レッドブル RB17はF1チームが製作する1,100bhpの50台限定ハイブリッドハイパーカーだが、入手するには10億円ほど必要


レッドブルのアドバンスト テクノロジー部門が、「究極のオン・ザ・トラック・ドライビングエクスペリエンス」を提供するまったく新しいハイパーカーを設計、開発、製造すると発表した。これは実にスペシャルな響きだ。

この新型ハイパーカーは「RB17」と呼ばれている(レッドブルは2021年のF1チャレンジャーである「RB16」から今年の「RB18」に謎の飛ばし方をした)。もちろん、デザインはエイドリアン ニューウェイが担当し、史上最高のF1マシンの多くを手がけ、アストンマーティン ヴァルキリーのオリジナルクリエイターでもある。

ヴァルキリープロジェクトは、アストンがF1チームを立ち上げたときに社内で行われたもので、ニューウェイは明らかにやり残したことがあると感じているようだ。RB17はロードリーガルではなさそうなので、厄介なレギュレーションに邪魔されることなく、パフォーマンスを追求することができそうでもある。

「RB17は、チャンピオンシップで勝利するF1マシンを作るために我々が知っていることすべてを、2シーターのトラックカーで極限レベルのパフォーマンスを実現するパッケージに凝縮しました」と、ニューウェイは言う。

アストンマーティン 新型ヴァルキリー AMR Proはロードカーの2倍のダウンフォース

今のところ上のスケッチしか見ていないが、レッドブルはRB17が1,100bhpを超えるハイブリッドV8を搭載することを明かしている。また、カーボンコンポジット製のチューブを採用し、「量産車として最も先進的なグランドエフェクトパッケージ」を搭載する予定だという。

レッドブルの本拠地であるミルトンキーンズでわずか50台が製造され、2025年に生産が開始される予定だ。

「RB17は、レッドブル・アドバンスト・テクノロジーズの進化における重要なマイルストーンであり、レッドブル・テクノロジー・キャンパスで量産車を製作・製造できるようになりました」と、レッドブル・レーシングとアドバンスト・テクノロジーズの両方のCEOを務めるクリスチャン ホーナーは述べている。「さらに、RB17は、レッドブルブランドを冠したマシンがコレクターに提供される初めての機会でもあります」

でも、値段は知りたいよね?税抜きで500万ポンド(8.4億円)からということだから、リストに名前を載せるには最低でも600万ポンド(10億円)は必要だろう。この費用には、レッドブルF1チームのシミュレーターへのアクセスや、成功したレースチームによるトラック上でのトレーニングが含まれている。RB17は間違いなくとんでもなく速いので、それも必要かもしれない。

さて、これかヴァルキリー AMR プロか?ニューウェイがデザインしたハイパーカーで、あなたが苦労して稼いだお金を手にするのはどちらだろうか?




=海外の反応=
「すべてのエンジニアリングは素晴らしいけれど、それがどこかの超富裕層のガレージで置きっぱなしで動かなくなると、まったく無駄になってしまう」
「この調子だとヴァルキリーより先に発売されるかもしれないね」
「コカコーラスーパーSUVとゲータレードEVクーペが待ち遠しい」
↑「キャデラック ゲータレードが出てなかったっけ?」
「超高額なハイパーカーを敬遠する人には申し訳ないが、世界最高のエンジニアたちの情熱的なプロジェクトとなれば、私はたまらなく好きだ。
もちろん、私たちがそれらを所有することはできないが、それでも、それらについて読んだり、実際に走っているビデオを見たり、シムレーシングゲームで試したりすることはできる。早く見たいね」
↑「昔はそう思っていたが、最近はみんな同じようなことを言っていて、私の中ではこういうハイパーカーは魔法を失ってしまった」
↑「無数の新興企業の「ハイパーカー」(またはランボルギーニのような既存のものの無限のバリエーション)が、純粋に最先端のもの(空力、パワートレイン、その他)に対する私の熱意を冷まさないように意識的に管理してきたんだ。ヴァルキリー、AMGワン、T50、そしてこれのようなモータースポーツ界の一流エンジニアが手掛けたものや、あるいは、ケーニグセグやリマックのように、業界全体のために純粋に革新している小規模なメーカーに対して」
↑「スーパーカーについても同じことが言える?そっちの方が、数がはるかに多く、華やかさはない。これらは、その次の階層に過ぎないのだ。とはいえ、「普通の」スーパーカーと同じように、実際に目にすると希少価値があり、興奮を伝えてくれる。
今回のような発表に関しては、ネット上では何も珍しいことはないので、もしかしたら盛り上がりに欠けるかもしれない。特に、実物を見る見込みがない場合は。また、何事も歳をとると魔力がなくなるものだが、だからといって楽しめないわけではない。
スーパーカーやハイパーカーが苦手なら、JDMやサーキットカー、クラシックカーに時間を割いたらどうだろう?私はモータースポーツを見るようになって魔法を失ったが、違うニッチなものを見つけただけなのだ。今でもメーカーがやっていることを見るのは嫌いじゃないし、ちょっと同じように見えることもあるとは思うけど、実際に見ると全然違うんだよ」
↑「面白いよね。そうだよね、私もスーパーカーには同じことを感じる。新しいフェラーリやランボはもう心をときめかせてくれるのだろうか?私はそう思わない。老眼のせいかもしれないが、それ以上に、もう限界だという思いがある。というのも、カーボン製のバスタブに乗り、猛スピードで走れば、その「違い」が何であるかはわからない。それはイメージであり、蜃気楼であり、神話に過ぎない。このクルマが一番、あのクルマが一番と言い続けるのは、時代遅れで無意味な気がする」
↑「このような、「憧れ」のような存在であるスーパーカーが、世界中のあらゆる地域のあらゆる市場のニーズを満たすために、常にフルラインナップの車を用意することにこだわりすぎたことが問題なのだと思ってる。会社が成功するために重要なことであることは理解できるけど、そのために、すべてのマジックが失われてしまうのだから。数ヶ月に一度、新車が発売されるわけだが、新車発売に対する思いがどのように変化したかは、それほど過去にさかのぼる必要はないだろう。例えば、フェラーリ エンツォの発売は、私(当時)にとって、まさにエキサイティングだった。でも、これはフェラーリの話。ランボルギーニはもっとひどい。同じモデルのスペシャルエディションを出し続けるだけだ」
↑「モータージャーナリストでさえ、最近のスーパーカーは速すぎて楽しめないし、どれもこれも同じようなものだと言っている。フェラーリには、F8より1フィート短く、ほぼ同じ幅で、1160kg、約400bhpの288GTO(今でも私のお気に入り)と同じ属性を持つ車を作るノウハウがきっとあるはずだ。フェラーリがアルピーヌを作るようなものだ。991Rが発売されたとき、人々は熱狂した。だから、誰もがラップタイムやドラッグレースについてインターネット上で死ぬほど語り合いたいわけではないのだ。でも、私は期待しないけどね」
「ゴードン マレー、マクマートリー、モーガンは、現在でも面白い車を作っている数少ない人々だ。これらの新しいハイパー スーパードゥーパー車は、つい先日、AMG Oneが出たね」
↑「スウェーデンのケーニグセグの工場には、何度か行ったことがある。そして、彼らの製品に感銘を受け、圧倒され、興味を抱かないわけにはいかない。彼らは、いくつかの点でゴードン マレーより先を行っていると言えるだろう」
↑「このような企業の中には、背景にあるドライビングフォースによって、際立っているところがあり、ケーニグセグがその良い例だ。クリスチャンの熱意とノウハウには酔いしれる。ゴードン マレーやA.ニューウェイについても同じことが言えて、彼らは皆、自分のお気に入りのおもちゃについて話す子供のようなんだ。スーパーカーのデザインプロセスの裏側には、まさにこのような無邪気なパワーがあるのだろう」
↑「フェルディナンド ポルシェ、フェルッチオ ランボルギーニ、エンツォ フェラーリ、ロータスのコーリン チャップマン、ゴードン マレー、もちろんマクラーレン、ケーニグセグのクリスチャン、オラチオ パガーニ、エットーレ ブガッティ…。カリスマ的なリーダーを持つことが、伝説的なブランドを作るのだということがわかった。ワンマンなビジョンも必要。
このリストにアメリカ人が入っていないことに注目してほしい。アメリカの自動車産業の大物は、常に金の亡者、CEO、ヘンリー フォードのような企業のボスだった。ビジネスマンだ。エンジニアでもなければ、クルマに情熱を注いでいるわけでもない。今、私たちはアメリカの新しい「ハイパーカー」の試み、SSC トゥアタラやヘネシー F5を目にすることができる。工場見学もない。エンジニアリングの話もない。詳細なプレゼンテーションもあらない。なぜなら、彼らはそのような人たちではないからだ。
アメリカの二大カーアイコンといえば…。ジェイ レノと、キャロル シェルビー。彼は88歳の生涯を、マスタングにブロワーを付け、他の車を自分の車だと言い張ることに費やした。彼は自分の車を作ったことがないと思っている。もしそれがヨーロッパで終わっていたら、キャロル シェルビーは今頃100%スーパーカーのブランドになっていただろうね。その代わり、60年代のイギリス車とまったく同じキットカーのレプリカを売ることで、その名を受け継いでいる」
↑「タッカー、ブリッグス カニンガム、ジェリー ワイガート、そしてジム グリッケンハウスなど、アメリカ人もいたよ。しかし、ヨーロッパ、特にイギリスと違って、アメリカは小市民を支援するようにはできていないのだ」
↑「ああ…。なんとなくしか覚えていない名前がずらりと並んでいるね。私の生きた時代より少し前のことだ。40年代から50年代にかけて。ワイガート、スーパーカーに挑戦。この会社では、全部で12〜15台の車を生産することができた。どれも工場から出荷されたときには動いていなかった。ランボルギーニのエンジンを搭載したものもあった。訴訟、不正行為、スキャンダルの中で、会社は消滅した。トップギアマガジンでは、これらの車を史上最悪の車と命名した。
私はいつも不思議に思っていることがある。なぜ、アメリカにはニッチな製品が少ないのだろう。もし、すぐに10億ドルを稼げないのであれば、ビジネスをする意味がないように思える。ジム グリッケンハウスは、すでに億万長者だ…。確か2017年のジュネーブモーターショーで彼と話をしたことがある。彼がやっていることは、LMP1マシンを手に入れて、それから寸法、乗車位置、長さ、高さ、すべての重要な技術をコピーし、イタリアのデザイナーを雇って見栄えを良くし、キットカーのプレートを叩きつけて自分のものと名乗ることだ。
さらに調べてみると、北イタリアにあるイタリアのレースカービルダー、ポディウム アドバンスト テクノロジーズが、実際に仕事をし、彼の車を製造していることがわかった。SSCのトゥアタラを製造しているのと同じ人たちだ。
このことは、いつも私を困惑させる。アメリカには億万長者や人材がたくさんいるのに、なぜ誰も高級車を作らないのか。なぜ誰も高級ブランド、あるいは高品質なブランドを作らないのだろうかと。まるで、品質を求めるならヨーロッパのものを買えと集団で決めつけているようだ。服でも、ワインでも、バイクでも、デザイナーズスーツでも、車でも。
アメリカの企業構造は、一般大衆向けの万能商品を目指している。そうすれば、CEOはヨーロッパの贅沢品で人生を埋め尽くせるほど金持ちになれる」
↑「ちょっと待った。ヘンリー フォードやその他については一理あるけれど、キャロル シェルビーは「マスタングにブロワーを付ける」「他の車を自分の車と主張する」以上のことをした。シェルビーは、デイトナやローンスターのように、いくつかのクルマを独自に開発した。さらに、彼は他の車を自分のものだと主張することはなく、彼の才能を見抜いた他の自動車会社が、フォードGT40、フォード シェルビーGT500、ACエース/コブラのように、彼を自社の車の開発に起用したのだ」
↑「まさにそうだね…。フォード GT40。ローラがイギリス、スラウの工業団地で作ったイギリスのレーシングカー。ウィンザー郊外。数年前、マクラーレンを訪問した時に行った。当時のアストンマーチンのルマンのボスが立ち上げたプロジェクト。彼はフォード・アメリカの代表として、ル・マンでフェラーリに対抗できるレーシングカーを作りに来たのだ。そして、ロータスに断られたからこそ、ローラにたどり着いた。ほらね。シェルビーは、他人の車を自分の車だと言い張るのがとても上手で、今でもそれを信じている人がいるほどだ。60年以上経った今でもね。ACコブラも同じだ。GT500はマスタングにブロワーをつけたもの」
↑「まったく同感。もうひとつ指摘したいのは、こうした人たちの中には、会社や特定のクルマのビジョンを持っているだけでなく、設計の過程で手を汚している人たちもいるということ。それが、レシピに特別な要素を加えているのだと思うんだ。
「AMR Proを買った人はRIP」
↑「あれを買った人は、もうこれを買うために手付金を払っているかもしれないね」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/51537/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ