シンガーが提案するポルシェ 911 ターボの第一弾をご覧あれ…カブリオレだけど


人工知能と機械学習の人気オンライン講座

503bhpのツインターボ・フラット6を搭載し、6速マニュアルで全馬を後輪に送り込む、正真正銘のポルシェ911ターボである。その性能は、このあたりでは誰もが認めるところだ。シンガービークルデザインの作品であり、この辺りでは同様に人気がある。しかし、911 カブリオだ。ちょっと意見が分かれるところだ。

シンガー ビークル デザインは、10年以上にわたって完璧に磨き上げられたポルシェの供給者として世界を舞台に活躍してきたが、このモデルはシンガー ビークル デザインから生まれた最初のカブリオレでもあるのだ。正確には「リイマジン(再構築)」だが、これはあまり適切な表現ではない。

法律用語や文芸的な仕掛けはさておき、なんという作品だろう。ホエールテールスポイラー、フレアしたリアフェンダー、フックス風ホイールの姿は、私たちの心をも揺さぶるに十分であることは確実だ。これらはすべてカーボンファイバー製で、シンガーが「カディスレッド」に塗装しているからだ。

しかし、911 ターボ カブリオレはクラシックな911のルックスや、それを証明する、あるいはごまかすためのものであるのと同様に、その下はターボチャージャー付きの911であり、フロッピートップであるかどうかにかかわらず、非常に多くの偉業が行われていた。そのため、適切な敬意を表するには、適切なターボパワーを必要とする。そして、あなたは知っているかな?シンガーは「クラシック」モデルから「ターボスタディ」と呼ばれるモデルへと変身を遂げたのである。

なんだか1983年のホームオフィスにつけそうな名前だが、これはメツガー社製の3.8リッターフラット6をターボチャージャーで駆動する、シンガーならではの新しいマジックが振りかけられていることを意味する。また、964 カブリオをベースに、ワイドボディの911ターボのプロポーションを実現したことも大きな特徴である。しかし、そこはやはりシンガー。

このようなカスタムカーにふさわしく、3.8リッターは444から503bhpの出力を発揮し、2つまたは4つの駆動輪に伝達することができる。シンガーはカーボンセラミック製ブレーキも提供し、「長距離高速ツーリング」から「ご想像通りのスポーツ走行」まで、あらゆる用途に合わせてサスペンションをチューニングする予定だ。さて、あなたにとって完璧に生まれ変わった911ターボとは何だろうか?さて、ここから先は意見が分かれるところだろう。


=海外の反応=
「神は存在する」
「エースが来た」
「503bhp、AWD、カーボンセラミックブレーキ、「長距離高速ツーリング」仕様の「価格帯」の目安はどれくらいなんだろうね?とはいえ、その納車はおそらく数年のオーダーになるはずだ。シンガーは、素晴らしい金額の銀行口座を持つ人たちのために、素晴らしい仕事をしているのだ」
「このような、「911の再構築・レストモッド」を求める人は、そろそろ世界的にいなくなってしまうのではないだろうか?この記事には価格についての言及はなかったが、いつものように、予想価格はあなたの911フェチ具合とあなたのポケットの深さによって異なると想像される」
↑「いやいや。あらゆるものが電動化された今、古いクラシックカーを改造することが、伝統的なスポーツカーを手に入れる唯一の方法なのだ。この業界は大きく飛躍しそう」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/08/52953/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ