新型ヒュンダイ アイオニック 6はCLAやタイカンのパクリなのか?


ヒュンダイのデザイン部門は、ここ数年で初めてやらかしてしまったのだろうか?新型アイオニック 6は、一言でいえば「挑戦的」だ。しかし、このクルマは影響を受けたものから逃げるわけではないから、ここで見ているものを完全に理解するには、インターネットで少し相互参照していく必要があるかもしれない。

なぜなら、このクルマは影響を受けていることを隠さないからだ。そして、どんな影響を受けているかというと ヒョンデのHGウェルズ風タイムマシンは、70年代半ばのテイストを含んで歓待を受けたアイオニック 5を登場させたが、今回はさらに20年代から30年代へと遡ることにしたようだ。

当時は合理化が大流行し、その結果、しばしば魅力的で破天荒なデザインが生み出された。例えば、ジョン ジャルダ(後に息子のトムが有名になる)がデザインしたスタウト スカラベは、アールデコと航空にインスパイアされた傑作で、一体型シャシーと独創的なパッケージングが特徴だ。また、1938年にラスト ハインツ(そう、豆とケチャップのハインツ)の依頼で製作された1台限りの「ファントム コルセアもある。フィン付きのファストバックをデザインしたのは、ツェッペリン飛行船をデザインしたポール ジャレーだった。サーブも航空業界をルーツに持ち、最初の生産車である92には、現代自動車のスタイリング担当副社長、イ サンヨプ(李相燁)の名が冠されている。また、実際に空を飛んだダグラス C-47 スカイトレインも紹介されている。

「30年代は、デザインとエンジニアリングが見事に融合した時代でした」と李は説明する。「新型車をストリームライナーと呼ぶべきかどうか、社内で大議論になったこともありました。最高のデザインは、お客さまをつくるのではなく、ファンをつくるのです」

現代自動車のパンチの効いた言葉である。Netflixの史上最大のオリジナルシリーズ「イカ娘」や、ポン ジュノ監督のオスカー受賞作「寄生獣」(BTSのことは割愛)など、韓国文化は今、クールだ。

そして、ヒュンダイのデザインマジックはオーバーワークしている。アイオニック 5と同様、6も印象的なコンセプトカー「プロフェシー(Prophecy)」をバックに従えており、2020年のジュネーブモーターショーで来場者を驚かせる予定だったが、それはパンデミックに屈した最初の大きな自動車イベントとなってしまったことは記憶に新しい。「私たちは、ラ・ラ・ランド(陶酔して現実離れしている)なコンセプトはやりません」と、イ サンヨプは言う。「私たちは、それを実現したいのです」

流線型のフォルムが持つ、見た目はいいが、実現させることが難しいという特徴がある

デザインスタディの忠実な再現には至らないものの、見事なまでに近づいた実機。それは、流線型のフォルムが持つ、見た目はいいが、実現させることが難しいという特徴がある。アウディの初代TTがアウトバーンで転倒したとき、突然お尻にスポイラーを装着したのを覚えてる?アイオニック 6の後姿が2つに分かれているのには理由があるが、それでも0.21という優れた空気抵抗係数を実現している。かつてはSFの世界だった数字だ。極端な空力的滑りやすさは、明らかにEVの効率にとって大きな貢献となる。

アイオニック 6には、予測可能なメッセージが付いているが、そのうちのいくつかは、ソウルからロンドンのショーディッチへの旅で少し翻訳が間違った可能性がある。でも今はとりあえず、これで行こう。その形状は、「官能的なスポーツ性」と「楽観的な未来性」(これも30年代初頭のなごり)を体現しており、人間と自動車の間の感情的な結びつきを高めることを目的としている。特に電気自動車は、従来の化学爆発的なエンジンを搭載していないため、一般に「生きの良さ」が少ないとされている。

包み隠さずお話しよう。じつは、トップギア編集部の何人かは、アイオニック 6の外観を気に入っていない。なぜ、成功したアイオニック 5で示された道をたどらないのか、困惑しているのだ。だが、このアイオニック 6は差別化であり、電動化がもたらす可能性を最大限に引き出すことを選んだ。同じ形のものを大きくしたり小さくしたりする、昔のロシアのマトリョーシカのようなデザインアプローチではなく、ヒュンダイはチェスセットで考えているのだ。そのような思考の元なら、見た目も性能も違うが、同じファミリーに属していることは明らかだ。アイオニック 6は、その中でもより利己的でスポーツ性の高いモデルである。ナイトになるっていうことなのか?

そのため、アイオニック 5(およびキア EV6、ジェネシス GV60)と同じエレクトリック グローバル モジュラー プラットフォーム(Electric Global Modular Platform=E-GMP)を採用しており、私たちはこれをよく理解し、感心しているものだ。5では、後輪駆動と全輪駆動、標準航続距離58kWhとロングレンジ77.4kWhのバッテリーパック、400Vと800Vの充電が選べた。さらに、信じられないほどクールなV2L(vehicle to load)技術により、車をモバイルパワーバンクに変身させることができる。今回のアイオニック 6はこれらすべてを備えており、5の315マイル(507km)という航続距離も改善されるはずだ。

そして、新たなセールスポイントも。ヒュンダイによると、この車には3つの柱がある。ピクセルライト、居住空間、持続可能性だ。しかしその形にはもっと説明が必要なので、ヒョンデのスタイリング責任者であるサイモン ローズビーに登場してもらおう(本人が気にしないことを祈るが、彼の父親は、70年代のアストンマーティン ラゴンダやデロリアンの生産に携わった元自動車エンジニアのマイク ローズビーで、彼はヒーローだ)。流線型のクルマは、専門用語ではないが、わかりやすく言うとバナナのように曲がってしまう性質があり、これを避けることが主な課題のひとつだった。

「垂れ下がらないように、形状をバランスさせる必要がありました」とローズビー。「そのためには、逆方向のラインで打ち消さなければなりません。そこで、メインボーンラインを立ち上げてバランスをとっています。また、このクルマは車高が低いわけではなく、車内のヘッドルームや室内空間が広いので、それを表に出さないようにするために長いラインが必要なのです。その下にもう1本、高さを崩すラインがあります」

アイオニック 6のホイールベースは2,950mmで、新型レンジローバーより47mm短いだけで、全長は4,855mmだ。ヒョンデのプロセス重視のエンジニアは、美観のためにスプレッドシート上の数字から逸脱するよう説得されたと、ローズビー氏は振り返る。「ホイールベースを50mm長くするために格闘しました。そのために、リアホイールアーチを押してプロポーションを整えなければなりません。簡単なことではありませんし、最初に紙に書いたようなものでなかったのです。しかし、チームはそれを達成し、クルマはより良く見えるようになりました」

コントラストカラーは、廃タイヤの顔料を再利用したもので、クルマをスリムに見せる効果がある。高さは1.5mだが、そうは見えない。コストの問題から、ドアのシャットラインを隠したり、フレームレスガラスを採用することができなかったのは残念なことだ。ミッドレベルの固定式スポイラーとロワーダックテールは、ストリームライナーの純粋さを損なうとしても、6の空力性能を向上させる。「エアロ担当者には、必要なことをやってくれ、実現させるからと言ったんです」とローズビーは言う。

トランクのシャットラインが見えるなど、リア4分の3周りは少し賑やかだが、リアバンパー下の垂直なエレメントが形状を固定し、垂れ下がりを防いでいる。トランクは、傾斜したリアの制約をものともせず、ゴルフバッグを2つ積めるほど十分な大きさだ。韓国ではよくゴルフをするそうだ。

正面から見ると、まあこれはファンキーなヘッドライトを持つ車だが、落ち込んでいるようにも見えないし、セックスピストルズのジョン ライドンのように眉をひそめているようにも見えない。「不幸そうでもなく、攻撃的でもない、そんなクルマが欲しいんです」とローズビー。滑らかで低いフロントは空力性能に貢献し、黒い帯はさまざまなセンサーやカメラなどを隠している。「テクノロジーは非常に重要なものですが、それを統合し、減らすことが重要なのです」冷却のために開くアクティブエアフラップや、エアカーテンインテークがある。高圧の空気は、前輪の周りに整頓された後、再び取り付けられる。オプションのカメラ付きドアミラーを装着しているが、これもエアロパーツだ。ヒュンダイの輸出先ではまだ適法ではないので、通常のミラーが用意されている。アルミボンネットとほぼ同じ高さにある新しいHロゴに注目。

アイオニック 6には736個のデザイン要素があり、アイオニックのデザイン言語の一部を形成するだけでなく、さまざまな機能的役割も担っている。「初期のテニスアーケードゲームを覚えていますか?」ローズビーが言う(ポンのことだと思われる)。「私たちの年代の人々にとってはポジティブな記憶を生み出しますが、早い話、今の若い世代はマインクラフトに夢中なのです。でも、別の時代に行ってみると、韓国のアルファベット、ハングルがあります。かつては文字でしたが、1443年に世宗大王がアルファベットにしました。この文字のひとつは、完璧なピクセルのように見えます。つまり、デジタルとアナログの融合であり、現代的でありながら、600年前のデザインをも参照しているのです。このデザインは、これまでのどのクルマよりも古いものなのです」

そして、80年代のノスタルジアもある。ピクセル化された水平のリアライトバーはプログラム可能で、80年代のテレビ番組「ナイトライダー」を思い起こさせる。テールゲイトに、適切な罵詈雑言を浴びせたいところだが、そんな行為はヒュンダイの一般的に明るいアプローチとは相容れない。

インテリアは「心のこもったコクーン」だと、担当者は言う。プロフェシーにはステアリングホイールが全くなく、ダッシュボードも動いていた。

アイオニック 6はよりありきたりかもしれないが、それでも2022年としてはかなりトリップできる感じだ。ステアリングホイールにはロゴがなく、4つのピクセルのライトが点灯して充電状態を示し、ボイスアクティベーションを使用しているときはちらつく。ドアビンはアップライト式で、安らぎのある波形を描いている。下部の収納スペースは透明で、中身を確認することができる。フロントとリアに2色から選べる照明があり、車速に合わせた照明もある。カメラミラーを選ぶと、ダッシュボードの両端にあるウィングチップ上にディスプレイが表示される。「初期のデザインレビューが忘れられません」とロースビー。「ナプキンではなく、A4サイズの用紙に、典型的なボールペンスケッチを描いていたのです。ウイングチップにスクリーンをつけて、翼型に見えるように描いたんです。今まで見た中で、最もうまくスクリーンを組み込んでいますね」

通常のドアミラーのままでも使える。フラットなフロア、ミニマルなシートデザイン、センターコンソール下のオープンスペースなど、「リビングスペース」を意識したデザインになっている。素材はやや薄いと感じる部分もあるが、化学物質の使用を減らすために亜麻仁油を使用したエコレザー、リサイクルプラスチックや漁網など、サステナビリティに配慮したものが多い。

アイオニックの創業より古い時代を探検する姿勢は、お茶目で自信に満ちている。膨大な商品群の中で、電動化は、私たちが何度でも目指すべきこと、つまり「楽しむこと」に許可を与えてくれているようだ。



=海外の反応=
「ヒュンダイは、プロフェシーのデザインになって、本当に美しい車を提供する機会を逸してしまった。アイオニック 6にはファンがつくかもしれないが、私の好みじゃない。近い将来、プロフェシーのボディデザインを提供してくれることを期待する」
「このデザインは確かに激しく賛否両論を呼ぶだろう。私は個人的には好きでも嫌いでもなく、メルセデスのEQEと古いCLSの間のどこかに位置するように見えると思う。
しかし、間違いなく革新的で効率的なデザインであり、ドイツのありふれたものばかり製造する工場のようにイメージを壊すことなく、一風変わったものにした現代と起亜はよくやったと思う。
アイオニック 6は、EQセダンと同じように、間違いなく色主観になる。個人的には、黒かシルバーが好きだ」
「ポルシェの気配、メルセデスの気配…。怪しいゾ…」
「リアは象が座っているよう」
「おそらく、失望させられているのは、この新型車によって、他すべてのアイオニックモデルがあからさまに違っていくものになるということが示唆されていることなんじゃないか。アイオニック 3は、アイオニック 5をハッチバックサイズに縮小したものにならなかった。でも確かにプラットフォーム派生EVのこの新しい世界が開けたからといって、私達消費者が、プロフェシーのデザインチームを非難することは現実的にはできない。そして、このデザインを愛する必要はないし、好きである必要もないのだ。ましてや、エキサイトする必要もない」
「なんで、フロントがジェネシス GV60に似てるんだろう?まあ、そこは気にしないけど、デザインアイデアをマッシュアップしただけのものに見える」
↑「その2台は姉妹ブランドだからじゃない?しかし、他のブランドは同じ顔をいくつも持っているのだろうか?というのも、BMWは全車種にデカい鼻の穴を開けている。アウディはA1からA8まで、なぜ同じような顔をしているのか?メルセデスのCやE、CLAやCLS、EQEやEQS、GLBやGLCを横から見て、バッジがなければ、近くからでもよくわからないだろう」
↑「同じグループのものであることは知っているけど、あなたの例のように同じブランドではない」
「グレイト!」
「トヨタ セリカのようだ」
↑「どこの世界の話?」
「美というものは本当に見る人の目の中にあるんだね。この車は、外見はスマートできれいだし、内装は本物のヴェイパーウェーブのような感じだ。黒や濃いメタリックレッドが似合うと思う」
「後姿が、犬が用を足しているように見える…」
「このコメント欄は、私が期待していたほど多くの「CLS」コメントはなかった。個人的には好きじゃない。しかし、彼らが何か違うことをやっているのは大好きだし、他のメーカーが同じことをするように促すために、ものすごく売れることを願っている」
↑「このクルマは、「潔い」。このクルマも含めて、2020年代のクルマが機械的にほぼ一卵性双生児であることを考えると、恥知らずのアバンギャルドなデザインは誰かがやるべきことであり、韓国人は明らかに「なぜそれをやるのが我々ではないのか」という意気込みで、歩み寄っているのである」
「なぜ、この記事はデザインについて否定的なトーンで始まるのか、よくわからない。美しさは見る人の目の中にある。私はヒョンデのデザインの大胆さが好きだ。ユニークなアイオニック 5からありふれたツーソンやi20Nまで、私の目にはそのカテゴリーの中で最も格好良いクルマだと映る。
このアイオニック 6は、ポルシェとメルセデス CLS/AMG GT 4ドアをレトロフューチャーにミックスしたような、素晴らしいデザインだ。フロントはランボに通じるものがあるかも?
しかし、他のメーカーと違って、目を引くデザインを提供している現代自動車を評価しよう(肥大化した卵のEQシリーズを持つメルカリのことを見れば)」
「私のCLAに似てて好き」
「ビートルと911の寄せ集めのような車だ。醜い!」
「私はヒョンデの勇敢さが好きだ。ただ、メルセデス CLSに寄せたものじゃないともっと良かった。フロント3/4はOKだが、残り(とくに横から見ると)全部肯定する気にはなれないなあ」
「10年後には、この2トン超の巨大な車でブレーカーヤードがいっぱいになっていることだろう…。未来のエコカーはこんなものではない」
「大胆で格好いい」
「うん、こりゃ失敗」
「メルセデスのCLAと交配したタイカン」
「この車種は、ちょっと変わった車だが、見た目は素晴らしい。確かに違うけど、鈍くて一般的なCUVの世界では、これはいい変化」
「ストリームライナーのスタイリングと、インテリア照明のヴェイパーウェーブの雰囲気が好きだ。これは「成長株」になると思う」
「このような、「4ドア911」を思わせるような豪華なコンセプトカーに比べると、予想外に残念な結果となってしまった。SUVではないので、その点では高評価だし、デザインも悪くない。あのバナナ型のメルセデス(CLS?)を少し思い出す。でも、なんであんなにデザインがうるさいんだろう?」
「リアが911のバイブを投げかけてくるんだけど、僕だけ?」
「アメリカでの問題は、50kドルからスタートする予定であること。電気自動車を大衆に普及させるというわけではない。おそらく目標にはならないだろう。多分、アイオニック 4を待つしかない」
「このようなデザインは、SAABの再出発のためのデザインかもしれないと最初見て思った。ので、デザイナーの一人がSAABの名前をチェックしたのを読んでも全く驚かなかった。SUVの世界では、これは素晴らしいことだ。うまくいくといいのだが」
↑「SAABはカムバックできるのだろうか。だとしたら、フォルクスワーゲングループのEV専用ブランドかな(フォルクスワーゲンはスカニアを所有し、スカニアはかつてSAABを所有していた)。もしそうなら、とてもうれしい。そうなれば、超革新的で、より主流のメーカーに戦いを挑むことになるだろう」
「私は好きだ。VWのID「デザイン言語」の冒険心のないゴチャゴチャした感じよりずっといいし、航続距離もいいはず」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/51605/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ