【トップギア試乗】ホンダ シビック e:HEV:2022年のタイプRにつながる、完成度の高いファミリーハッチバック

「最新型シビックは、大幅に改善されたキャビンと、使い勝手の良いハイブリッドパワートレインで印象づけるが、混雑した市場で目立つには苦労するかもしれない」

いいね!
スタイリング、インテリア、燃費、すべてにおいて旧型シビックから大きく進化している

イマイチ
客観的にはほとんどないけど、ちょっと鈍い

概要

どんなクルマ?
2022年、最も進化した新型ノームコア(究極の普通)カーと言えるかもしれない。11代目となる新型ホンダ シビック ハッチバックは、旧型車からサッカー場ほどの飛躍を遂げている。このハッチバックは、走りはそれなりに豪快だが、古びたディスプレイと無粋なスイッチ類にまみれた、笑うほど素人臭いインテリアを、「ビジー」という表現がぴったりのボディワークに包んでいた前モデルから、サッカーボールほどの飛躍を遂げていることを、さっそく確認していこう。

じゃあ、何が変わったの?

新型シビックは、見た目が落ち着いていて、すっきりしている。全長が35mm長くなったので、足元が広くなり、フォーカスやゴルフよりも後席が広くなっている。でも、全体的に大きなクルマだから、そこは当然だね。

熟睡から目覚めたばかりの人は、これが新型アコードだと思うかもしれない。しかし、ホンダの小型サルーンはもう存在しないし、HR-Vや近日発売の新型クロスオーバーが他の車種の隙間を埋めているため、シビック(ステーションワゴンではなく5ドアハッチとしてのみ販売)はまた長くなってしまったのである。ただし、ルーフラインは以前よりわずかに低くなっている。

さほどグレードアップしていないように聞こえるんだけど?

最大の変化はパワートレイン部門にあり、それはもはや、1つのクラスだといえる。ホンダは、フルタイムハイブリッドアシスタンス付き2.0リッター4気筒ガソリン(「e:HEV」ブランド)は、古い1.0リッターターボ3気筒よりも倹約家であり、一方で以前のディーゼルよりも優れたトルクと熱意のある1.5リッターガソリンよりも力強い。これは大きな主張だ。

英国のバイヤーが関心を寄せる限り、このボンネットの下に搭載される他のエンジンは、320bhpのタイプ Rが間もなく上陸する際に、電動化されていない2.0リッターだけとなる予定だ。タイプ Rが待ち遠しい。

ホンダによれば、主なライバルはシャープな顔つきのトヨタ カローラで、現在フルタイムハイブリッド車として純粋に販売されている唯一のファミリーハッチである。ホンダはまた、老朽化したフォード フォーカス(現在はマイルドハイブリッド)、そしてもちろんセアト レオンやVW ゴルフの下位モデルからも売り上げを伸ばしたいと考えているようだ。11代目のシビックは、現在のヨーロッパのハッチバックが常識的なボールからやや目を離している時には、最強であるため、候補に挙げる価値があるのは確かだ。

結論は?

「よく整理され、成熟した、とても完成度の高いファミリーハッチバック」

ホンダはこのシビックで興味深い取り組みを行った。まず、せっかちなヨーロッパ人の好みに合わせてドライブトレインを磨き上げ、その後、アメリカ人のダルく流すドライビングスタイルに適応させたのである。これは、よく整理され、成熟した、非常に完全なファミリーハッチバックであり、充実した装備で、印象的に洗練されたものである。

足りないのは、強烈な魅力だけだ。マツダ 3が欲しくなったり、Aクラスが欲しくなったり、理由はよくわからないけれど、という、そんな要素が欠けているのである。だが、新型シビックは、旧型シビックの購入者が中心になって購入するだろう。なんせ、とてつもないアップグレードなのだから。



トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/07/51821/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ