってボンネットを開けると、それからのプロサングエのエンジンルームは、まさに劇場だ。ボンネットはフロントヒンジのクラムシェルで、その大きさはフォード フィエスタを丸ごと乗せられるほど。ヒンジは希少価値の高い美しさがあり、パネルが垂直になると局地的な日食が見られる。

6.5リッター自然吸気V12エンジンは、幸いなことに、このクルマの最後尾に位置するため、作業しやすいエンジンになりそうだ。フロントアクスルの後方、低い位置に埋まっているため、フロントエンドにトランスファーギアボックスを搭載してフロントアクスルを駆動するスペースがあり、725psのパワーのほとんどはリアに搭載された8速ツインクラッチギアボックスに向かう。プロサングエの巨大な全長を説明するような、途方もなく愚かなパッケージングだが、史上最もエキゾチックなSUVのエンジン搭載であることは間違いないだろう。

ドアはどんなふうに開く?
変な質問だが、プロサングエに関係することである。フロントドアは、ポップインハンドルカバーを押して、引っ張ると開くというオーソドックスなもの。そう、よくやった、君はドアを使ったことがある人なんだね。

しかし、このクルマのリアドアはイベントチックだとしか言いようがない。ご覧のように、ボディを汚すような目立つハンドルがないのだ。ここは、デザインチームの独壇場といえよう。しかし、ショルダーラインにある1センチほどのプラスチック製のフィンを見つけて、引っ張る。すると、ロールス・ロイスのように後部からヒンジでつながれた厚みのある1本の支柱によって、ドアがスウィングして開く。ロールス・ロイスの他に、マツダ RX-8でもいい。テスラ モデルXのように、最も印象的な車のバックドアだ。

後部座席は快適?
まず、運転席に座り、自分のドライビングポジションにセットした。低い位置で、ステアリングをできるだけ外側に引いた状態だ。ぴったり。そして、リアに乗り込む。開口部はかなり狭いが、ドアが90度開き、出入りがしやすくなっている。リアシートに座ってみると、これがなかなかいい。膝に数インチの余裕、平均身長の私でも余裕のあるスペース、そして、まっすぐ座れば十分なヘッドルーム。前かがみになっても十分な広さがある。

後部座席に目新しいものはある?
そうでもない。前席の背もたれにモニター用のマウントポイントがあるように見えたが、これはBMW i7のような車輪のついた映画館になるってわけじゃない。シートは電動で調整できるが、リクライニングはできない。また、リアガラスが狭いため、外の景色はかなりせまくなっている。少なくとも、アームレストを付けるか、5人目の乗客を乗せるかを決める必要はないだろう。フェラーリは、プロサングエを厳密な4シーターとしてのみ販売すると主張しており、オプションリストにミドルシートベンチは含まれていない。

フロントの居心地は?
見慣れたものと新しいものが混在している。前方の景色は、純粋なSF90と296だ。大きなスクリーン、デジタルメーター、それをコントロールする触覚ステアリングホイール回転式の「ボタン」がある。おお!プロサングエのステアリングホイールには、これらの機能を打ちやすくするためにスポークにくぼみがついているが、それでもちゃんとしたボタンにはかなわない。

中央には、カップホルダー、ワイヤレス電話充電、そしてポップアップ式のクライメートコントロールノブがある。助手席には10インチのタッチスクリーンが装備されている。ドライバーは725psを操ることに集中しなければならないので、便利な機能だ。

見た目も、感触も、匂いも、非常に高価なものだ。DBXやベンテイガに匹敵し、アウディ風のウルスよりもずっと、ずっと特別な存在だ。しかし、外の景色は決して高くはなく、威圧的であるわけでもない。まるで、生い茂った家族の屋敷の中にいるようだ。フェラーリ エンツォに追随できそうだ。


=海外の反応=
「この製品は、非常にくだらない名前だが、格好いい。中国製のように」
↑「イタリア語で純血とかサラブレッドとかいう意味だ。勿論、イタリア企業だから、理にかなっている」
「この車は、オフロード走行が全くできないSUVで、後部座席の快適性はせいぜい平凡で、実用性の低いスーサイドドアで、恐ろしい触覚フィードバックのタッチパネルボタンで埋め尽くされているわけだ。この車には、「私を見て、とても高価なフェラーリに乗っているのよ」というポーズをとる以外に、文字通り何の意味もないのだ。…何百台も売れそうだけどね」
↑「SUVとは思えない、ただの5ドアハッチバックだね。他の方もおっしゃっているように、マツダ 3の面影は十分すぎるほどある」
「クラムシェル型のリアドアを備えた車の所有者として、私は自信を持って予測することができる。これらのドアのかなりの数が、何度も注目を集めた後に下取りに出されることになるだろう」
↑「そうかな。オーナーはマクラーレンとかロールス・ロイスをよく知ってる人だと思うけど」
↑「おっしゃることはよくわかるけど、このクルマをスーパーカーの代わりに買うってひとの理由は、実用性だから」
「ブサイクなフェラーリ」
↑「マツダ 3ハッチバックは格好いいのにね」
源になるという事実は、まさに最高のチェリーと言えるだろう。単品では、最高だ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/09/53882/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ