ポルシェが72年型2.7RSにオマージュを捧げる米国仕様のGT3 RSを開発中 ハードコアなRSファンのための一台


人工知能と機械学習の人気オンライン講座

ポルシェGTのボスであるアンドレアス プレウニンガーはTGに、「私はいつも車を少し変えて、"AP仕様"の車として私のインスタグラムに投稿しています」と語っている。「本当にオールドファッションで歴史的に正しい、緑に白というアイデアを思いついたのですから」

おっしゃるとおり、1972年のカレラ RSの「オールドファッション」で「歴史的に正しい」カラーが、印象的な新型911 GT3 RSの脇に置かれることになった。トップギアの取材に応じたプレユニンガーは、ポルシェ ノースアメリカのボスであるシェル グルーナーとともに、アメリカのRSファンに何かユニークなものを提供したいというチームの思いを語ってくれた。

「コラボレーションプロジェクトなので、旧車をインスピレーション源にしようと考えています。外装で何ができるか、内装で何ができるかを考え、このクルマを超えた先で何ができるかを考えるという、3つの領域で考えています」とグルーナーは語る。

「まだ完成していない、文字通りのワークインプログレス(開発中)です」と付け加えた。

プレウニンガーは、もしチームがこれを実現したら、旧車と「よく似た」外観になるだろうと語り、実際、あの愛すべき古い911に魅せられた彼の幼少期について話してくれた。「車好きの子供時代、私の部屋の壁には特に好きなモデルのポスターがたくさん貼られていました」と彼は言う。「その中でも特に影響を受けたのが、911 カレラ RS 2.7です。幼い頃の私の想像力をかき立て、今でも私の顔に微笑みをもたらしてくれるのです」

「996 GT3 RSは、私がポルシェで最初に手がけたプロジェクトのひとつで、スタイリングのインスピレーションはそこから得ています。当時、このクルマは非常に過激に感じられたので、先祖を彷彿とさせるカラーは理にかなっていると思います。911 RSの初代モデルに敬意を表し、これまでで最も過激で高性能な911 GT3 RSを開発できたことは、私にとって非常に感慨深い瞬間となりました」

ポルシェが何台作るのか、いくらで作るのか、いつ完成品を見ることができるのかは不明だが、間違いなく現実にやってくる。詳細がわかり次第、報告するので、ご注目を…。


=海外の反応=
「私ならあの巨大なウィングを取り払い、アクティブなダックテールスポイラーに取り替えるね。オリジナルのFuchsのリムは5本スポークだが、彼らが見せているようなオープンリムのデザインでそれを再現するのは難しいことではないだろう。この時点では、どちらもほぼ同じ価格なので、どちらを選ぶか…。それは、また別のジレンマがある」
「もう一つのクールな特別バージョン?…なんでだろう... ;-)」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/09/53563/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ