シンガーが「再創造」したポルシェ 964は、510hpのターボ スタディになった

スペックシートは簡潔で、ミッションステートメントはもっと簡潔だった。カリフォルニアの964スペシャリスト、シンガー ビークル デザインによる新型ターボ スタディである。もちろん、みんな欲しいヤツだよね?

シンガーはこのクルマについて、次のように説明している。「シンガーによって生まれ変わったこのポルシェ 911は、オーナーによって510馬力へのパワーアップを含むスポーツ性能に焦点を当てた仕様となっています」

というのは、今年の初めに見たものより少しパワーアップしている。空冷3.8リッター、ツインターボ、フラット6は、空/水冷インタークーラーを備え、6速マニュアルギアボックスを介して多くの馬力を太いタイヤへと送り込む。サスペンションは「スポーツキャリブレーション」されてローダウンされ、そのクラシックなホイールにはカーボンセラミックブレーキが隠されている。

フロントスプリッター、シャークフィン インテーク、そしてもちろん「ホエールテール」のスポイラーにカーボンファイバー製エレメントを採用するなど、視覚的なアップグレードが施されている。インテリアも美しくシンプルで、軽量カーボンファイバー製シート、軽量ドアトリム、ペイントされたインテリアサーフェスなどが採用された。また、リアのクロスブレイスや千鳥格子の「Grun」クロスも採用されている。

シンガー氏は、「それぞれのオーナーは、ラグジュアリーとスポーツ性のバランスを自分のクルマに求めるものです」と語る。「このオーナーは、高性能なスポーツに特化した性能を追求しています」

その簡潔な説明と同じことが、間違いなくパフォーマンスにも適用されるだろう。なんせ、510hpのフラット6を搭載しているのだから…。


=海外の反応=
「見た目は素晴らしいが、ポルシェがシンガーを強制的に撤退させた後に、シンガー ACSが棚上げにされたようで、未だに残念でならない」
「美しい。ただし、あのハンドル。そのハンドル以外、時代を反映しているのは分かるが、上品とは言えない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/50802/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

トレンド

アーカイブ