2022年のホンダ シビック タイプ Rを見た海外の反応とは?ホットハッチ戦闘機の新しい主役となるか?




ホンダは、小さなことにこだわる達人かもしれない。9月に日本で発売予定の新型「CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)」が世界初公開された。

シフターノブの重さを変えて適切なアクションを実現したり、10グラムの軽量化のためにシフトゲイターを革製からメッシュ製に変えたりするのも、この会社だ。当然ながら、2022年の新型シビック タイプ Rの場合、小さなディテールへの工夫が大きな注目を集めるのだ。

ホンダは、最新のシビック タイプ Rのパワー、価格、性能について不思議なことにまだ口を閉ざしているが、空気抵抗を低減するアルミダイキャストのスポイラーマウントについては、時間をかけて言及している。また、新型ホットハッチのシート生地について深く掘り下げるのはホンダだけで、「高摩擦係数」で「高加速度走行時の身体の滑りを軽減」するものを、真っ赤な生地で見事に再現している。

しかし、ディテールにこだわる同社にとって、新型タイプRの詳細な情報は、公式発表の後でもまだ薄いと言わざるを得ない。では、実際のところはどうなのか?

この素晴らしい6速マニュアルは、単に設定を維持されるだけでなく、「改良」されるとのことである。これは、a)ありえないことであり、b)ホンダがいまだに謙虚なマニュアルギアボックスを大切にしていることを聞いて、私たちの硬い心を温めてくれるものだ。

また、トップギアのカーオブザイヤーを受賞した先代タイプ R専用の2.0L VTEC TURBOエンジンが引き継がれ、ターボとエキゾーストに微調整と改良が加えられ、2022年に史上最強の新型シビック タイプ Rになったこともわかっている。

そして、明らかに不要な要素に感じられるのだが、旧タイプ Rのクロスカントリーの走破性は恐るべきものだったのだ。この点を強調するように、新型タイプ Rはすでに鈴鹿で前輪駆動のラップレコードを獲得しており、先代のFK8シビック タイプ Rよりも速いのである。言い換えれば、ノルドシュライフェで前輪駆動のラップレコードを持つFK8のタイプ Rよりも速いってことなのだ。

ワイドなパイロットスポーツ 4のタイヤと小径の19インチホイールのおかげと言えるかどうかは、個人的に調べてみたいところ。新旧のタイプ Rに同じセットを装着して、鈴鹿を走らせればわかるかもしれない。ホンダさん、必要なら、次の飛行機で伺いますよ。

参考までに、ノルドシュライフェの記録を打ち立てたタイプ Rの車重は約1,400kg、出力は310bhp以上、0-97km/h加速は5.8秒、最高速は169mph(272km/h)である。そして、新型タイプRの正式なスペックは不明だが、ベースとなる新型シビックは、現行モデルよりも20%軽量化され、22%剛性が向上している。また、ステアリングマウントの強化、低重心化、ワイドトレッド化も図られている。

20%軽量化されたボディという表現にご注目を。エンジン、ターボ、デフなどの重量はそのままだ。しかし、数キロの軽量化が可能なのは確かだ。

そして、新型タイプRが醜くないとことも、私たちはわかっている。巨大なフェイクエアベントも、サイドスカートのフェイクカーボンも、ウェディングナプキンより折り目の多いフロントバンパーもない。ただ、クリーンで集中的なデザインは、わざとらしく見えるのではなく、目的にかなったマシンに仕上がっている。「チャンピオンシップ・ホワイト」があまりにも似合うので、誰が他の色を選ぶのか不思議に思ってしまうほどだ。「ラリー・レッド」、「ブースト・ブルー」、「ソニック・グレー」、そして興味深いオンリーファン的な「クリスタル・ブラック」というカラーバリエーションがあるけれど。

しかし、リデザインに対する最高の賛辞は、インテリアに贈られなければならない。小さな電気自動車のホンダ eは、ホンダが控えめで豪華な明るい雰囲気のキャビンを作れることを証明したが、新しいタイプ Rはついに-ありがたいことに-調和のとれた、すっきりした、考え抜かれた配置のインテリアを手に入れたのである。ダッシュボードに固定されたタイプ Rのビルドプレートも憎めない。これは、ホンダがキャビンの他の部分でいかにうまくやったかを物語っている。

つまり、新型シビック タイプ Rは、より軽く、より明るく、よりタイトなエキサイターとなるだろう。とくに白を選べば完璧だ。トップギアのライターが、間違っているのか正しいのかはわからないけれど、この姿を見たときに、ホットハッチ戦闘機の新しい主役を目撃してしまったのかと思うほど燃え上がったのである。

そうそう、この文章を考えるのに時間がかかった。今にして思えば、細かいことを気にするのはホンダに任せておけばいいのかもしれない。

https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/new/?from=newslink


=海外の反応=
「初代以降のシビック タイプ Rのスタイリングが好きかどうか、試行錯誤しているのだが、どうしてもつかめない。前作よりも好きかもしれない、いや、好きだし、もっといい」
「F1からの引用ではないリアウイングは付いているのだろうか?」
「一瞬、先代のタイプ Rかと本気で思っちゃった。このボーイレーサーっぽくない感じは、とても気に入っている。ありがとう、ホンダ」
「前の世代は、ティーンエイジャーにアピールするような外観が多すぎた。もっとステルスなものがいいし、リアウィングもなくしたほうがいい。一般道での速度では何の役にも立たないから」
「このクルマはすごいと思うし、ホンダが本当に重要なことに集中することができたと思う」
「相変わらず醜いホンダだなあ」
「誰がなんと言おうと気にならないほど、スムーズでクリーンなデザインで、とても見栄えがよくなっている。このまま、ゴルフ RやA45のようなAWDを打ち負かすのを見るのが楽しみ」
「より礼儀正しい見た目。マニュアルと2.0リッターターボは嬉しいし、正しい判断」
「ここのコメント欄は、「すべての人を常に満足させることはできない」という格言を証明している。
ホンダは、タイプ Rを買える人々にとって醜く見えるクルマでは、世界で最高のアイデアではないことに気づいたと思う。だから、そのような人たちにもっとアピールできるようにしたのだ。平均的なティーンエイジャーがつまらないと思っても、彼らは買うことはできず、寝室の壁にその車のポスターを貼るだけしかできないんだから、あまり問題にはならないだろう。だがむしろその結論に至るまで、ホンダがこれほど長い時間を要したことに私は驚いている」
↑「実際にシビック タイプ Rを買える人たちは、前の2世代のルックスが好きだったということだ。ホンダは、ホンダよりドイツ車を買うような市場の一部に訴えようとしているが、同時にタイプ Rファンをがっかりさせている。私はFK2のオーナーとして、新型に買い換えるのではなく、FK2と一緒にいるつもりだ」
↑「フェアなコメントだ。もっとも、私はティーンエイジャーじゃなくて、46歳のおじさんだが。この新型タイプ Rのデザインは少し退屈で、前の方が良かった」
↑「このクルマの3本出しエキゾーストとあのウィングでまだつまらないと言われるのなら、もっと「つまらない」デザインを持ってこいよ、と言いたい」
「手袋は付いてるのかな?一日中太陽の下でこのタイプ Rを運転した後、シフトレバーを握ってみてほしい」
↑「だよね、ここ最近のイギリスの40度の暑さだと面白いことになりそう。アルミ箔のカバーでもつけるか」
「見るからにぼんやりしてるのが残念。80年代が呼んでるから戻りたいってことなんだろう」
「この車、見た目がつまらないんだよね。インテリアはいい感じだが、「ドライブに連れてって」と叫ぶようなクルマじゃない。むしろ、中年の危機を迎えた人が買うような感じ。でも攻撃的なスタイリング過ぎて一緒に乗る人の機嫌を損ねたくない、そんな人向けに見える。それと、後ろから見るとキア スティンガーっぽいんだ。でも、これで前の2台のシビック タイプ Rの価格が下がれば、僕はハッピー」
↑「すごい同意。中庸を見つけようとしてて苦労してる感じ。前作はやり過ぎだったし、今回はスポイラーを除けば面白みにかける。私は15年前、FN2のタイプ Rを持ってたけどトルク不足に悩まされた。でも、エクステリアはかっこよかったし、今見てもいい感じだ」
↑「なつかしい。私は52歳だが、1台欲しいと思っている。中年の危機か」
「最新のシビックは市場で最も格好いいハッチではないようだが(実物はまだ英国の道路を走っていないので判断は保留)、スタイリングのディテールはきれいだ。もっと重要なのは、ホンダがタイプ Rに必要なピュアパフォーマンスの哲学にこだわっているように聞こえることだ。オートマチックもハイブリッドもない。期待している」
「頑張ってほしい。これは、もっとアピールできるだろう。以前のもののデザインが味気ないと感じた人たちにアピールするものだ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/07/52310/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ