ええええー、マジだったの?シトロエン マイ アミ バギーが50台限定で生産へ

ええええー、あの話、マジだったの?昨年12月、シトロエンがマイ アミ バギー コンセプト(My Ami Buggy Concept)を発表したとき、まさかこれが日の目を見るとは思ってなかった。Amiにもっと興味を持ってもらうための、ちょっとした遊び心だと思ってたからだ。

でも、これは我々が間違っていたってのを、ニコニコしながら認めなきゃならない。というのも、シトロエンはこのたび、(予想どおり)「マイ アミ バギー」という限定生産バージョンを発表したから。

このかわいい冒険のおもちゃは、わずか50台しか製造されず、6月21日からオンラインで販売が開始される予定だ。価格はまだ発表されていないが、シトロエンは私たちのお金をすべて奪ってしまうかもしれないね。

アミの標準的なブルー/グレーのプラスチックパネルからカーキ色のパーツに交換されたマイ アミ バギーは、筒状のドアと取り外し可能なキャンバス地の屋根を備え、巻き上げて座席の後ろに収納することができる。

英国のみんな、ちっちゃなEV シトロエン アミが123万円からだって

14インチのホイールは輝くゴールドのスチール製で、リアウィング(ダウンフォースを得るには必須)、ホイールアーチエクステンション、フロント&リアバンパーレインフォースメントなど、アミのアクセサリーが多数装着されている。

価格はまだ不明だが、標準の8bhpモーター(そう、8個)が5.5kWhバッテリーに接続され、最高速度は約50km/h、航続距離は76kmと想定されている。

シトロエンの戦略担当者であるローレンス ハンセンは、「マイ アミ バギー コンセプトを発表したとき、多くのお客様から熱狂的な支持をいただきました」と語る。

「このコンセプトの精神を、このマイ アミ バギーシリーズで実現することができ、Amiのカスタマイズの可能性を改めて示すことができることを嬉しく思っています」

インターネットの民よ、冒険の準備はいいか?



=海外の反応=
「遅いけど、正直なところ、少なくともECOなのだ。事質、ヨーロッパで生産されているすべての電気自動車とは違う」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/50891/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

トレンド

アーカイブ