エリザベス二世 1926-2022年:車を愛した君主 整備士としての訓練を受け、後に羨望の的となるコレクションを指導した女王陛下



エリザベス二世は、何百台もの素晴らしいマシンで運転手を付けてきたが、故エリザベス二世が自ら運転することを好んでいたことを知っても、驚くことじゃない。

英国で最も長く君臨した女王は、残念ながら96歳で亡くなってしまったが、熱心なドライバーであり、第二次世界大戦の終わりには整備士と貨物自動車の運転手の訓練を受け、国のために貢献することに熱心だった。

父である国王ジョージ6世は、当時の王女は戦争に参加すべきではないと言ったにもかかわらず、王女はわずか18歳で補助地方義勇軍 (Auxiliary Territorial Service、ATS:第二次世界大戦時にイギリス陸軍が組織した女性部隊)に入隊した。当時の記事によると、エリザベスは「ロンドンのバスやタクシーに一度も乗ったことがなかったにもかかわらず、運転講習を規定時間より2日短い時間で合格した」そうである。

彼女は車両の整備や軍用トラックの整備と運転を学び、マスコミは彼女を「プリンセス・オートメカニック」と呼ぶようになった。彼女は5ヵ月間、整備士とトラック運転手として過ごした。

戦争が終わり、王位についた後、女王はさまざまな車、特にイギリス製の車を愛用した。ローバー P5 B、ボクスホール クレスタ エステート、ジャガー Xタイプ ワゴン、ロールス・ロイスやベントレーなど、多彩な車種をコレクションしていた。ツインターボSUVのベントレー ベンテイガの発売と同時に、初のベンテイガを贈られたこともある。

しかし、彼女が本当に情熱を注いでいたのは、ランドローバーだった。女王陛下がディフェンダーとレンジローバーをこよなく愛したことはよく知られており、英国や世界各地でのツアーの際に特別に用意されたロイヤルバージョンで運転されただけでなく、彼女の所有地周辺で個人的に使用されたこともあった。

安らかに眠ってください、女王様。

【自動車メーカーの反応】

ジャガー・ランドローバー:
「女王陛下のご逝去は、ジャガー・ランドローバーの従業員一同、深い悲しみに包まれています。
女王との関係は、ジャガー・ランドローバーにとって大きな誇りの源です。
英国で最も長く君臨する君主として、英連邦の長として、600以上の慈善団体の後援者として、また母、祖母、曾祖母として、女王は素晴らしいお手本となる存在でした。
最近では、女王陛下の歴史的で並外れた治世を記念するプラチナジュビリーの祝典で役割を果たせたことは、私たちにとって大変な名誉でした。
これは、ロイヤルファミリーとの長年にわたる継続的なつながりの一部として本当に感謝している多くの思い出のひとつにすぎません。数十年にわたる大きな社会変化の中で、この国に継続性、安定性、インスピレーションを与えた女王陛下の先駆的なリーダーシップと強さを、私たちは深く懐かしんでいます」

ロールス・ロイス・モーター・カーズ 最高経営責任者 トルステン ミュラー=エトヴェシュ氏:
「私たちは、イギリス国民、英連邦、そして世界中の人々とともに、エリザベス2世女王陛下の死を悼みます。国民に尽くし、家族に尽くした女王は、奉仕と人間性という最高の理想を体現していました。
ロールス・ロイス本社の私たちにとって、女王陛下は唯一の英国君主であり、そのご逝去は私たち全員にとって深く心に刻まれています。取締役会および世界中のロールス・ロイスコミュニティを代表して、このたびのロイヤルファミリーに謹んで心からのお悔やみを申しあげます」

ベントレー:
「ベントレー・モーターズの社員一同は、女王陛下のご逝去を聞き、深い悲しみに暮れています。70年以上にわたり、英国および英連邦の人々のためにその生涯を捧げられた、本当に素晴らしい女性です。
私たちは、後世の人々にインスピレーションを与える女王の歴史的な治世に、立ち止まり、考察し、心からの感謝を表します。王室の皆様には、心よりお見舞い申し上げます」

アストンマーティン:
「アストンマーティンは、女王陛下のご逝去を深く悲しんでいます。
女王は、生涯を公共サービスに捧げ、その長い在位期間を通じて、英国の文化、企業、革新の熱烈な擁護者でありました。1966年に女王がアストンマーティンを訪問されたとき、私たちは光栄に思いました。
私たちの思いと哀悼の念は、この困難な時期に、王室と英国および英連邦の国民とともにあります」

フォード・モーター・カンパニー ビル フォード氏:
「世界中の多くの人々と同様、エリザベス二世女王陛下のご逝去を知り、深い悲しみを感じています。女王は70年以上にわたり、揺るぎない模範的な世界のリーダーとして、奉仕と献身の真の意味を私たち皆に示してこられました。
フォードは、私の曾祖父が1909年に英国でフォードビジネスを立ち上げて以来、英国と長く深い関係を築いてきました。女王の車に対する愛情は、第二次世界大戦における祖国への奉仕の一環として、人生の早い段階から現れており、彼女の車に関する機械的知識は誰の目にも明らかでありました。
私の家族、CEOのジム・ファーレイ、そして世界中のフォード・ファミリーを代表して、女王陛下のご家族、イギリスと英連邦の人々、そして女王を愛し、尊敬し、賞賛していた世界中の人々に心からの哀悼の意を表します」

ボクスホール モーターズ:
「女王陛下のご逝去を聞き、深い悲しみに包まれています。70年にわたる在位期間中、英国国民に対する女王の献身的なご奉仕は、すべての人にインスピレーションを与えるものでした。
ボクスホール・モーターズの従業員、そして英国のステランティスファミリーを代表し、女王陛下のご遺族に心からのお悔やみを申し上げます」

自動車製造・販売業者協会 マイク・ホーズ氏:
「私たちは、国家と英連邦のために生涯を捧げられたエリザベス二世女王陛下のご逝去を聞き、深い悲しみに包まれています。また、英国自動車産業の生涯を捧げた支援者でもあり、多くの製品に強い関心と専門的な知識をお持ちでした。私たち自動車産業は、女王に恩義を感じており、国王と王室に対し、哀悼の意を表します」

=海外の反応=
「高価な車が無料で与えられたり、一般大衆の税金によって支払われたりした場合は、誰だって高価な車の素晴らしいコレクションを持っていると思うけど」
「神は女王を救えなかった」
「信じられないほどの女性。 チャールズが王に戴冠すると、彼女のことがさらに恋しくなりそう」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/09/53799/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ